めんどくせぇことばかり 『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』 ワタナベマキ
FC2ブログ

『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』 ワタナベマキ

スイミングに通ってる連れ合いが言う。

まあ、おばさん同士の会話だな。ご亭主が定年退職して家にいる。・・・うちもそうだ。連れ合いは10時頃でかけて昼過ぎに帰ってくるんだけど、おばさんたちが、これから帰ってご亭主のお昼を作るという話だ。「ああ、まったく何作ろう。夜も考えなくちゃ行けないんだよ」とか言って、プンプン帰って行くんだそうだ。

ごはんを作るって、義務化すると苦痛になるらしい。

しかも、子どもなら自分の好きで作ったんだから仕方がないが、これがその子どもを一緒に作ったご亭主のためとなると、“仕方がない”と自分を納得させるのも難しいようだ。長年連れ添うと、そうなるんだな。うちのだって、きっとそうだ。ただ違うのは、私の方がお昼ごはんを作って、スイミングから帰ってくる連れ合いを待っているということだ。

・・・自分が料理好きで良かった。

今、連れ合いが、朝ごはんを食べている。起きてくるのが遅いから、私は先に食べてしまった。今朝は、もちろんご飯にみそ汁。みそ汁は菜の花と豆腐。おかずは、ネギ入りの炒り卵、キノコの酢醤油煮、納豆、焼き海苔、漬物。

めんどくさいなんて思わない。私に有り余るもの、それは暇だ。

今日のお昼は、昨日、連れ合いが安売りで買ってきた生ラーメン。図書館に行くついでに、もやしでも買ってこよう。

さてこの本、材料二つで作った炒め物を、ごはんにかけて食べる。そういう料理の本。簡単でおいしいってことだな。それは良いことだ。

まったく、家というものがぶっ壊されて、家族というのが夫婦と親子だけになってしまった。その中で一日三度、どんな形にせよ、人間はご飯を食べる。その大半を“母”なり“妻”なりの役割をになう者が賄うことになれば、これは大変だ。今の世の中、“母”であろうが、“妻”であろうが、大半が働いているんだからね。





主婦と生活社  ¥ 1,485

フライパン1つでささっと作れる、ごはんにかけるシンプル&ボリュームおかず
肉炒め
豚肉 鶏肉 ひき肉 牛肉
魚炒め
魚 シーフード
卵炒め
豆腐 油揚げ 厚揚げ炒め
缶詰 練り物 乾物炒め


私も昨年度までは働いていて、昼ごはんは準備室で調理して食べた。時間があれば、米も炊いた。なければ、アルファー化米だ。これは災害時用の50人前のやつ。必ず期限切れになるから、勤務先で期限切れになったやつをもらってた。

おかずは、実はこの本の考え方と同じ。鍋に何かしら作って、ごはんにかけて食べる。麻婆豆腐であったり、肉もやし炒めだったり、鶏肉の卵とじであったり。私は、“材料2つでごはんにかける”ってのに近いことをやってたんだな。

味付けも変えてた。準備室にはいつも、塩、醤油、味噌と、それからコンソメ、オイスターソース、マヨネーズとかを置いてた。鶏肉とブロッコリーのマヨネーズ炒めなんてうまかった。

ボンカレーかけて食べるとか、そういうレトルトものを温めてかけて食べるとか、ラーメンライスとか、・・・そういう手もよく使ったけどね。

目次見てもらって分かると思うけど、「肉と野菜を炒める」というのが多い。でも、それで飽きないように、さまざまに組み合わせを変えている。かつ、味付けをいろいろに工夫しているところが、大きな特徴だな。さらに、そこに味のアクセントになるものが加わってくる。香辛料や、紫蘇とかね。あと、漬物を加えて炒めたりしている。ザーサイ炒めとか、高菜炒めとか。

作り方・・・というか、考え方だね。基本的にみんな同じ。何と何をあわせて炒めるか。それにどう味をつけるか。それだけ。その味つけってところが気になると思うので、そこだけ、一部、書き出してみよう。

高菜炒め、甘辛炒め、豆板醤炒め、八角炒め、ゆず胡椒あんかけ、ザーサイ炒め、青じそ炒め、マスタードクリーム炒め、ガーリック炒め、明太子炒め、チーズ炒め、実山椒炒め、バター炒め、カレー炒め、・・・

そう、ある程度、その味つけの部分を舌に覚えさせれば、もう完全に冷蔵庫にあるものだけで、どんな事態にも対応できそうだ。

さて、もやし買いに、図書館に出かけよう。


関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事