めんどくせぇことばかり 榛名山ハイキング
FC2ブログ

榛名山ハイキング

きょう(6日)は、連れ合いと一緒に榛名山ハイキング。

私は、先週に続いて連続の榛名山になってしまいますが、直近だけに、晴れさえすれば、間違いなく紅葉見頃です。連れ合いは、日頃スイミングに通ってますが、いざって時に体調を崩したりしたんで、山歩きはずいぶんしていません。だから、無理のないところを3ヶ所ばかり選びました。
榛名山ハイキング_191106_0001 (高値展望台から 向こうは赤城)

榛名山ハイキング_191106_0003 (小野子山ごしに谷川岳)

まず1ヶ所目はゆうすげの道を歩きます。花のいいところのようですが、そちらは季節外れ。開ききったすすきの穂が、日に照らされて金色の波のようです。その向こうに榛名富士ですね。木道が終わると、道には霜柱が…。もう、冬を意識するような季節なんですね。相馬山を目指して進み、磨墨峠に上がり、松之沢峠を経てゆうすげの道に戻りました。
榛名山ハイキング_191106_0006 

榛名山ハイキング_191106_0008 (相馬山を見ながら進みます)

榛名山ハイキング_191106_0012 (磨墨峠あたりから磨墨岩)

榛名山ハイキング_191106_0013 (磨墨岩直下から)

榛名山ハイキング_191106_0014 (榛名富士と烏帽子ヶ岳でしょうか)

榛名山ハイキング_191106_0017 (榛名湖が見えました。その向こうは鬢櫛山)

榛名山ハイキング_191106_0016 (相馬山の姿が変わりました。山腹に紅葉が残ってますね)

途中、消防車、救急車、パトカーがつぎつぎとメロディーライン当たりに。一体なんでしょう。事故かな。

2ヶ所目は硯岩。この間、硯岩の下あたりは、紅葉がとても綺麗でした。1週間後になりますが、どうでしょう。それから、硯岩からの絶景を連れ合いに見せたいと思って、ここに来ました。榛名山ハイキング_191106_0020 (こちらに来たら、まだ紅葉が目立ちました。歩いていても気持ちいいです)

榛名山ハイキング_191106_0021 (良かった。この色合を連れ合いに見せられて)

あんまり急な登りや下りはなれない連れ合いなので、絶対怖い思いはさせないのが大前提。でも、結果的には、ヒヤヒヤしているのはこっちばかりで、連れ合いも絶景を満喫してくれました。下りは鬢櫛山登山口の方に下りて、舗装道路を歩いて戻りました。
榛名山ハイキング_191106_0022 (硯岩から この景色なら文句ないでしょう)

榛名山ハイキング_191106_0023 (ずいぶん紅葉が下がってきています)

榛名山ハイキング_191106_0025 (ぎりぎり富士山が・・・)

榛名山ハイキング_191106_0026 (雨の10月、晴れの11月)

榛名山ハイキング_191106_0030 (下りてきました。下から見あげた硯岩)

3ヵ所目は、臥牛山。ヤセオネ峠近くに車をおいて、そこから歩いて15分くらい。最後はやせ尾根歩きになりますが、ゆっくり行けば、うちの連れ合いでも大丈夫。その先の山頂から景色は、まさに絶景。15分でこの景色は、本当にお得です。
榛名山ハイキング_191106_0031 (交通量の多い通りから一歩森に入っただけで・・・)

榛名山ハイキング_191106_0035 (しかも、誰もいません)

榛名山ハイキング_191106_0036 

榛名山ハイキング_191106_0033 (臥牛山より 左が榛名富士 右が烏帽子ヶ岳、中央が掃部ヶ岳)

榛名山ハイキング_191106_0034 (臥牛山より 相馬山麓の紅葉)

それにしても、山歩きに慣れてない連れ合いを、ちょっと引っ張り回しすぎちゃったかも知れません。水沢うどんを食って帰ります。





関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事