めんどくせぇことばかり 『スゴい!埼玉うどん王国宣言』 永谷晶久
FC2ブログ

『スゴい!埼玉うどん王国宣言』 永谷晶久

子どもの頃は、夕ご飯には必ずうどんがついた。

生まれ育った秩父は土地柄稲作には不向きな土地だったので、そういう習慣が根付いたのだろう。夕方、ご飯の準備が始まると、母親に言われてうどんをこねた。買い物を言いつけられるのは嫌いだったが、家での仕事をするのは嫌じゃなかった。母は大きな鍋におつゆを作って、たくさんの野菜をいれておく。そして、私がこねたうどんを切って、次々に鍋に放り込む。そのまま食べるので、おつゆはとろみがついて熱々だ。《おっきりこみ》という。冬場は大体これだった。

まず、残らない。たまに残ったら、翌日これを温めて、ご飯にかけて食べると、とてもうまい。おっきりこみ丼だな。

子どもの頃はよく風邪を引いたんだけど、少しくらいの風邪っ気なら、おっきりこみを食べてそのまま布団に潜り込めば直った。高校くらいからはほとんど風邪も引かなくなったが、一人暮らしをするようになって、久しぶりに風邪を引いたとき、寒気をこらえてうどんを打って、おっきりこみにして食べた。案の定、翌朝には直っていた。

こねた生地を寝かせるなんて上品なことはしなかった。母は忙しく麺を伸ばし、たたんで切った。それでも手間がかかったらしく、そのうち生地のままセットして、取っ手を回せば麺になって出てくる製麺機を買った。これを買ったことで、私の仕事はうどんの麺を打つ全行程に拡大した。

さて、『スゴい!埼玉うどん王国宣言』 という本だ。

埼玉県が《うどん王国》であることに疑いはない。徳島がどうのという話ではない。互いに持っている文化の奥深さは尊重し合わなければならない。

ただし、問題がある。埼玉と限定するとうどん文化の本質を見誤ることになりかねない。なにしろ群馬県だってそうなのだ。群馬県だって《うどん王国》と言ったってちっともおかしくない県なのだ。このことは、重大だ。

本質は、北関東小麦粉文化だ。

埼玉県北部と群馬、実は食文化において、そこに境目はない。埼玉県北部は荒川を遡って秩父につながり、秩父は信州にもつながっている。共通するのは山を背後にしていることで、食料生産には何かと苦労してきたと言うことだ。端的に言えば水田を広く構えることが難しく、畑で麦を育てた場所だったと言うことだ。山間部ではそれすら難しく、麦がそばになる。


長野のお焼き、群馬の焼きまんじゅうなんかも、そんな小麦粉文化圏の工夫された食生活だな。




大空出版  ¥ 1,100

「うどん県」香川県への挑戦状!? 埼玉県は知られざる「うどん王国」だった
元AKB松井咲子が最高な一杯に出会った
埼玉うどん基礎講座
埼玉県が誇る25種類のうどんがこれだ!
食べたいうどんがココにある!
北東エリア 北西エリア 南東エリア 南西エリア 秩父・長瀞エリア
山田うどんのココがスゴイ 


秩父では《たらし焼き》というのを食べた。粉を水で溶いて、フライパンで焼く。それだけだ。具は・・・、記憶にない。祖母に焼いてもらって味噌を挟んで食べた。行田の方に行くと《フライ》というのがある。これはネギが入っていた。ソース味だった。おそらく、それが利根川沿いに伝わって、江戸川に入り、もんじゃ焼きになったんだろう。

群馬から北関東というと、明治の日本経済を支えた大養蚕・生糸産業地帯でもある。富岡製糸場ほかで生産された生糸は八高線で運ばれていく。秩父もそうだった。私の母が若い頃は、蚕の雄雌を見分ける免許を持てば、女でも食いっぱぐれることはないと言われたそうだ。高崎はじめ、鉄道沿いから集められた生糸は八王子を経て横浜へ運ばれ、そこから海外に運ばれていった。

非常に共通性の高い文化圏を、何も埼玉、群馬とわけて考える必要はない。是非ここは、北関東小麦粉文化圏として捉えてもらいたい。

埼玉のうどんの食い方は25種類ほどあるようだ。ただ、最近のものが多い。麺に何かを練り込んだものなんかは、新しいものだろう。秩父では、冬場、《おっきりこみ》をよく食べたことは上に書いた。秩父のうどんとしてもう一つ紹介されているのが《ずりあげうどん》。

《ずりあげ》と呼んでいたが、これを出している店があるのに驚いた。店で出すようなものではない。家族や、ごく親しい者だけの時、一つの鍋でうどんをゆでて、そこからうどんを引揚げて、生醤油につけて食べる。

「めんどくせぇから、今日は《ずりあげ》すべーや」と言って食べるものなのだ。これを店で出すとは、さらに食う客がいるとは驚きだ。

うどんの名店といわれる店が紹介されている。いくつかは入ったことのある店だった。これをもとに、連れ合いとうどん巡りもいいかもしれない。

最後に埼玉を代表する優良企業《山田うどん》。時々、「山田とどん」と言う奴がいる。・・・わざとね。

近くにある山田うどんが台風19号で被災して以来、ずっと店を閉めている。再開を待ちわびるのは、私だけではないはずだ。

頑張れ、山田とどん!




関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事