めんどくせぇことばかり 『歴史への遺言』 渡部昇一
FC2ブログ

『歴史への遺言』 渡部昇一

渡部昇一さんが亡くなって2年半か。

実は、渡部さんには大恩がある。私は意識して人を近寄らせないようなところがあって、同時に自分から人に近寄っていくのが嫌いだ。もちろん、必要があればする。しかも、自分で言うのもなんだけど、人の間合いに入るのがかなりうまい。でも、平素はそれはしない。

だから必然的に、私の師は本であった。

高校の頃から左翼系の思考に引っ張られた。だんだんいい歳になってきて、行き詰まった。暗中模索から抜け出せたのは、渡部昇一さんの本のおかげだった。だけど人間関係もあって、そちらの組織と縁を切るまでには、また時間がかかったけどね。渡部さんの本を、渡部さんを師と仰いでもう四半世紀になる。

編集後記の最初にある。
『渡部昇一先生は日本を愛し、日本人であることに強い誇りを持っていた。それだけに、戦後GHQ(連合国軍総司令部)の手で植え付けられ、左翼マスコミによって広められた「日本罪悪史観」を見過ごすことができず、そうした歪んだ見方を正すべく、長い間、「日本の主張」(いいかえれば、日本人として知っておくべき歴史の真実)を繰り返し説いて止むことがなかった。』

そう、まさに私は、GHQの手で植え付けられ左翼マスコミによって広められた「日本罪悪史観」に踊らされた。分別のつくいい歳になって行き詰まった頃は、とても大変だった。歴史教員だからね。いくらイデオロギーで飾り立てようと、嘘は嘘。渡部さんが、そんな「日本罪悪史観」を見過ごすことが出来ず、日本人として知っておくべき真実を繰り返しといて止むことがなかったおかげで、私は本当のことを知る勇気が持てた。


『歴史への遺言』    渡部昇一


ビジネス社  ¥ 1,650

歴史というものは虹のごときものである。近くによれば、その正体は水玉にすぎない
第一章 「重要史書」解読
「リットン報告書」は日本を批判していない
満州国は日本の傀儡国家ではなかった
東條英機「宣誓供述書」はマッカーサーの証言と一致する
第二章  日本のこころ
「古事記」は神話と歴史が地続きであることを証明している
「令和」命名者・中西進氏の誤謬
日本文化は自然に感謝する文化である
第三章  歴史の見方
歴史は「虹」に似ている
朝日人・杉村楚人冠は「朝日」の体質を見抜いていた
団体が変わっても不動だった「天皇」の本質
真の戦闘者・徳森蘇峰


それなりに人間関係を作ったから、それからも苦しかった。言い合いにもなり、飲みに行っては皿が飛んだこともある。人間関係はどんどんちぎれた。組織を抜けるまでにはさらに時間がかかった。それなりの責任を果たして、抜けた。残ったのは、イデオロギー抜きで付き合える関係だけだった。

イデオロギーを捨ててからは、歴史の授業は、とてもやりやすくなった。本当のことを言っていればいいんだから。だけど、学校ってところは、ここのところ日教組の力は弱まっているものの、色合いとしては、いまだにリベラルが強い。日本史の教科書なってひどいもの。はっきり言って、嘘が書いてある。

なぜそれが嘘と言えるのか。・・・例えば、一番わかりやすい例の一つが、《日本は無条件降伏した》ってやつ。生徒にポツダム宣言の本文を提示して、それを否定した。

“あちら”の方から、「授業を見せてくれ」というのもあった。もちろん見せてやった。何にも言わずに帰って行った。その後も何度か、「授業を見せてくれ」と言ってくる“あちら”の方がいたが、それ以降は、「ただで?」とお聞きすることにした。こちらから見にに行ってやろうかと思ったが、めんどくさいからやめた。

こっちからは一切動かなかった。正味で、授業を参考にさせて欲しいという若い人もいた。請われれば応じ、どういう風に授業を展開すればいいか語り合った。質問されるのは、だいたい専門の世界史についてだったが、それは大変楽しい時間だった。年齢差は25歳くらいあったと思うが、ほぼ同じ地平でやり合えた。

教員として歴史の授業をしていた時は、とにかく歴史を面白いものと捉えられるように教えることを心がけた。“歴史は虹のようなものである。それは近くによって、くわしく見れば見えるというものではない。近くによれば、その正体は水玉に過ぎない。”・・・だから、ほらほら、こっちに来て、ここから見てみ。ほらあそこ、虹が出てる。

私の声は大きくない。それほど多くの人の耳には届かない。でも、きれいな虹が見られるようになった奴も、何人かはいるかもしれない。

渡部昇一先生のおかげです。


 


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

良き軌跡だった

お久しぶりです。一昨年の、渡部昇一さんの訃報から早二年半になるのですね。
齢を重ねるにつれ、拙者にとっても時の経過が 少しは早く感じられる様になったこの頃です。

恐れながら、渡部さんの著作はまとまって拝読した事がありませんが、新聞や
雑誌などの記事は覚えがあり、拙者も同氏から「考えるヒント」を賜った一人と
自覚しております。

「国想う、故に我在り」のお言葉は、今も拙脳裏に突き刺さっており、貴方同様
、若輩の頃 左傾思考に靡いていたのを軌道修正するきっかけとなったお一人
である事は、今も謝意を新たにする所です。

徐々に冷え込み、寒暖差も大きいこの頃。引き続いてのご健勝をお祈りする次第。
インフルエンザなども流行の折、拙者も留意して参ります。「インフルに、馬鹿も
利口もあるもんか」ですから。笑 年内ラストでしたら、どうか良いお年を。

HAKASE(jnkt32) さま

思うところあって訪問履歴を残さないようにしたら、訪問してくれる人も激減しました。にもかかわらずブログを覗いてくださり、なおかつコメントをいただき、誠にありがとうございます。

「この人の書いたものなら」と待ち望んだ本を読めなくなると言うことは、なんだか、心にぽっかり穴が開いたような気持ちにさせられるものです。そんな思いを、この先どれだけすることになるんでしょうか。

失ったものを懐かしむとともに、今あるものを大事にして暮らしたいです。

一年で一番寒い時期を迎えます。お身体ご自愛ください。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事