めんどくせぇことばかり 『海苔ごはん』 福田千穂
FC2ブログ

『海苔ごはん』 福田千穂

二〇一一年の本ですからね。時価になっていても仕方がありません。

早期退職をしながらも、自治会長になっちゃったもんで、勝手気ままな毎日を送っているわけじゃありません。それはいいんです。もう、受け入れましたから。それがですね。次の自治会長になるのは嫌だ、班長は嫌だと、そんな理由で自治会を退会する人が相次いだんです。そのうちの一人の方の眼差しには憎悪さえ感じられました。・・・あー、もう!

いずれも、私よりも一〇歳以上年配の方です。人間っていうのは、歳を取るにつれて熟成していくもんだと思ってました。そうなることで、周囲に対しても安らぎを感じさせるようになるものと思っていたんですが、それも人それぞれのことなんですね。

そんなこともありますが、退職後の生活は間違いなく始まっております。毎日の朝食と昼食は、山に行かなければ、私が準備しています。今日のご飯は何にしようかって、お母さん、奥さま方を悩ませていることですよね。私もよく分かりました。

「手を変え、品を変え・・・」なんて呟いていたときに、箪笥の中にこの本があるはずであることを思い出しました。

題名のとおり、海苔でごはんを巻いて食べる事を勧める本です。何しろ書いている福田千穂さんは、昭和二二年創業の海苔問屋のお生まれだそうです。幼い頃から、多くの産地のさまざまな海苔がいつも食卓に並んでいて、「それぞれの海苔を食べて、味の違いを語れ」と、ご両親から求められたそうです。

すごいですね。そのせいで、微妙な風味を感じ取れる味覚と、不自然な食品には危険を感じる神経を身に着けたそうです。

ちゃんとした海苔には、日本人が好む風味を醸すグルタミン酸とグアニル酸を豊富に含んでいるんだそうです。そして、数え上げたらキリがないほど海苔はイイコトづくめの食品で、まさに、“巻く薬”なんだそうです。

そう、だからこそ、うちの冷蔵庫には必ず海苔があるし、朝食では、醤油を少しつけた海苔でごはんを巻いて食べることも再々です。その朝食の定番を、昼飯に持ってこようということで、この本を引っ張り出してみました。


『海苔ごはん』    福田千穂

エンターブレイン  ¥ 時価
海苔は「一日二枚で医者いらず」と昔からいわれてきた今注目の日本の伝統食材
序章 健康の基本 海苔×玄米×もろみ酢
第一章 旬菜巻き
第二章 ディップ・味噌・たれ巻き
第三章 常備菜巻き
第四章 おもてなしや、お弁当でも巻いてみませんか
第五章 ダイエット巻き


ただ、この本では、海苔で巻く酢飯の方ですが、玄米ご飯にもろみ酢を推奨しています。

たしかこの本を買って読んだ当時、実際、玄米ご飯にもろみ酢の酢飯を実行した時期もありました。でも、いつのまにか、そちらの方は普通の白米に米酢等の穀物酢になっちゃいましたね。その当時のうちの生活のなかで、無理のないのは、そっちの方だったということだと思います。

それに、食生活の主体は常に連れ合いで、食生活の面で、連れ合いに私から何かを提案するっていうのは、できるだけ控えたいと思ってます。その点でも、白米に米酢が、より無理がなかったってことだと思います。

・・・考えてみると、海苔と酢飯があれば、あとはなにも言うことがなくなっちゃいますね。何を巻いて食ってもいいってことです。無理せず、そこにある当たり前の惣菜を巻いちゃえばいいんです。目次にある通り、旬の野菜、それらをディップにしたり、味噌やたれにしてみたり、常備菜を巻いてもいいんですね。

私の、一番の御飯の友は、《ネギ味噌》です。おむすびを作るときも、一番の具はネギ味噌です。海苔と酢飯で巻いて食べても、間違いがあるはずもありません。

あっ、ちなみに、この本に私、一つだけ不満があります。紹介されているのが、いずれも通常の海苔の四分の一の大きさにご飯と具を乗せて、一方を頂点として、その反対に具とご飯が顔を出すように巻いたものだけなんです。その方が、気楽に巻いて食べられるってことは分かります。だけど、弁当や作りおきには、圧倒的に巻き簾で巻いた海苔巻きが便利です。その紹介がほとんどありませんでした。その点は残念でした。

というわけで、今日のお昼は、海苔巻きに決まりました。何をまこうかな。素揚げにしたいんげんの胡麻よごしがあったな。絶対、うまいぞ!





関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

歳を取るにつれて熟成???

毎回楽しく読まさして頂いております。・・・人間っていうのは、歳を取るにつれて熟成していくもんだと思ってました・・・それも人それぞれのことなんですね・・・まさにその通りだと思います、年を取るごとに我が強くなるようです。私が正しくてあんた方が間違ってる式のおじさん、おばさんには困り果てていました。私事ですが自治会の広報担当理事をしてましたが、成りてが無く、自主防災組織の「救命技能認定者」「甲種防火管理資格者」を取りました、いや!取らさせられました。消防庁の認定任期が3年と5年、しばらくの辛抱です。

ソムチャイ さま

ああ、分かってくださる方がいた。・・・もう、それだけで、・・・それだけで、・・・よよよ

本当にご苦労さまです。私も来週日曜日。乙種防火管理資格講習を受講します。・・・自治会長自ら。日が重なっているという理由で、防災リーダー養成講習は副会長に押し付けました。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事