めんどくせぇことばかり ひとり『ひとりで生きる 大人の流儀9』 伊集院静
FC2ブログ

ひとり『ひとりで生きる 大人の流儀9』 伊集院静

伊集院静さんにしてみれば、「先生と呼ばれる人種は、表ではそれなりに振る舞うが、密室に入れると何をしでかすか分からない輩」だそうだ。

十把一絡げにそう言われるのは心外だ。たしかに、そういう“先生”もいる。比較的近いところにも、18歳未満の女性と淫らな行為を行いお金を渡した数学の“先生”がクビになった。人のうちの軒先にぶら下がったパンティーを手にかけて、家人に追いかけられて取り押さえられた体育の“先生”もいた。パンティー泥棒でクビになったのは、二人いた。

破廉恥なやつはいくらでもいる。世間にバレるケースもいくらでもある。だけど、“先生”が、そういう破廉恥な事件を起こすとニュースになる。そして、間違いなくクビになる。何かと目立つんだな。

“先生”と呼ばれる昼間の生活からの落差が激しいから面白い。足の引っ張りがいがあるんだろう。

高校の若い男性教員なんてのは、本当に大変だ。17・18の、ちょっと前であれば適齢期の健康な女性が、無防備な状態で、たくさんいるんだから。高度化した現代社会においては、彼女たちは、確かに社会的には未熟であるが、身体的には成熟期に達している。そしてその本能から、より能力の高い子孫を残すために、能力の高い遺伝子を欲する段階に至っている。

教員は教える仕事なので、中でも若い男性教員は、彼女たちにとって“より高い能力を持った遺伝子”なのだ。

かつては、自分の教え子と結婚をした高校教員が多かった。その多くは、真面目に勉強をしてきた方々で、恋愛経験は比較的少なかったろうと思われる先輩方だった。そんな彼らの方から、18歳未満の女性とのみだらな行為に及んだのか。それとも、18歳未満でないことを確認した上で、みだらな行為に及んだのか。お聞きしたことはない。

そんな事を言っている私でも、若い時分には、何度か危険な状況に陥ったものだ。そんな教員に、少しは思いやりを持って接してもらいたい。政治家の“先生”とは違うんだから。

30年をこえて教員として働いてきたが、学生の様子もずいぶん様変わりした。大きな変化の一つは、みんな誰かと一緒なことだ。誰かと一緒なことが、とてつもなく大事なことで、誰かと一緒でないということは、ものすごく大変なことと認識されているらしいということだ。



講談社  ¥ 1,000

ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない
第一章 孤独を知る
第二章 とても好きだった
第三章 あなたならやっていける
第四章 それでも生きなさい


教員になりたての頃は、それほどでもなかった。

自分たちの頃同様、おかしな奴がけっこういた。“つっぱり”がどうのこうのという時代だったかな。そういう意味で面倒な奴はいたけど、最近に比べると、きわめて分かりやすい時代だった。何しろこちらの声が、彼らにはとどいた。・・・そう私は思っている。彼らにも、信用できる相手の言葉なら受け入れようというゆとりがあった。そのゆとりを、最近の学生からは感じられないことが多くなっていた。

“古いやつだとお思いでしょうが”、一対一で腹を割って話せば、大抵のことはなんとかなるって思ってた。大抵のことはなんとかなった。どうにもならないこともあったけど。言葉尻よりも、腹の中が大事だった。

最近、上司は、学生と一対一にならないことを求めてきていた。女学生に対しての問題ってこともあるが、実は男子に関してももんだいがあった。腹の中なんておよびも付かない。問題は言葉尻。言葉にどんな尻が付いているか知らないが。

彼らは小学校の時分から、言葉の尻に左右されて生きてきていた。そんな彼らに、人の言葉を受け入れるゆとりを求めるのは難しいのかも知れない。

私は、今年の春で教員をやめるにいたる数年間、彼らにひとりになることを求めてきた。「学校生活を始めた幼い頃から、君たちはひとりで生きていく力を身につけるために学んできた。協力するのはいい。だけど、もう、つるむのはやめろ」

今の彼らに受けいられるはずがない。彼らにとって大事なことは、ひとりにならないことなんだから。それは分かっている。だけど、それだけじゃどうにもならないことを、彼らは近い将来に知ることになる。その時に、思い出してくれるかも知れない。

もちろん、それでひとりでやっていけるようになるわけじゃない。ずい分前の話だが、父親に聞いたことがある。世間でやっていける自信がついたのはいつ頃かと。父親は、「自分の父親の葬式を出してからだ」と答えた。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事