めんどくせぇことばかり 槇寄山から浅間峠まで、笹尾根を歩いてみた
FC2ブログ

槇寄山から浅間峠まで、笹尾根を歩いてみた

11日の建国記念の日には、冬型の気圧配置が緩んでくるという。

今の寒さはたしかに本格的、ようやくの寒波だけど、その前には立春を待たずに春のような陽気の日もあった。11日以降暖かくなっても、そこから三寒四温が始まるものと信じるが、今回のような本格的寒波が、今後もあるかどうか。

ということで、冬を惜しんで、10日に奥多摩を歩いてきた。奥多摩と言っても、今回向かったのは、まだ脚を伸ばしてない檜原村。

冬に入って雪は降ったが、今回の寒波の前のポカポカ陽気であらかた溶けた。それ以来降ってないから、山には残っていても、里にはない。道も大丈夫そうなので助かる。

5時半に車で自宅を出発。武蔵五日市から奥に入った上川乗バス停すぐのところに、村営の無料駐車場がある。そこに車を置かせてもらって、6時51分発の“数馬行き”のバスを待つ。

数分遅れで到着。乗り込むと、私の他に乗客はなし。下車したのは仲ノ平バス停。この間の料金は400円。身なりを整えて出発。槇寄山を目指す。

バス停の少し先から始まって、適所に道標があり、登山口まで導いてくれる。最後は民家の軒先から登る。道標がなければ二の足を踏むところだ。

しばらく登って、暖まったところで、ヤッケのうちに来ていたフリースを脱ぐ。7日は、一度も脱がなかった。その分、今日の方が暖かい。道は良く踏まれていて歩きやすい。最初こそ暗い林を歩いたが、まもなく急坂ながらも尾根歩きとなる。

やがて右手が開け、樹林越しながらも向こうの山が見える。三頭山手前の大沢山か、三角形のピラミッド型の山としばらく併走する。左手には時折、大岳山が樹林越しに見えていたのだが、途中尾根から外れたところできれいな姿を見せてくれた。いつもの左肩上がりの山型が右肩上がりだ。・・・ちょっとした違和感。
IMG_6161.jpg (大沢山の向こうに三頭山が見えてきた)

 IMG_6162.jpg (大岳山がくっきりきれい。右手につながるのは馬頭刈尾根か) 

高度を上げると雪が出てくる。ところどころ凍っているが、アイゼンなくても大丈夫。・・・大丈夫ではあるけれど、神経を使うくらいなら着けちゃった方が楽。・・・着けた。やっぱり楽。
IMG_6163.jpg ((笹尾根は、尾根の少し北側を歩く道が多く、丸山までは結構凍っていた) 

北斜面を上がってきたから、西原峠がとても明るい。槇寄山はここからわずかに三頭山側。

槇寄山到着。うわっ、でっかい富士山。これなら西原峠ですでに見えていたはず。気がつかなかったけど、気がつかなくて良かった。
IMG_6164.jpg

IMG_6165.jpg 

IMG_6169.jpg  

IMG_6166.jpg (マルシンハンバーグサンド これはうまい 富士山を見ながら食うと余計うまい) 

今日歩く浅間峠までの道で、一番山頂らしいのは槇寄山。ここから歩く尾根は、ずっと右手に富士山と一緒だけど、クリアに見えるのは前半だけ。時間を取って楽しんでおいた方がいい。特に槇寄山では、富士山が体の中に入ってくるまでいると良い。・・・私は先に行く。
IMG_6170.jpg 

IMG_6171.jpg  (少し歩いた先からの富士山 クリアーに見えたのはこれが最後 正面はおそらく権現岳)

笹尾根は、浅間峠に向かっては、基本的に下り基調。気持ちの良い道、ゆっくり歩きたい。
IMG_6172.jpg (これじゃ見逃す  笹ヶタワノ峰)

IMG_6175.jpg (笹尾根の笹尾根たる由来の場所はここか) 

IMG_6179.jpg (土俵岳からの大岳山)

IMG_6180.jpg  (土俵岳からの御前山 だいぶ見え方が変わってきた)

IMG_6181.jpg (土俵岳は北側の展望がいい。南は残念)

IMG_6182.jpg  (日原峠 笹尾根は峠が多く、武州と甲州をつないでいる)

IMG_6184.jpg (浅間峠の東屋が見えてきた)

IMG_6185.jpg IMG_6185.jpg  (ラーメン作ってるところ)

IMG_6186.jpg (浅間峠ラーメン 切り干し大根入り 連夜の鍋物で野菜がなくなって。・・・これが意外とうまい)
 
浅間峠から上川乗バス停まで下る。これが、急峻な斜面につけられた細い道で、単調に長く続く。仲ノ平から槇寄山を選択して良かった。
IMG_6187.jpg (浅間峠からの下山路 大木に囲まれたお社が・・・)

IMG_6189.jpg  (あの橋を渡って、ほぼ下山完了)

この日、やはり冬の風が吹いていた。

この日歩いたのは、以下のようなコース
槇寄山~浅間峠地図




関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事