めんどくせぇことばかり 自分らしく『大放言』 百田尚樹
FC2ブログ

自分らしく『大放言』 百田尚樹

そう言えば、この間読んだ『未踏の野を過ぎて』の中で渡辺京二さんも書いていた。“自分らしく”とか“自分らしさ”という言葉が、どれだけ日本の若者を苦しめていることかと。

言ってやりたいね。「そんなことわざわざ考えなくなって、お前はお前の顔で、お前の声だよ」って。


他の者とは違う個性を求められ、「自分らしさは何?あなたらしさはどこにあるの?」なんて問われた日には、目の前でパンツを脱いで、嬌声を上げて走り出すしかなくなってしまう。

だけど、今の世の中は、腹になにがしかの企みを隠して、若い人たちに“自分らしさ”を問うてくる。

だから、百田尚樹さんの言うように、“自分を探すバカ”が出てきてしまう。自分の顔っていうのは、鏡をのぞきでもしないと
自分では見えない。だから近くにいる人の方が、よくその顔を見ている。

顔だけじゃない。他人の自分に対する評価を総合すれば、それはまず、その人間の等身大を表わしている。その評価が気に入らなくて、「自分を誤解している」と感じるなら、それは自分の方が勘違いしている可能性が高い。あるいは、「まだ自分の本当の姿を見せていないので、人はそれを知らないのだ」と感じるなら、「本当の姿を見せていないあなた」こそ、まさに本当のあなた。

そんなあなたが、「自分探しの旅に出る」と言ったら、私なら止める。止めて、探すまでもなく、あなたの“自分”はちゃんと私の目の前にいることを教えてあげる。“あなた”がどんな人間であるかを教えてあげる。あなたはどこにも自分を落としてきてしまったりしていない。“中国”に行っても、インドに行っても、パプアニューギニアに行っても、そこに落ちている自分を見つけられるはずがない。

中田英寿が「“新たな自分”探しの旅」に出たのは、サッカー選手として生活してきたこれまでとは違う、新しいお金の使い方している自分を模索しに行ったのだ。“お金”と言ってしまうと生々しいから、ちょっと言葉を削ってみたに過ぎない。

若者たちの“自分探し”は中田英寿とは違う。貯金が底を突いたら帰ってきて、“自分探し”に出かける以前よりも、おそらく条件の悪い仕事を探すことになる。


『大放言』    百田尚樹


新潮新書  ¥ 836

思考停止の世間に一石を投じる論考集。今こそ我らに「放言の自由」を!
第1章 現代の若きバカものたちへ
第2章 暴言の中にも真実あり
第3章 これはいったい何だ?
第4章 我が炎上史


若い人たちを迷わす言葉は他にもある。

「子どもたちには無限の可能性がある」

これほど無責任な言葉も珍しい。「できる」とは言っていないからだ。「できる・・・かもしれない」と言っているのだ。だから、どうしろとは言わない。言ってしまっては、責任を負わなければならない。言わないが、言外に語っているのだ。やらないのは、あるいは、やらせないのは、「意気地がないからだ」と。

「やれば出来ると思っているバカ」も、この本の中で取り上げている。

これもまずい。テレビでもちょくちょく見る有名漫才師のお兄さんに、勤務していた高校に講演に来てもらったことがあった。「君たちはやれば出来る」とさかんに言っていた。「ああ、言っちゃった」と思って聞いていたが、《みんなやれば出来る子や》って、わざわざ色紙に書いて置いて行った。

「やっても出来ないかもしれないが、やらなければ出来るはずがない」が本来で、せいぜい「やれば出来る・・・かもしれないから、やってみようか」ってところかな。

「あきらめなければ夢は叶う」

これを言う人は、罪深い。あきらめないことは、夢のかなえるための必要条件であって、それだけで夢が叶うわけではない。論理的に間違っている。こんな言葉を真に受けたら、ある女性と結ばれる夢を抱く男性は、確実にストーカーになる。

「自分に向いた仕事は他にあると思っているバカ」にも百田さんは手厳しい。

たしかに世の中には、好きなことをやって、それが仕事になったひともいる。しかし、それを仕事にした以上、そこには人知れないつらいこともあるに違いない。まあそれでも、好きなことを仕事に出来たと言うことは幸せなことだ。

ところがそれらの成功者の中に、ときどき、愚かにも、「好きなことを見つけて、それを仕事にすべきだ」と若い人をたぶらかす人がいる。

それは例外的なことで、珍しく幸せなことだ。通常、好きなことをするために、人は金を払う。人が嫌がるつらい仕事を引き受けるから、金を得ることが出来るのだ。そしてそれは、好きなことを仕事にしている人の仕事以上に、世の中を支える尊いものなのだ。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事