めんどくせぇことばかり 前方後円墳『仕組まれた古代の真実』 関裕二
FC2ブログ

前方後円墳『仕組まれた古代の真実』 関裕二

考古学により確かめられたことで言うなら、三世紀後半、現在の奈良県桜井市、三輪山麓の纏向に前方後円墳の箸墓古墳が作られました。四世紀になると前方後円墳は各地に伝播し、埋葬文化を共有する緩やかなつながりの連合体が出現しました。

これが、ヤマト建国であったようです。

“前方後円墳はヤマト建国のシンボル”と著者の関裕二さんは言ってます。ヤマトという緩やかなつながりの連合体に連なるものは、前方後円墳に首長を葬るという方法を取ることで、その証としたということのようです。

当時、移動の際、人は食器を携えて行ったそうです。食器は土器です。時には地域による特徴があって、纏向に、どこから人が集まってきたか分かるそうです。この間読んだ関さんの本の紹介でも書きました。

纏向にもたらされた外来土器の内訳は、東海四九%、山陰・北陸一七%、河内一〇%、吉備七%、関東五%、近江五%、西部瀬戸内三%、播磨三%、紀伊一%だそうです。東海と関東で過半数を超えます。東国は、ヤマト建国に強く関わっていたんですね。

さらに、纏向には九州の土器がほとんどないんだそうです。つまり、九州はヤマト建国に関わっていない。そうなると、日本書紀に書かれた「初代神武天皇は、九州からヤマトにやってきた」という神武東征の話は、一体どうなるんでしょう。



辰巳出版  ¥ 1,188

日本史、特に古代に真実を知らずにいる日本人は不幸である
第1章 古墳から読み解く古代の真実―前方後円墳とヤマト建国の謎
第2章 縄文から読み解く古代の真実―縄文人と現代人はつながっていた!
第3章 天皇から読み解く古代の真実―天皇と縄文の海人との意外な関係
第4章 女性から読み解く古代の真実―古代は女性が牛耳っていた!
第5章 記紀から読み解く古代の真実―『古事記』と『日本書紀』、そして『万葉集』の秘密
第6章 神社から読み解く古代の真実―神社と豪族はどう関わっていたか
第7章 事件から読み解く古代の真実―事件はこうして歴史をつくった

前方後円墳というのは、お墓なんですからそんなはずないんですが、どこかふざけた形してませんか。

誰でも思うのは、鍵穴の形ですね。でも、最初にその形ありきじゃなくて、原型は円墳だったそうです。その周りに溝を掘ってあちらの世界とこちらの世界を分けました。さらに、円墳部分に葬られた被葬者を参拝するために、溝を越える通路を作り、この通路が前方後円墳の“前方部”に発展したということのようです。

さらにそこには、各地の埋葬文化が寄せ詰められているんだそうです。墳丘上に並べられる特殊器台形土器は吉備から、墳丘をおおう葺石は出雲の四隅突出型墳丘墓から、古墳周りの周濠は近畿の方形周溝墓からというふうに。そう考えると、まさに前方後円墳は緩やかな連合体として成立したヤマト政権のシンボルということになりそうです。

土器で纏向に足跡を残した地域は、銅鐸文化圏に重なります。一方、一部地域を共有して西側に広がるのが銅矛文化圏です。銅鐸文化は、ほぼヤマト政権が成立したと思われる頃に突然消滅し、それに替わって前方後円墳が登場します。

これを、西の銅矛文化の一部が東征して銅鐸文化を滅ぼし、前方後円墳による祭祀を始めたという説があります。北九州が朝鮮半島南部で取れる鉄を独占して発展していたことを考えれば、うなずけないでもありません。

しかし、土器による足跡は、明らかにそれを否定しています。逆に、東の土器が北部九州にどんどん流れ込んでいたこと、考古学の発見によって証明されているんだそうです。

どうやら、北九州が独占したかに見えた鉄が、独自の航路を開拓した但馬、丹波によって近江、そこから近畿、東国に流され、銅鐸文化圏を勢いづけ、纏向への集結につながったようです。彼らは結束を示すために前方後円墳という新たな祭祀を始め、それまでの銅鐸による祭祀を捨てます。そして、軍を西に進めて吸収に圧力をかけたのです。

繁栄を誇った北九州が危機を迎えます。ヤマトが大きな脅威となった頃、北九州は外構に活路を見出そうと、朝鮮半島に進出してきたばかりの魏に朝貢の使者を送ったのです。

しかし、それでも、ちょうど三世紀後半から四世紀にかけて、北九州でも前方後円墳が作られていったそうです。

卑弥呼の邪馬台国、神武東征の真実、日本書紀編集の最終責任者は、一体何を隠そうとしていたんでしょう。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事