めんどくせぇことばかり 『秩父の低山』 守屋龍男
FC2ブログ

『秩父の低山』 守屋龍男

一昨日(八日)の晩、娘から電話があって、孫の五才児が熱を出して保育園に行けずにいるというんです。

翌九日、夫婦で車で一時間ほどの娘の家まで駆けつけました。ピンポ~ンとインターホンを鳴らすと、ダッダッダッダと、廊下を玄関に突進する音が聞こえてきます。ガチャと鍵の開く音が早いか、勢いよく扉が押し開けられます。ほぼ同時に、「じいちゃ~ん」と元気な声。危うく扉を避けながら、安堵の思いが広がります。

朝には下がっているものの、保育園に行ってから熱が上がることが続いたようです。保育園から言われて検査を受けたんだそうです。まあ、保育園にすれば当然のことですね。検査を受けて、特別な病気であるとか、感染するものであるとかではないものの、大事を取って様子を見ているということでした。

本に載っているクイズや迷路をやってみたり、トランプの神経衰弱、赤黒、七並べなんかをして遊びました。連れ合いの作ったお昼もよく食べました。数字やひらがなを覚えつつある中で、今の孫は自信に満ち溢れています。出来ないことを、これから出来るようになることと認識しているようです。

しりとりを始めると、ここに来て急激に言葉が増えています。ヒントをやると、ずいぶん続きました。小一時間も続きました。やがて、「く・・・くさいうんこ」、「に・・・にょろにょろうんこ」、「い・・・いろいろうんこ」と、なんでもかんでも「うんこ」になってしまって終わりになりました。

どうやら、明日(一〇日)は保育園に行けそうです。

今日、紹介するのは『秩父の低山』という本です。一九九〇年に出された本で、当然のように時価です。しかも、二〇一七年の一二月に一度紹介しています。あの頃は、この本に紹介されている武蔵野の低山の中でも、歩いていないところもたくさんありました。つまり、「この本を読んでこれから歩いてみるよ」という意味で紹介したんです。

二〇一六年一〇月下旬に股関節の手術を受けて、その後、三十代以降あきらめていた山歩きを再開しましたので、二〇一七年一二月は、まだまだ、恐る恐る歩いていると言っていい時期です。二〇一八年に入って始めたランニングのおかげで、その頃よりも一五キロほど体重が減りました。山歩いていても、身体が軽いです。

それもあって、ずいぶん歩きました。この本に紹介されている道のうち、若い頃に目を向けてなかった低山も、足の手術後に、ほぼ歩きました。でも、開発や採掘で、そのルート自体がなくなってしまっているところもあります。そんなわけで今回は、この本と秩父の低山を、それなりに味わってみた上で、この本の紹介と行きたいと思います。


秩父の低山
『秩父の低山』    守屋龍男

けやき出版  ¥ 時価

ロマンにみちた峠、信仰の道、歴史の道をあるく。ロングセラー『多摩の低山』に続く第2弾
奥武蔵方面
越生、比企、長瀞方面
 低山歩きの心得(Ⅰ) 山歩きと装備
秩父方面
 低山歩きの心得(2) 歩き方のコツ 
 低山歩きの心得(3) 地図と磁石


秩父の低山は、あまりにも街に近いんです。資源を採掘して工業地帯に運ぶにも、とても便利なんです。武甲山の石灰岩はその象徴といっていいでしょう。荒川の砂利も運ばれました。都心に通えるくらい近いですから宅地開発も進みました。都心のゴルファーのために、いくつもの山が削られました。

“あとがき”にあるように、東京の巨大化に伴い、広大で自然豊かだった武蔵野も、恐ろしいほどの勢いで変貌を遂げつつあります。宅地化が進んだのは関東平野の末端だけでなく、そこから徐々に盛り上がる丘陵地に及びました。鳩山ニュータウン、飯能・日高分譲地などは、本来が関東平野から関東山地への最初の盛り上がりの場所でした。

そうした場所は、本来ならば、何千年も前と同じ自然の残っていたはずの場所です。それが、関東平野に隣接し、東京への便がいいという理由で切り倒され、掘り返されました。ゴルフ場がそこにたくさん作られたのも、同じ理由でしょう。

この本の著者の守屋龍男さんは、そのような“秩父の低山”の置かれた環境を理解した上で、未だに残る何千年前と同じ緑の雑木林や森、清冽な水のほとばしる川、滝に、大きな価値を見出してくれています。

それはかつて登山道ではなく、秩父と外秩父をつなぐ街道でした。秩父と名栗をつなぐ峠道でした。浦山と奥多摩に同じ文化を育む道でした。山の中にも人の営みがあって、お地蔵さまや石塔が人の往来を見つめていました。

著者はそんな面影をたどりながら、この道を歩いたんだろうと思います。その頃から、さらに三〇年を経て、“秩父の低山”はさらに変わってしまったかもしれません。

奥武蔵の山々は、かなり高いところまで林道が走っています。おそらく、昔から盛んだった林業のための道だったんでしょう。そのせいもあって、高校の頃は、逆に侮って、敬遠していました。秩父から奥の山々を目指すことが多かったので、奥武蔵や北武蔵、名栗の山々には歩いていない道がたくさんありました。

この一年半ほどの間に、守屋さんの紹介するコースをもとにして、私もいろいろな道を歩いてみました。これからも、この“秩父の低山”を生活圏としてきた人々を思いつつ、この気持のいい道を歩きたいと思います。

圏央道完成後、この地域は物流の拠点として見直され、あちこちに巨大倉庫が建てられています。これが、またも森を切り開き、丘を取り崩すことにつながることのないことを祈ります。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事