めんどくせぇことばかり 遺骨『王家の遺伝子』 石浦章一
FC2ブログ

遺骨『王家の遺伝子』 石浦章一

遺伝子もまた、歴史を紡いでいるんですね。

言語による歴史というのは、勝者のみに、綴るのとが出来るものです。敗者には、言語で歴史を綴ることはできません。でも、遺伝子は、勝者であっても、それに手を加えることはできません。

シベリアや南洋でなくなった戦没者の遺骨収集も進みません。二四〇万人の戦没者のうち、今でも一一二万人分の遺骨が現地に残されているそうです。これまでの遺骨収集では、細かすぎて身元が判明できない遺骨は、現地で焼却した上で持ち帰り、千鳥ヶ淵に埋葬されるんだそうです。最近のニュースで、焼却した遺骨はDNA鑑定ができなくなってしまうという話を聞きました。

アメリカが共同の作業を日本に呼びかけているそうですね。アメリカは焼かずに調べるそうですよ。そして、遺骨を家族のもとにかえす。今も世界で戦争を続け、戦死者を出し続けるアメリカは、それが絶対に必要なんでしょう。このアメリカの呼びかけには、乗っかるべきではないでしょうか。

戦争が終わって七四年ですよ。これは、やる気が無いとしか言いようがないんじゃないでしょうか。やはり、避けては通れないんじゃないでしょうか。あの戦争でなにがあったのか。戦争になってしまったことは、残念ではあるが、やむを得ない。なにしろ相手のあることですから。どうしても日本と戦争しないと収まらないというアメリカのことだからね。

だけど、日本が国家なら、犠牲になった国民の骨くらいは拾ってくれなきゃおかしい。つらい思いをした女の人はそれを言い出さないから、好都合で知らんぷりじゃ国じゃない。戦災孤児は一二万人もいたそうだ。戦争が終わったあの段階で親がないなんて。

焼いてしまうとDNA鑑定ができないとすると、DNA鑑定によって遺伝子が綴ってくれた歴史を読み解いていくという方法は日本では難しいということになるんでしょうか。それこそ天皇家だって、持統天皇依頼、ずっと火葬してるでしょう。

火葬しちゃいますからね。



ブルーバックス  ¥ 1,080

!?「勝者の歴史」が覆い隠した「王家の真実」を、最新生命科学が解明する!
プロローグ 欺かれたシェイクスピア
第1章 駐車場から掘り起こされた遺体 行方不明だった国王の秘密
第2章 DNAは知っている 遺伝子で何がわかるか、何ができるか
第3章 リチャード3世のDNAが語る「身体改造」の未来 デザイナーベイビー
第4章 「ツタンカーメンの母」は誰か? ミイラに遺されたDNAからわかった
第5章 「エジプト人」とは何者か? DNAが語る人類史
第6章 ジョージ3世が患っていた病 歴史は科学で塗り替えられる
第7章 ラメセス3世殺人事件 DNAによる親子鑑定の可能性とその限界
第8章 トーマス・ジェファーソンの子どもたち DNAだけがすべてか?


ちょっとこの本の趣旨からは外れますが、《日本人はどこから来たのか》ってのは、やっぱり興味があります。この本でも、分量は少ないんですが、そのことに触れてくれています。

まずは、四万~四〇〇〇年前、旧石器時代から縄文時代にかけて、日本列島にさまざまなルートから人が渡ってきています。北から、南から、あるいは朝鮮半島を経由しての流入のようです。この人たちは、現在の東ユーラシアに住んでいる人たちとは異なる民族だそうです。

続いて四〇〇〇~三〇〇〇年前、朝鮮半島を経由して別の民族が渡ってきているそうです。この人たちとそれ以前に渡ってきた人たちとの混血は、琉球を除く西日本だけで起こったそうです。

さらに続いて三〇〇〇年前以降、朝鮮半島から稲作民族が渡ってきたそうです。この人たちは、現在の東アジア人と殆ど同じ遺伝子を持った人々で、しだいに先住民と混血して現在の日本人を形成してきたと考えられるそうです。

・・・ちょっと簡単過ぎて、興味深いところまでいかないな。

私たちが、どこから渡ってきたものであったは、たしかに興味深いし、出来ることなら知りたいもんです。だけど、今をしっかりやっていくってことは、それよりももっと大事です。戦争が終わって七四年。でも、八〇年からろうが、一〇〇年かかろうが、付けるべきけじめは、やっぱり付けないとね。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事