めんどくせぇことばかり おそロシア『ロシアを知る』 池上彰×佐藤優
FC2ブログ

おそロシア『ロシアを知る』 池上彰×佐藤優

そうかぁ。かつて、日本にとってのロシアは、単なる「脅威としてのロシア」というだけでなく、「先生としてのロシア」という側面を持っていたのか。

それは、トルストイやドストエフスキーほか、ロシア文学への憧れ、“どん底”や“桜の園”ほか、ロシア演劇への憧れ、リムスキー・コルサコフやチャイコフスキーほか、ロシア音楽への憧れ。そして、共産主義国家としてのロシアへの憧れ。

私は演劇に興味を持ったことはないけど、ロシア文学やロシア音楽やロシア生まれのクラッシック音楽には憧れました。そして、かつては共産主義国家へも。

今、日本社会においては、文化的側面におけるロシアへの憧れが後退し、もちろん共産主義への関心も地に落ち、残されるのは「脅威としてのロシア」しかなくなってしまったと、佐藤さん、池上さんのお二人は分析しています。

残されたのは、“おそロシア”だけということです。そして今、ロシアでそれを体現する存在が、プーチンということですね。

たしかに、クリミアの問題があったり、飛行機撃ち落とすし、元ロシアスパイ暗殺未遂事件であったりと、もちろん内政に関してもそうですね。プーチンに関しては恐ろしげな話がいくらでもつきまといます。

ソ連崩壊後、結局、ロシアは西側諸国が望むような民主国家にならなかったわけです。佐藤さんは、その原因を一九九三年一〇月のモスクワ騒乱事件にあると言っています。エリツィン大統領に対抗して議会派が最高会議ビルに籠城した事件ですね。エリツィンは最終的に、戦車でビルを砲撃してこれを収束させました。あの時、六〇〇人以上の死傷者が出ていたんだそうです。

あのようなできごとを二度と起こさないというコンセンサスが、主義主張が違っても、あらゆる政治グループに成立したんだそうです。そのためには、民主化を進めて様々な意見を戦わせるよりも、上に力をもたせることで統制させることにより社会の平安が保たれているということです。つまり、各種政治グループがプーチンを独裁者に見せることで、お互いの利益を見出しているということのようです。


『ロシアを知る』    池上彰×佐藤優

東京堂出版  ¥ 1,728

北方領土問題、プーチン、ソ連について最強の二人が語りつくす異色のロシア本
序章  動き始めた北方領土交渉のゆくえ
1章  蘇る帝国「おそロシア」の正体
2章  「ソビエト連邦」の遺産
3章  ソ連社会の実像ー繁栄から崩壊へ
4章  独裁化する国家権力
5章  ソ連・ロシアの幻影を追う日本
6章  帝国の攻防ー諜報と外交の舞台裏


クリミア半島の問題がありますが、プーチンにはさらなる領土拡大という意志はないみたいですね。ただ、仮想敵国との間に緩衝地帯を設けておきたいという思いは、非常に強いようですね。その話題を読んだ時、フランスに攻め込まれたナポレオン戦争と、ドイツに攻め込まれた第二次世界大戦が頭に浮かびました。第二次世界大戦の犠牲者は、二六〇〇万人でしょう。

そしたら、佐藤さんは《モンゴル=タタールのくびき》が長かったからだと言ってます。あれは、恐怖だったんですね。プーチンの顔にも、間違いなくアジアが入ってます。草原地帯を疾走する騎馬軍団の侵略と長い支配の後では、“線の国境”があまりにも貧弱に思えるようになっていたんでしょうか。

だから、“線の国境”の外側に、自国の軍隊をいつでも自由に展開できる緩衝地帯を持たなければ不安なんです。ロシアに緩衝地帯と考えられた場所にある国は迷惑な話ですが。

たとえば、今ではそれが、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバなんて国です。そのウクライナの騒乱は、ウクライナに親欧政権が生まれたのがきっかけになりました。ちょうどソチ・オリンピックのとき、事が起こりました。

クリミアはロシアに実効支配されているし、ウクライナ東部に“ロシア系武装勢力”が侵攻して、ドネツクとルガンスクも切り取られちゃった感じです。それである意味、緩衝地帯が確保されたわけで、これ以上の領土欲はないということです。あの時活躍した“ロシア系武装勢力”ですが、あれは正規のロシア兵だそうです。

国境まで軍を移動して、そこで兵隊たちに休暇を取らせるんだそうです。休暇をとった兵隊たちは、ロシア軍の正規の兵隊ではないということのようなんです。階級章を外し、身分証も持たない武装勢力がウクライナ東部のドネツクやルガンスクに展開して緩衝地帯を確保しているという状況だったそうです。

「それをしないとロシアは不安なんだ」という前提で佐藤さんは話します。それを前提として考えていくのが外交の仕事であり、政治であると言うことですね。

分かるんですが、だったら結局あの国は、「おそロシア」という前提で付き合っていくしかないんじゃないかな。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事