めんどくせぇことばかり 武川岳・大持山・ウノタワ 紅葉真っ盛り
FC2ブログ

武川岳・大持山・ウノタワ 紅葉真っ盛り

11月14日の埼玉県民の日に、久しぶりに高校生と歩くんですが、その前に奥武蔵の紅葉を確認しておこうと出かけました。

高校生と歩くコースと重なるんですが、名栗の名郷に車をおいて、武川岳・妻坂峠・大持山・ウノタワ・鳥首峠・名郷と周回します。

絶好の天気に恵まれました。武川岳に向かい途中、蕨山方面の上の方が見えると、だいぶ紅葉しているようです。期待できそうですね。
IMG_5439.jpg

天狗岩に向かう途中で風が強くなってきました。天狗岩の上でヤッケを着込み、この日はウノタワまでずっとヤッケを着たままでした。

天狗岩を登ると、関東平野が見えました。水平線が光って見えたのは、やっぱり海でしょう。
IMG_5441.jpg 
(天狗岩の中ほど 岩と木が絡み合うような急登)

IMG_5444.jpg (天狗岩 上)

IMG_5442.jpg (関東平野の向こう ピカピカしてるのは海?)

前武川岳に向けて、最後の急登をあえぎながら上り、武川岳への鞍部、ここは昨年、きれいに紅葉した木があったけど、・・・今年もありました。だとすれば、この先も期待できそうです。
IMG_5446.jpg (前武川岳に向かう道から 樹林の向こうに伊豆ヶ岳)

IMG_5450.jpg (前武川岳と武川岳の鞍部の紅葉)

IMG_5451.jpg (前武川岳と武川岳の鞍部の紅葉)

IMG_5453.jpg (武川岳山頂)

武川岳で、定番の梅味のおむすびを一つ、それからジャムパンを食べて、妻坂峠に下ります。山頂から少し歩いたあたりの紅葉が見事でした。14日の高校生の行程は、ここから二子山に向かうコースなんですが、紅葉の見事なところで休憩を取るように提案しましょう。
IMG_5455.jpg (ここでも向こうの方がピカピカしてました。やっぱり海?)

IMG_5456.jpg (妻坂峠に向かいます)

IMG_5457.jpg (武川岳の肩あたりの紅葉)

IMG_5458.jpg (武川岳の肩あたりの紅葉)

IMG_5463.jpg (武川岳の下りから見た大持山 色づきが見える)

妻坂峠の直前の下りが、少しずつ崩落でもしてるんでしょうか。慎重に下りました。
IMG_5465.jpg (妻坂峠 お地蔵様が・・・)

IMG_5464.jpg (妻坂峠からの武甲山)

そこから大持山に向けて、今日一番の登り。・・・もう、大変!・・・それが、1000mを過ぎたあたりから、紅葉の見事なこと。大変な登りが、なんて楽しいこと。見事な紅葉です。
IMG_5467.jpg 

IMG_5468.jpg 

IMG_5471.jpg 

IMG_5472.jpg 

IMG_5474.jpg 

IMG_5475.jpg 

IMG_5478.jpg

紅葉は大持山の肩辺りまでで、それより上は終わっていましたので、紅葉は1000m~1200mって考えれば良いかも知れません。
IMG_5483.jpg (大持山山頂)

IMG_5484.jpg (大持山の肩からの風景)

大持山の肩からウノタワに向かいます。最初のうちは紅葉は終わったかなって感じでした。それが高度を下げるに従い、・・・ものすごいです。真っ盛りの紅葉が目の前に現れます。
IMG_5485.jpg 

IMG_5488.jpg 

IMG_5489.jpg 

IMG_5491.jpg 

IMG_5493.jpg 

IMG_5494.jpg 

IMG_5495.jpg

何だこの広いところは?え、ウノタワ?もう、ウノタワ?

気がついたらウノタワでした。紅葉に目を奪われている内にあっという間でした。
IMG_5498.jpg 

一人っきりのウノタワです。ちょっと贅沢をさせてもらいましょう。今日は、ウノタワラーメンです。
IMG_5501.jpg 

IMG_5502.jpg 

IMG_5505.jpg (なんか貧乏くさいけど、私は幸せです)

IMG_5506.jpg (ゆっくりさせてもらって、出発します。 また来たいな)

IMG_5508.jpg (ウノタワを過ぎても・・・)

IMG_5510.jpg 

IMG_5509.jpg (長沢背稜からどデカい尾根が張り出しています)

鳥首峠を経て名郷に向かい道は、途中、三度ほど沢を渡りますが、台風の影響はあるものの、この一ヶ月の間に道ができていました。
IMG_5511.jpg (白岩の石灰岩が青空に映えます)

IMG_5512.jpg (やっぱり秋が似合いますね)

名郷に戻りました。駐車場に戻ると、大鳩園の方が集金に来てました。キャンプ場がだいぶ台風でやられてしまったそうです。ここにも被災がありました。無理はなさらず、ゆっくり復興を目指してください。

この日歩いたのは、以下のようなコース。
武川岳・大持山地図




関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事