めんどくせぇことばかり 『日本を滅ぼす岩盤規制』 上念司
FC2ブログ

『日本を滅ぼす岩盤規制』 上念司

《「岩盤規制」とは、言ってみれば「おバカ校則」みたいなものだ》と著者の上念司さんは言ってます。“校則”ってことになると、ついこの間まで関わっていたので、・・・ちょっとね。

家でも学校でも、自分がぶちのめされて育てられましたので、色々な決まりごとは理屈じゃなくて、そういうもんなんだと受け入れてました。

私は昭和三五年生まれですから、中学校は坊主頭ですよ。坊主って言ったってツルッツルってわけじゃありません。丸刈りですね。いつも、父親にバリカンで刈ってもらってました。三分刈りです。別になんとも思いませんでした。中学生になれた嬉しさのほうが遥かに先行してました。

でも、そうじゃない奴もいたみたいで、隣の中学校の話なんですが、中学三年になる年の春にナイフを持って校長に訴えた奴がいました。それがきっかけになって、坊主って校則はなくなりました。

今でも、おかしな校則が、ずいぶんあるみたいですね。でも、基本的にはあれでしょ。若い人はすぐいきがった格好をしたがります。そして、そういう格好って、だいたい不良から始まるもんです。そういう不良とは、学生を距離取らせようってのが校則に反映されるんでしょ。

髪の毛の指導とか、スカートの丈の指導とかが嫌いで困りました。性に合わないんです。ああいうの・・・。

定時制に務めた頃は、整容指導みたいなのはありませんでしたので、助かりましたけど。なぜ定時制ではないかと言うと、年齢がバラバラで、タバコすってるのもいれば、化粧して仕事しているのもいましたから。それに、とにかく学校に来ることが優先で、それ以外のことでなんだかんだ言ってる場合じゃなかったんです。

それが本来の姿だと思いますよ。身だしなみなんて、色々みっともない思いをして身につけるもんだと思うしね。馬鹿な格好をしてたって、しっかり勉強をしてればいいんです。でも、残念なことに、馬鹿な格好をしている奴は、それだけの奴って場合が多いです。残念ながら。

だから、普通の全日の高校なら、整容指導をしないでいると、すぐに学校の雰囲気が崩れるのも事実です。そうなると、中学生はそれを敏感に感じ取って、入学希望者が減ります。もしも、一倍を切ってしまって、二次募集をしなければならなくなれば、偏差値は急降下です。私もそういうところにいた経験がありますが、嫌なこともあったけど、なんだか楽しい奴もいっぱいいましたよ。まあ、県立の高校ですからね。県全体でみれば、偏差値の低い学校だって必要なんですから、それでもいいんです。

それでもいいはずなんだけど、先生方は妙に真面目ですから、その理屈が通らないんですよ。まったく、嫌んなっちゃいます。



飛鳥新社  ¥ 1,400

「岩盤規制」について正面から論じた本。毎年30兆円の負担増となって国民を苦しめる実態
第1章 財務省―危険すぎる!財務省を監視せよ
第2章 農業―精神論に侵された本当は世界最強の日本農業
第3章 放送・通信―視聴者をバカ扱いするテレビ局
第4章 銀行―金融行政の被害者はいつも一般庶民
第5章 NHK―純資産8300億円!金満体質を告発
第6章 医療・病院―「医療費激増」の真犯人
第7章 保育園―待機児童が解消されない本当の理由
第8章 朝日新聞―朝日新聞はいつ潰れるのか?


あんまりおバカな校則は困るけど、校則で儲けてる教員とか、校則で天下ってる教員とかは聞いたことがありません。岩盤規制は、それで儲けていたり、天下っていたりしている奴がいるわけです。これは困りもんですね。

「文科省は、加計学園による今治市での獣医学部新設を妨害し続けていた」

加計学園問題って、国家戦略特区に指定されることで、五二年間も獣医学部の新設の申請ができないという異常な状態が、ようやく解消されたという話だったそうです。

獣医学部新設なんて自由な経済活動に過ぎないですよね。あの時、言われていたのは「獣医師は足りている」ということでした。確かに、都市部における犬猫病院の獣医師は足りているとけど、口蹄疫や鳥インフルエンザの予防に苦しむ地方自治体は多くの獣医師を欲していたそうです。

それに、犬猫病院の獣医師が足りているとしても、だからといって新規参入を拒むっていうのは自由な経済活動を阻害する行為に過ぎませんね。

信長の支配地に入れば容易に市に参入できたし、新しい商売にも参入できました。それ以外の場所では多種多様な“座”が新参者の参入を許しませんでした。“座”は公家や寺社に上納金を納めて保護を受けていました。中でも延暦寺は、武力を抱えていましたからたちが悪いんですね。

既得権益の上にあぐらをかいて、新たな時代の幕開けを拒んでいたのは延暦寺。それこそ鉄壁の《岩盤規制》だったわけです。

やっぱり焼き討ちでしょうか。霞が関三丁目。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事