めんどくせぇことばかり 『∞小鍋』 SHIORI
FC2ブログ

『∞小鍋』 SHIORI

立冬は11月8日だったのか。

柏木山に登った日だ。意識すらせずに過ごしてしまった。だけど、時候の挨拶で言うと、晩秋、暮秋、深秋とならんで、秋の範疇。先日は、奥武蔵の山々で見事は紅葉を楽しんだ。あれから一週間、木々はもう葉を落としたろうか。

標高の低い奥武蔵では、山頂と言っても展望の効かない山もある。しかし、木々が葉を落としたあとは、周囲の山々が見えるのだ。低山は、これからが旬。

秋の範疇と入っても、先日から寒気が入って、ひときわ寒くなってきた。身体が冬の準備に入ってる感じだな。ということなら冬晴れを期待したいところだけど、なぜか先日から雨の混じったはっきりしない天気。こういうのを“さざんか梅雨”というんだそうだ。

それにしてもこの寒さ、ちょっと高い山なら雪かな。

こんだけ寒けりゃ、やっぱり鍋。ということで、鍋の本。“∞”っていう8が横になってるのは何だろう。具合が悪くなって入院でもしたんだろうか。なんて8の心配をするのは、暇を持て余した私くらいのもんだな。これは“無限”を表すマークだ。

「小鍋」が無限だってことなんだけど、なにが無限かって言うと、バリエーションが無限ってことだそうだ。バリエーションが無限ということは、どんなスープ、又はだし汁で、どんな具材を、どんな工夫で入れて食ってもいいってことになってしまう。

・・・でも、「なんでもいい」ってことになると、この手の本は成立しなくなっちゃうよね。そこには、天地創造以前の混沌があるばかりで光すらない。つまりはすべてが闇鍋になる。巨人の星の青雲学園野球部の闇鍋はひどかった。カエルやスリッパ、下駄まで入っていて、箸に架けたら絶対に食わなきゃいけないっていう恐るべき闇鍋。・・・そんなものが食えるか!

だから、本当の意味合いで“無限”ではない。この本に紹介されているのは、下の目次にあるようなテーマに沿った73種の鍋だけど、著者SHIORIさんの言いたいところは、さらにこれらのレシピにも縛られてほしくない。さらにどんどん工夫してみてねってところでしょう。


『∞小鍋』    SHIORI

講談社  ¥ 1,210

好きなものを好きなだけ!だって、ひとりから楽しめる小鍋だから! とにかく気楽に♪
1 大胆アイデア鍋
2 旅する鍋で世界旅行
3 定番を制するものは鍋を制する!!
4 魅惑のあんかけ倶楽部へようこそ
5 癒やしのほっといたわり鍋
6 ぜいたくぅ~鍋
7 放ったらかしでコトコト


寒くなってきて、もちろんのことながら、朝食には温かいみそ汁が欠かせない。朝食なので、あくまでみそ汁なんだけど、それを除けば、なんだかこの本に紹介されている“小鍋”たちにきわめて近いように思うところがある。

食事は連れ合いと二人だから、六人家族のときと違って、一番小さい両手鍋で作る。ほんの少し残してしまうのが嫌なので、塗のお椀で二杯分の水を計って入れる。水の出やすい具を使うときは、水の量を最初から加減する。

心がけているのは、できるだけ動物性タンパク質を入れるようにしていること。肉の場合、豚肉・鶏肉が中心で、あまり牛肉は入れませんね。これは個人的に牛肉はなんでだか食べつけてないってだけのこと。肉団子、鳥のつくね、イワシのつくねもいいね。お手軽なのは練り物で、ちくわ、かまぼこ、カニカマ入れても美味しいです。魚も入れます。鮭やたら、塩サバ入れてもうまいです。

例えば、昨日買い物に行ったらロシア産の塩たらを一切れ100円で売ってたのを買ってきた。それを4つに切り分けで味噌汁に入れました。塩気が出るので味噌はほんの少しにした。合わせたのは豆腐と春菊。味噌味の湯豆腐って感じだったな。

例えば、少し分量を増やした両手鍋をそのままテーブルに出して、中の具を食べた跡、その出汁で素麺でも食ったら、さぞうまかろうと常々思っていた。・・・でも、そんな事をしたら、朝ごはんと言うよりも、朝鍋になってしまう。何か間違って一杯飲んでしまったら、それで一日が終わってしまう。

それはそれでいいかも知れないが・・・。

各種類の肉や魚、それからそれらの加工品って、冷凍庫に入れて保存することが多い。朝使う量ってほんの少しなので、それらを買ってきたら、かなり小さな小分けにして保存している。そうするとね。本当に、その時々の思いつきで、思いの外美味しい味噌汁になるんです。

シメにうどん、ラーメン、素麺、そば、それとも雑炊にしましょうか。とりあえず、明日の朝のみそ汁は、さつま揚げかな。さつま揚げにはキャベツが合うかな。




関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事