めんどくせぇことばかり 『昭和とわたし』 澤地久枝
FC2ブログ

『昭和とわたし』 澤地久枝

白鵬っていうのは、相変わらず品のない横綱だ。

遠藤に勝った相撲は、・・・ありゃ相撲じゃない。決まりては、右カウンターだよ。横綱ではなかった旭道山でさえ引退したのに、なんで白鵬は居座ってるんだ?グローブはめてないだけ、ボクシングより衝撃は大きいはずだ。

あれは公然とした暴力。私的暴力に及んだ貴ノ富士が引退に追い込まれたが、人前で暴力行為に及んだ白鵬が、なんで横綱に居座ってるんだろう。

恥知らずは、本人か?相撲協会か? そんなこと思ってるのは、私だけか?
ものがどう見えるのか。それは見方によってだいぶ変わってくる。

自分のことを考えてみてもそうだ。自分の中に一貫したものなんてない。いろいろに移り変わってきて、ようやく今の自分がある。立場によって見る位置を使い分けたことも再々あった。“職業柄”、“子供の前では”、“世間体を考えて”、・・・いろいろだ。

この本の著者、澤地久枝さんは、満州からの引揚げだったそうだ。大陸で、敗戦国民として難民生活を送り、満州からようようの思いで引き揚げてきた。戦後の混乱期、ご両親とともに出来得る限りのことをして生活の基盤を築いて生き抜いてきた中で、澤地久枝さんのものの見方は、一貫していたようだ。・・・この本を読む限り。

終戦の段階で、日本人は軍民合わせておよそ600万人が現在の日本の外にいた。その人たちが日本を目指した。たどりつけなかった人も多い。口に出せないような思いをした人たちもたくさんいた。口に出さないまま死んでいった人たちもたくさんいる。その人たちに代わってものを言う人間が必要だ。

澤地久枝さんがそれにふさわしいかどうかは、またものの見方によりけりというところかな。



文藝春秋  ¥ 880

二・二六事件、太平洋戦争、沖縄密約・・・ 昭和に翻弄された女性たちに寄り添って
序 その仕事を貫くもの
1 わたしの満洲―戦前から戦中を過ごして
2 棄民となった日々―敗戦から引揚げ
3 異郷日本の戦後―わが青春は苦く切なく
4 もの書きになってから―出会ったひと・考えたこと
5 心の海にある記憶―静かに半生をふりかえる
6 向田邦子さん―生き続ける思い出


澤地さんは五味川純平さんの助手だったのか。

『戦争と人間』の脚注をしていたんだそうだ。ずいぶん若いとき、高校の時だったかな、全巻読んだ。長い話だった。『人間の条件』も読んだ。今では話がごちゃまぜになってしまったが、その後見た映画も含めて、ずいぶん強く影響を受けた。学生時代はマル経を学び、二十代は左翼的なものの考え方に傾いた。そういうことにも、おそらく影響していたと思う。もちろん、自分から望んでそういう本を読んだし、映画も見たんだけどね。

《戦争と人間》は、冷静に振り返ればイデオロギー小説で、特に映画になると、その傾向が強かったように思う。完全に、反日反戦映画だった。当時の日本でそういう映画がもてはやされるということは、アメリカもずいぶん喜んだことだと思う。実際に私はその影響を強く受けた。

だけど、家族はじめ身の回りの人たち、広範な読書体験やその他いろいろなことのおかげで、時間はかかったけどバランスを持ち直した。10年くらいかかったかな。ずいぶん時間がかかったな。

戦争っていうのは相手のある話で、相手を考えてみたところで、まともな国なんてない。

“中国”っていうのは何?当時、どこに“中国”なんていう一つの政治勢力があった?朝鮮はグズグズで自分の足で立つこともできない状態。ロシアは世界の共産化を狙うという、悪の権化。女子供まで根絶やしにしてインディアンを抹殺したアメリカは、やはり日本相手なら非戦闘員への攻撃も全くためらわない非道の国。この間のラグビーのワールドカップを見ても、イギリスが世界に何をしてきたか、よく分かろうってもんじゃないか。オランダはよく日本軍の捕虜への対応を批判するが、自分たちがインドネシアを植民地としていたことは思い出せないのか。

日本はいろいろな点において稚拙だった。しかも、いまだにその稚拙さを引きずっている。

戦後、日本がやるべきことは、なぜ戦争を避けることができなかったのか、なぜ負けたのかを徹底的に検証することだった。戦勝国の都合によって組み立てられた間違った前提に立っては、その検証は不可能だ。だから、いまだに行われない。

澤地さんの動機には憎悪がある。憎悪を原動力に世の中を変えようとする姿勢は、はたから見ると気持ち悪い。その発言は、さまざまな口に出せないほどの思いをした人々を代弁しようとして、その人たちをまた違うところへ誘っているように私には思える。・・・もちろんこれは、あくまでも私のものの見方。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事