めんどくせぇことばかり 西高取山の日の出
FC2ブログ

西高取山の日の出

昨夜、連れ合いが「なんだか明日は晴れみたいよ」って言うんです。

それは、「久しぶりのいい天気なのに山にいかないの」と言わんばかりの言い方で。「そんなこと言ったって、明日は午後から同じ会議に出るんでしょ」と言い返したものの、・・・行きたいなぁ。

と言うことで、またしても近場の山に、ちょいちょいって言ってきます。一番近くて気軽に行ける越生の山。ドキドキ感を出すために、暗いうちから歩き始めて、日の出を見に行きましょう。

日の出は5時17分。越生町役場を4時半に歩き出せば、西高取山でラーメンを作りながら日の出を待てると踏んで、家を4時に出発します。・・・そのはずが、もう一つドキドキ感を出すために、今日は地下足袋で歩くことにしたんです。地下足袋履くのに時間がかかって、出発は4時10分になってしまいました。・・・日の出に間に合うでしょうか。

もう一つ、今回から始めたのは、蚊取り線香を付けて歩くことにしたんです。虫対策とともに、熊対策として。越生町役場について、蚊取り線香を付けて、ヘッ電付けて出発です。

世界無名戦士之墓の階段を登ってる途中で、ヤマップを始めてないことに気がついて、遅ればせながら、ここから登山開始。振り返れば、東の空はだいぶ明るくなってます。
西高取山の日の出_190906_0003 (世界無名戦士之墓からの東の空)

ただ、世界無名戦士之墓のモニュメントから山道に入ると、こちらはまだまだ真っ暗です。進むほどに道は急登になって、モニュメントからは15分ほどで山頂のが見えてきます。越生町役場からは30分ほどで山頂につきました。日の出には十分余裕があります。
西高取山の日の出_190906_0004

ただ、山頂の視界から日が昇ってくれるか、ちょっと心配。以前は視界のほぼ正面のスカイツリーから登ってくれたんですが、今日はどんなもんでしょう。
西高取山の日の出_190906_0005

「どんなもんかな~」なんて歌いながら西高取山朝ラーメンをこしらえて、食べ頃になったのが5時17分。どうも、山頂の視界からは見えそうもありません。鍋からラーメンを啜りながら、東の方角の視界を広げられるギリギリまで出てみると、・・・見えるじゃありませんか。
西高取山の日の出_190906_0006 
西高取山の日の出_190906_0007 (西高取山朝ラーメン)

ベンチにラーメンの鍋を置きに戻り、カメラを持ってさっきの場所へ。そして、パチリ。・・・撮れました。日の出の写真。
IMG_5038.jpg 
IMG_5039.jpg

しばらく山頂にいましたが、なんだか今日は暑くなりそうです。もう少し山の中を歩いたら、早いうちに家に帰って、午後からの会合に出かける前に少し寝ておこうと思います。なにしろ今朝は2時に起きて計画立てたから、ベンチに座ってると寝てしまいそう。
西高取山の日の出_190906_0008 (この日は地下足袋で歩きました)
 
大高取山まで歩きましたが、背中から登ってくる朝日が横から木々や山を照らしていて、とてもきれいでした。朝の山は、毎日こんなにきれいなんですね。西高取山の日の出_190906_0010 
西高取山の日の出_190906_0013 

大高取山からは桂木観音には向かわずに、幕岩を経て、西高取山を巻いて、高取山の御嶽神社にお参りをして、越生町役場に戻りました。
西高取山の日の出_190906_0014 (そこが大高取山山頂)

西高取山の日の出_190906_0016 (幕岩にはすすきが)

西高取山の日の出_190906_0018 (御嶽神社のスタジイ)

西高取山の日の出_190906_0021 (ポッコリが西高取山)

西高取山の日の出_190906_0022 (上の方の白いのが世界無名戦士之墓)

家に帰って、一眠りします。

この日歩いたのは、以下のようなコース。
9月6日高取山地図



関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事