めんどくせぇことばかり 『名作で楽しむ上高地』 大森久雄編
FC2ブログ

『名作で楽しむ上高地』 大森久雄編

芥川龍之介は、島々から徳本峠を越えて行ったのか。

まあ、当時はそれ以外になかったんだから、当たり前ですけどね。

私がはじめて上高地に入ったのは、高校一年のときでした。中学三年の時に、新田次郎の『孤高の人』を読んで、高校では山岳部に入った私は、その年の、山岳部の夏合宿で上高地に行きました。コースは富山からです。富山に着いたのは朝でした。名物だという《鱒の寿し》を買って朝ごはんにしました。《鱒の寿し》は、こんなうまいもの食ったことないってくらいうまかったです。

折立までバスで行き、そこから太郎平を目指しました。当時の山岳部は、ずいぶん重い荷物を担いでいました。しかも、太郎平までの登りはけっこう厳しいのですが、そこで苦しい思いをした記憶がないんです。少し後、大学の一年の時に、ほとんど遭難に近い大ブレーキを起こすことになるんですが、高校では一切苦しい思いをした記憶がありません。

太郎平にテントを張ったあと、一年生部員だけで薬師岳まで往復しました。先輩や顧問の先生から解放されたこともあって、“何かと話し好き”な新人たちははしゃぎながら薬師岳に登り、その帰り、なにかの記念碑によりかかりながら休んでいるうちに、結局昼寝をしてしまいました。目が冷めてから、それが遭難碑であることに気づき、そこからはお喋りもせず、太郎平まで戻りました。その晩、同じ1年部員のMが、夜中にテントの中でうなされていました。祟られたのは、Mだけで済んだようです。

翌日は、北ノ俣岳を経て黒部五郎岳。息を呑むようなカールの見事さに圧倒され、その日は黒部五郎岳小屋まえデテントを張るものの、この日の景色の見事さに、興奮して、なかなか寝付けませんでした。

それは翌日も同じこと。しかも三俣蓮華を経て双六小屋泊まりという余裕の日程でした。さらに翌日は、槍ヶ岳泊まり。今考えると、頼りない一年坊主に、顧問の先生や先輩方は、ずいぶん気を使ってくれていたんですね。

だから、この日に一度、翌早朝に一度、槍ヶ岳の山頂に立つことができました。槍から下りたら、そのまま上高地まで駆け下りて、小梨平で最後のテント設営。これがはじめての上高地体験でした。



ヤマケイ文庫  ¥ 1,100

上高地再発見!  登山家、文学者の紀行・エッセーと歴史エピソードの名作集
第一部 エッセーで味わう上高地
浦松佐美太郎 松方三郎 尾崎喜八 串田孫一 田中澄江
第二部 早期登山者たちの見た上高地
W・ウェストン 小島烏水 辻村伊助 田部重治
第三部 青春の上高地・槍・穂高
板倉勝宣 書上喜太郎 三田幸夫 今井喜美子 北杜夫
第四部 上高地を訪れた文人たち
窪田空穂 若山牧水 芥川龍之介 山崎安治 高村光太郎 大町桂月
第五部 上高地と槍穂高連峰の歴史
山崎安治 岡茂雄 穂苅三寿雄 穂苅貞雄 三井嘉雄 

その夏合宿のあと、先輩に連れられて雁坂峠小屋への歩荷とアルバイトに行き、なんとかそこそこお金をためて、夏休みの間に、もう一度上高地を訪れました。北鎌尾根を目指してです。朝、上高地について、その日は槍沢ロッジ泊まり。翌日、水俣乗越まで行って、この先に行程を考えて、あきらめて、槍ヶ岳に登って帰りました。帰りは、また小梨平のテントを張って、穂高を見ながら、登る山がたくさんあることを、つくづく感じさせられました。
芥川龍之介の槍ヶ岳登山は一度きりで、一高に進んでからは山からはまったく離れてしまい、文学一筋に打ち込んでいったんだそうです。彼にはそちらの方が魅力的だったんでしょうか。

北杜夫は終戦間際、ほとんど人影のない上高地に入ったそうです。やはり徳本峠からだったんでしょう。長い道を歩いて上高地に入ったそうです。彼は、近い将来、本土決戦で玉砕するつもりだったそうです。その前に一度、上高地を歩きたかったと書いています。

当時は上高地重歩き回っても、ほとんど人には合わなかったそうです。そして西穂に登って、稜線上から上高地を見下ろしたとき、そこは公園のように小さく写ったそうです。そこに流れる梓川の清流。・・・これは時を経た今でも分かります。

上に書いたように、高校一年の時に、はじめて上高地を訪れました。山岳部の合宿で行ったもんですから、当時は厳しく指導されていて、記録は細かく取らされました。おかげで、その記録を見ることで、今でもその時の気持ちが蘇ります。

最初の長期合宿での北アルプスでの経験、薬師岳の雄大さ、北ノ俣岳からの北アルプス最深部の山々、黒部五郎のカールの美しさ、槍を目指して進んだ三俣蓮華に双六岳。槍に登るワクワク。上高地のからの穂高。山をあとにする時の切ない気持ち。

この本を読んでいて、ちょっと思い出しちゃいました。





関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事