めんどくせぇことばかり 万葉仮名『齋藤孝のざっくり!万葉集』 齋藤孝
FC2ブログ

万葉仮名『齋藤孝のざっくり!万葉集』 齋藤孝

《和何則能尓 宇米能波奈知流 比佐可多能 阿米欲里由吉能 那何列久流加母》

縄文以来の“やまとことば”を漢字で表現したのが万葉仮名です。その時、日本人は、けっして大陸の言葉の構造は取り入れず、漢字だけを拝借したんですね。

中国文学の専門家の高島俊男さんが、著書『日本人と漢字』の中で、「日本語と漢字はもともと似ても似つかないもの。人間の結婚に例えるなら、「性格の不一致」も甚だしい。ところが長年連れ添ってきた以上、今さら分かれることもできなくなってしまった」って書いておられるそうです。

藤原正彦さんが、『祖国とは国語』っていう本を出してますけど、漢字仮名混じり文で書かれた日本語は、まさに私たちにとって祖国です。

冒頭の漢字の羅列は、万葉仮名で書かれた万葉集の和歌の一首です。大伴旅人の歌だそうです。旅人といえば、万葉集を編纂したとされる家持の父親ですね。藤原氏に目をつけられて大宰府に左遷されて、なんだか酒に溺れた歌を残してますよね。最後は屈したものの、“反藤原”は家持にも引き継がれて、万葉集にはそんな色合いが込められているとか。

ごめんなさい。冒頭の一首ですね。著者の齋藤さんは「一字一音だし、有名な歌なので比較的読みやすい」っていうけど、私には充分難しかったです。

漢字仮名混じり文だと、次のようになります。
《わが園に 梅の花散る ひさかたの 天より雪の 流れ来るかも》

どうも、万葉仮名というのは、平安時代には、すでに読めなくなっていたらしいですよ。万葉集は万葉仮名で書かれているわけですよね。成立が奈良時代末でしょ。家持の時代ですから。「鳴くようぐいす平安京」で、平安京遷都が794年です。斎藤さんは10世紀には読めなくなっていたと言ってますから、百年余りの間に忘れられていったということです。

10世紀初頭に完成した古今和歌集にはひらがなが使われているので、万葉仮名はそのあたりで急速に衰退したんですね。

その万葉仮名を丹念に解読し、私たちが万葉集に触れることができるようにしてくれたのが、江戸時代中期の国学者、賀茂真淵大先生ということです。賀茂真淵が万葉仮名で書かれた万葉集を解読し、後継者の本居宣長が古事記の研究を大成させてくれました。さらに折口信夫が、漢字仮名混じり文に口語訳をつけた『口訳万葉集』を出してくれたおかげで、万葉集は広く普及していったんだそうです。



祥伝社  ¥ 1,650

令和の時代だから知っておきたい教養。古代の歴史・万葉仮名・鑑賞ポイント・万葉人の暮らし…。
第1章 仰天!国家プロジェクト―万葉集の編纂事業はこうして実現した
第2章 探訪!万葉仮名ワールド―やまとことばに漢字を当てるという「神業」
第3章 古代の歴史が透けて見える―後継者をめぐる血なまぐさい事件がてんこ盛り
第4章 恋の歌に知性キラリ―万葉人が歌で楽しんだ「恋愛ゲーム」
第5章 万葉人に共感―庶民の暮らし・思いはいまも同じ


《石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨》

万葉仮名は、冒頭の一首のように音読みもしますが、同時に訓読みもするんですね。そこから、漢字仮名混じり文が生まれるんでしょう。だから、上の一首なんかは、漢字万葉仮名混じり文ということになるでしょうか。志貴皇子の歌ですね。

《石ばしる 垂水の上の さ蕨の 萌え出づる春に なりにけるかも》

“激”を「はしる」ってところが味噌ですね。“激”には「そそぐ」っていう読みも、昔はあったんだそうですよ。これを「そそぐ」って読むと、垂水はちょろちょろと垂れるように流れる水ってことになります。「はしる」って読むと、やはり、小さな滝のように激しい流れになりますね。斎藤茂吉は『万葉秀歌』の中で、「ここはこう読みたい」って、そんな言い方で後者を推奨しているんだそうです。

《東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡》

これになると、もう、最初から最後まで「こう読みたい」 の連続みたいな感じですね。

《東の 野に炎の 立つ見えて かえり見すれば 月傾きぬ》

異説もあるそうですが、私もこれが好きです。それにしても、“月西渡”を「月傾きぬ」って読むのって、なんか素敵ですね。

万葉集には防人の歌や東歌があります。庶民の歌ですよね。彼らが万葉仮名を操れたなんて、到底考えられません。誰がこれらの歌を収集したのか知りませんが、収集して、後に万葉仮名としての漢字を当てたわけでしょう。漢字を当てるまでは文字になってないわけですから、覚えていなきゃいけないわけでしょう。録音器具のある今とは違いますからね。

万葉集は4500を越える和歌があるんだから、それを思うと、本当にすごい財産を、私たち日本人は持ってるもんですね。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事