めんどくせぇことばかり 『一宮の秘密』 戸矢学
FC2ブログ

『一宮の秘密』 戸矢学

山を崩して団地にしたり、ゴルフ場にしたり、最近は山の木を切り払って太陽光パネルを並べるという東京電機大学なんて大学まである。

私の住む埼玉県東松山市は台風19号で被災した。早俣、川辺など、おそらく古くから水害と闘ってきたであろうと思われる地名を持つ場所が、残念ながらこの台風で被災地になった。そこはハザードマップにおいても、危険が明示されていた。

古くから人が住んでいる場所でもそういうことがある。だけど、それらの地域に隣接して、新たに街が作られた。それらの中にも被災した家がある。古くからの住宅に並んで、まるで昨日今日作られたような、真新しい家も被災していた。

小さな子どもを抱えた若夫婦の家だ。その家を手に入れるために、どれだけのお金を払っただろう。ハザードマップで危険が明示され、地元の人間が手を出さない土地に家を建てるのに、業者はいくらの金を払ったんだろう。

この本を読んで思った。

古代日本の信仰は、そのほとんどが神奈備に発している。山岳、森林、巨岩を神の依り代として信仰するのが、神社信仰の原型なんだ。明治になって、政令によって、ほぼすべての神社に鏡をご神体として祀るように強制されたけど、それは《記紀神道》だと著者の戸矢さんは書いている。そして《記紀神道》は、山岳、森林、巨岩を神の依り代として信仰する《古神道》とは違う。たしかに《記紀神道》の成立は8世紀初頭だろうからね。


『一宮の秘密』    戸矢学

方丈社  ¥ 2,035

最も古き神々の痕跡を残す「一宮」を訪ね、縄文から続く日本人の精神文化を探る
一章 畿内の神々
賀茂社  大神神社  枚岡神社  住吉大社
二章東海道の神々
真清田神社  富士山本宮浅間大社  浅間神社  寒川神社
氷川神社  安房神社・玉前神社  香取神宮・鹿嶋神宮
三章 東山道の神々
日吉大社・南宮大社(仲山金山彦神社)  諏訪大社
一之宮貫前神社(抜鉾神社)・二荒山神社(補陀落神社)
志波彦神社鹽竈神社・都々古別神社(八槻都々古別神社)
鳥海山尾大物忌神社
四章 北陸道の神々
白山比口神社・雄山神社 若狭彦神社・氣比神宮・氣多大社
五章山陰道の神々
出雲大神宮  籠神社  粟鹿神社・宇倍神社  出雲大社(杵築大社)
六章 山陽道の神々
伊和神社・中山神社  吉備津神社  厳島神社(伊都岐島神社)・住吉神社
七章南海道の神々
日前宮(名草宮)(日前神宮・國懸神宮)  大麻比古神社  
田村神社・大山祇神社・土佐神社
八章西海道の神々
宇佐神宮  鹿児島神宮  宮崎宮・高良大社  西寒多神社・阿蘇神社






それでは、その起こりは縄文にまで遡るという《古神道》において、人々が祈念したものとは一体何だろう。

日本列島は、大陸プレートと海洋プレートがぶつかる場所にあり、なんと地球を覆う10枚のプレートのうちの4枚までがひしめく場所にある。今朝もラジオが緊急地震速報を流していたが、それが常態で、定期的に大地震に見舞われるという宿命を背負っている。

それはどの程度の規模で、いつ起こるのか、分からない。分からないことにおいては現代人も縄文人も同じだが、縄文人はそのメカニズムも知らない。祈るしかなかったのだ。

延喜式神名帳に記されているような古社、すでに1100年以上前からそこに鎮座しているわけだが、その場所は地震とはほとんど無縁だったという。地震で倒壊したことがないんだそうだ。かつて、この列島に住むものは、そのような“聖地”を見つけ出すことが出来たようだ。

日本列島はフォッサマグナという巨大断層で東西に真っ二つに分かれている。さらにこのフォッサマグナと交差するように東西の列島を縦断しているのが中央構造線である。フォッサマグナと中央構造線が交差している場所に出来た断層湖が諏訪湖である。人々は大地の怒りを静める役割を諏訪大社に託した。

中央構造線は茨城県と千葉県の境目から熊本県と鹿児島県の境目まで続くという。そのライン上に、常陸国一宮鹿島神宮、信濃国一宮諏訪大社、三河国一宮砥鹿神社、伊勢神宮、紀伊国一宮丹生都比売神社、紀伊国一宮伊太祁曽神社、紀伊国一宮日前宮、阿波国一宮大麻比古神社、肥後国一宮阿蘇神社、薩摩国一宮新田神社が並んでいるんだそうだ。

遙か昔からそこに鎮座しているこれらの神社は、「荒ぶる神を鎮めるために建っている」と戸矢さんは言うが、古代の日本人は、一体何を知っていたのだろう。

それを知ろうとすることは、平然と山を崩し、森を切り開らき、危ない土地を他人に売りさばく今の日本人には、無理な話か。




《覚え書き》

磐座(いわくら)
祭祀の時に神霊が降臨する岩石。
磐境(いわさか)
石の集合によってもうけられた場所。
神籬(ひもろぎ)
神は常緑樹の森に降臨するとされるところから、その森をかたどったものを言う。家を建てる際に行い地鎮祭のとき、更地の四方に竹を立てて注連縄を巡らし、中央に盛り土をして榊を立てる。これが神籬である。つまり神籬は仮設の神社と言うことだ。
神奈備(かんなび)
際だった存在感を示す山岳そのものを示す場合もあるが、磐座、磐境、神籬を含めて、神の降臨地、依り代を意味する。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事