めんどくせぇことばかり 『俳句必携 1000句を楽しむ』 宮坂静生
FC2ブログ

『俳句必携 1000句を楽しむ』 宮坂静生

ご先祖もこの台風で足止めか

ずいぶん大きな台風で、しかも、お盆を直撃とあって、盆休みの帰省であるとか、旅行であるとかに大きな影響が出てしまいました。娘の家族は娘婿の実家である徳島に飛行機で帰ると行っていました。だけど、今朝のニュースでは四国、中国地方への飛行機はみんな欠航になると行っていました。どうするんでしょう。

一三日に迎え火でお迎えしたのはいいけれど、明日の一六日にお送りできないと、いったいどうなるんでしょう。釜の蓋が閉まってしまっては大変です。

帰省する息子のために梨を買う

最近は、冷凍技術が上がって、夏の始まりの頃まで、そこそこ美味しい林檎が食べられます。だけど、ぎりぎり梨には間に合いません。朝、起き抜けの果物は、うちでは欠かせません。この間をつなぐのが、キウイフルーツ。最近は、ニュージーランドのものが安く出回るようになりました。

それでもお盆には梨が間に合いました。もう、うちの方の梨は美味いんですよ。爽やかな歯ざわりと、あのみずみずしさはまるで水の玉。

滝一つ越えた鼻先の蜻蛉かな

夏は沢登り。いやいや、二〇〇〇メートルを超えれば涼しいんだけど、そこまで行くのにお金がかかります。たまにはそんな贅沢もいいけれど、普段の遠出は控えましょう。かと言って地元の低山ではあまりにも暑いので、沢を歩いて、滝でもよじ登りましょう。誰もいない沢。時々、上の林道を走る車の音が聞こえる程度です。沢を誰から歩いていようとは、誰も知りません。

一人ですから危険は避けますが、大丈夫と踏めば、頭から水を浴びるような滝を思い切ってよじ登ります。「越えた」とは言え、まだ両手は岩を掴んでいます。そんな私の鼻先に蜻蛉。こっちが手も足も出せないのを知っているかのようです。



平凡社  ¥ 3,024

古今を行き来し、句の背景や作者の個性、日本の自然・文化・ことばの奥深い世界を紹介
新年 冬 春 夏 秋 冬
一月一日 二月二日 三月一日 四月一日
五月一日 六月一日 七月一日 八月一日
九月一日 一〇月一日 一一月一日 一二月一日
炬燵 雪 梅 雛 花・桜 時鳥 虹 蛍 七夕 盆
秋の風 望月 かなかな 秋分 小鳥来る 林檎
秋の暮 小春 切干 枇杷の花 一二月八日
聖夜・クリスマス 行く年 
[季語の橋]
新年から冬へ 冬から春へ 春から夏へ
夏から秋へ 秋 晩秋から歳晩へ


この本の著者の宮坂さんは、日本農業新聞に俳句鑑賞のコラムを書いているんだそうです。

この本は、平成二一年から一〇年の間に、宮坂さんがそのコラムに取り上げた一五〇〇余句の中から一〇〇〇余句の俳句鑑賞コラムを一冊にまとめたものだそうです。

日本農業新聞には週に三回掲載されているそうです。その中で、宮坂さんは、新聞を朝、手にする農家の人たちに「おはよう」と呼びかけるようなつもりで書いているものだそうです。実際、農業や農業を取り巻く自然に関する俳句が比較的多くなっているそうです。俳句は、もともと季節の移り変わりにともなう心の動きを表すことが多いものです。

宮坂さんは、そのあたりを、「もとより俳句は、こころの表現である。私の思いや考えが季節の移ろいや社会の変化に触発され、ことばにいのちが託される」とおっしゃってます。

時々、思うんですよね。私もその時時のこころの動きを俳句にしてみたいって。季節の移ろいを感じるのは、私だって感じるんです。農業で暮らしていれば一番なんでしょうが。農業を職業としてない私では、農業に触れるのはスーパーの野菜置き場くらいのものです。出来る限りスーパーで農業に触れて、季節のものを食べるようにしたいと思います。季節外れのものが並んでいることも少なくありませんが。

山に行くのに季節を感じますね。そんなときのこころの動きを言葉で表せばいいんでしょうけど、言葉にこだわる習慣を持たずに来ちゃいましたので、なかなか難しいですね。せめて、人の読んだ良い句に触れて、なんとなく真似でもしてみましょうか。

それにしても今日は八月一五日

これじゃ俳句とは言えないのかな。この日付だけで、どうしたってこころが動くのは間違いないんですけど。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


なぜ、弱くても生き残れたのか?

じつに不思議なことに滅び去っていったのは強者である勝者たちだったのだ。

私たちは、その進化の先にある末裔である。

言わば敗者の中の敗者なのである。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






























































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事