めんどくせぇことばかり 『このゴミは収集できません』 マシンガンズ滝川秀一
FC2ブログ

『このゴミは収集できません』 マシンガンズ滝川秀一

朝、走ってるんです。

暗いうちから走り始めて、・・・その時は懐中電灯を使ってます。東の空から段々と明るくなって、それでも歩道のないところでは、時々走ってくる対向車に存在を伝えるために懐中電灯をつけます。その心配もなくなったあたりで懐中電灯をしまいます。

懐中電灯を消してしばらく走った頃、都幾川にかかる橋に差し掛かりました。橋の袂で周辺に何らかの変化を感じました。顔を上げて前方を見ると、最初はその変化がなにか、ピンとこなかったのですが、ようやく分かりました。明るくなって、夜の間、明るく橋上を照らし続けていたはずの街灯が、その役割を終えて消えたのです。朝が来たんですね。時計を見ると五時五分。家に帰って今日の日の出を調べると、五時二〇分でした。日の出時間の一五分前に、センサーは朝を感じたんですね。

朝、暗い時間に街に出ると、暗い街で、すでに働き始めている人がいます。新聞配達の人のカブが、路地から路地を走り回っています。東京に向かうトラックが、関越道に列をなして走っていきます。

知らないところで世の中を支えている人が、たくさんいるんですね。

朝に限らず、世の中はいろいろな人に支えられています。と言うよりも、本当は、みんな誰かに支えられ、みんな誰かを支えているんですよね。今の世の中、そういうことに無頓着すぎるように思います。自分が誰かに支えられていることにも思いを馳せられず、誰かを支えられることなど思いも寄らないような人が少なくないことは、日々のニュースに明らかです。

ゴミ清掃員という仕事は、まさに世の中を支える仕事です。しかも、一般的には、できれば避けたい仕事です。そんな仕事を経験できた著者のマシンガンズ滝沢秀一さんは、きっと幸運だったんだろうと思います。

この本の著者、マシンガンズ滝沢秀一さんは、お笑い芸人でありながら、ひょんな事からゴミ清掃員の世界に飛び込みます。“ヒョんな事”なんて言っちゃあ悪いですね。奥様の妊娠です。三六歳の売れないお笑い芸人にとって、出産費用の四〇万円は、あまりにも絶望的な金額だったようです。

お笑い芸人以外になんのスキルもなかった滝沢秀一さんは、なんのスキルも必要としない、かつ常に人手不足状態にあるゴミ清掃人の世界に飛び込んでいくことになったようです。


『このゴミは収集できません』  マシンガンズ滝川秀一

白夜書房  ¥ 1,404

ゴミ清掃員が見たあり得ない光景。お笑い芸人がゴミ清掃で発掘したゴミ学
1章 ゴミ清掃員はつぶやく
2章 ゴミ清掃員プロファイラー
3章 嘘に翻弄されるゴミ清掃員
4章 事件です!!ゴミ清掃員
5章 ゴミ清掃員、格差を斬る
6章 ゴミ清掃員のおすすめ物件
7章 ゴミ清掃員の花鳥風月!?
8章 ゴミ清掃員の一日
9章 ゴミ清掃員とゆかいな仲間たち
10章 ゴミ清掃員、無法者を取り締まる
11章 私、ゴミ清掃員が日本の未来に物申します


やはり、大変な仕事ではありますね。

春から初夏は、毛虫が大変なんだそうです。毛虫にやられたことは、私もあります。毛だけでやられますからね。この時期の山は、新緑がとてもきれいで、山を歩いているだけで心が高揚します。だけど、木々から糸で垂れ下がった毛虫をしっかり避けて通るのは、けっこう至難の業だったりします。腰掛けたベンチに影を提供してくれる葉裏が毛虫でいっぱいだったりもします。ゴミ清掃員はこの時期、そんな毛虫との格闘なんだそうです。

夏は言わずもがな。暑さとの死闘ですね。

秋の大敵はネズミとスズメバチだそうです。それから、ゴミ袋に詰め込まれた栗のいが。これは恐ろしい武器ですね。まるで地雷のようです。

冬は寒さはもちろん、雪が降ると大変だそうです。

ゴミからゴミ汁が飛び出ることもあるそうです。それが顔にかかることも・・・。

大変な仕事ですね。でも何より大変なのは、やはり、人々の無理解のようですね。普通、そんな事を言ったり、そんな事をやったりしてはいけないんだけど、ゴミ清掃人にならば言ってもいい、やってもいい。そういう意識があるみたいですね。さらにはゴミ清掃人を低くみて、そういう対応をする人もいるそうです。

通学路を通ると、「くせーから早くいけー」って悪態をつく小学生がいるそうです。私は子供の頃、バキュームカーの隣を通過するとき、鼻をつまんだりしちゃあ悪いから、少し前から息を止めて、通り過ぎるまでそのまま歩いて通ったですね。

うちの自治会には三つのゴミステーションがありますが、その一つに、ちょくちょく指定とは違うゴミが出されていることがあります。清掃車は持っていきませんから、次の指定の日までうちで預かりることもあります。それが生ゴミだったりすると・・・。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事