めんどくせぇことばかり 弓立山から大築山 寒かった~
FC2ブログ

弓立山から大築山 寒かった~

ほぼ一年前に歩いた道。2月の下旬に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに悩まされながら歩いた。

この間、急な坂道でチェーンアイゼンを着けたら、とても歩きやすかった。このコースの中に、ほとんど藪漕ぎしながらの急な登りがあって、前回登ったときは、大変苦労した。ときがわ町の大附地区から六万部塚に向かう道。・・・道はないけど。そこでチェーンアイゼン着けたらどうだろうと思って、行ってみることにした。

また、越生町役場に車を置かせてもらって、駅に行き、駅から出ているイーグルバスでときがわ町に向かう。せせらぎバスセンターの一つ前、ときがわ町第二庁舎で下車。ここから弓立山に向かう。登り口の桃木まで向かう途中、部活の朝練かな。まだ早い時間に、都幾川中の生徒が学校に向かう。女の子に「おはようございます」と挨拶され、私もご機嫌で「おはよう」と返す。
IMG_6111.jpg (都幾川中学校の裏手の道から、朝日に赤く染まる弓立山)

IMG_6112.jpg  (山頂は木が払われていて、景色が良い)

IMG_6113.jpg (木製の弓立山マップ 林業の町らしい) 

それにしても今朝は寒い。長袖の下着に、シャツ、フリースにヤッケを重ねても、まだ寒い。八幡神社の裏手が登り口。登りはじめて、ようやく暖まってきた。
IMG_6114.jpg (八幡神社 この裏手が登り口) 

実はこの日、ずっとこの状態が続く。下りや平坦な場所を歩いているだけでは寒いくらい。登りでようやくぽかぽか。下りや平坦でも、小走りにすると暖まる。

男鹿岩では、はじめて下に回り込んで、正面から写真を撮って、山頂へ向かう。ここの山頂の絶景は良い。開けているのは東側で、関東平野が全部見える。北側の視界が広いのが、ここの良いところ。
IMG_6118.jpg  (男鹿岩。正面から見るとこうなる)

IMG_6119.jpg (寒いけど、今日は恵まれた)

   

先日、棒の嶺から見た男体山や日光白根が、ここからも見える。だいぶ近い分だけ大きく見える。その左には木が伸びているが、かろうじて谷川も見えた。何度も来ているが、今日が一番だな。寒い思いをしたからこそか。
IMG_6120.jpg (太郎山・男体山・女峰山 この間よりもでかい)

IMG_6121.jpg  (日光白根 この間よりもでかい)

IMG_6122.jpg (谷川岳 何でこんなによく見える?) 


写真に撮らなかったことが悔やまれるが、まるしんハンバーグを焼いて、まるしんハンバーグサンドにして食べた。これは、うまかった。
IMG_6123.jpg (まるしんハンバーグサンド食いながら) 

IMG_6124.jpg (大附への下山 二度目にロードに出たところで、左側に戻るとカーブにこの標識がある。標識の正面のガードレールの裏側が下山路)

IMG_6125.jpg   (登山道を湿すピンクテープが隠れている)

IMG_6127.jpg (さらにロードに出たら、今度は右へ。すると写真に写るお宅の庭先、玄関先を通ってここまで下りてくる) 

さて、六万部塚に向かう。大附という集落までいったん下りる。川から急に立ち上がる尾根があって、その尾根を詰めた先に六万部塚がある。おそらく正規のルートではないんだろう。なんせ、塚の裏側に出ちゃうんだから。取り付きもはっきりしないし、尾根上にも、今は道があるわけではない。
 
チェーンスパイクを着け、取り付きを探してしばらく迷走。いったん川に下りて取り付くんだけど、支流に入ったところに取り付きがあるのを忘れてた。しかも、取り付いてしばらく、・・・早くも道を失う。
IMG_6130.jpg (取り付きは河原から。でもなかなか見つからない) 

 
もういい。無理矢理薮をこいで尾根に上がる。どうせ道は無くなるんだ。思った通り、こういうところではチェーンスパイクは強い。前回の苦労がウソのように登り切った。
IMG_6131.jpg (ようやく取り付いて、無理矢理尾根に上がってもこの状態)

IMG_6133.jpg (振り返っても、この状態) 

IMG_6135.jpg (やったー!六万部塚到着) 

予定外だけど、上谷の大楠をピストンした。六万部塚の急坂を楽に登ったので、心にゆとりがある。さらに大築山に向かう。
IMG_6137.jpg ( 大楠 近づきすぎて、大きさが捉えられない)

IMG_6138.jpg(鉄塔真下には入れた)

IMG_6140.jpg   (馬頭観音 なぜか三面。しかも、憤怒の表情)

IMG_6142.jpg (西行杉の分岐、予定を変えて、帰りに見て 行こうかな)

小築山を過ぎたところで北西側が開けた。「堂平山と笠山が登場。おお、天文台もよく見える」なんて思ってたら、右手に日光白根。あれ、双耳峰は燧ヶ岳だ。弓立山では見えなかったのに。標高はあまり変わらないから、微妙に位置が変わったことで見えるようになったようだ。ここから遠方の山々を見たのも、やはりはじめて。寒い思いをしたからこそ。
IMG_6143.jpg (堂平山と笠山。天文台もよく見える)

IMG_6145.jpg   (双耳峰・・・燧ヶ岳だ)

IMG_6146.jpg (今度は大築山から あれが弓立山 さっきの鉄塔も見える)

大築山からは、西行杉を見て、麦原に下山し、登山靴を脱いだ。
IMG_6148.jpg  (西行杉は、西行が弁当を食べて、地面に指した箸が、この杉らしい)

IMG_6149.jpg (樹齢800年か?) 

IMG_6150.jpg (この橋、・・・渡ってね)

IMG_6151.jpg  (今日の道具)

いや、まだその先がある。12:09のバスを逃すと、14時代までバスがない。バスには間に合わない。前回と同じく、大高取山を越えて越生町役場を目指すしかないようだ。登山口で、もう一度登山靴を履こう。
IMG_6153.jpg (飛行機雲をいくつも見た。冬型が終わるのかな)

IMG_6154.jpg   (大高取山。あれを越えて越生の町に入る)

IMG_6155.jpg (越生のマンホールは梅。越生は梅の里。梅祭りは2月15日から) 

IMG_6156.jpg (無名戦士の墓と越生神社の中間点に下山。良い道だった) 

無事下山。今日は寒かった~!
この日歩いたのは、以下のようなコース。
弓立山・大築山





関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事