めんどくせぇことばかり 桜『日本の心を旅する』 栗田勇
FC2ブログ

桜『日本の心を旅する』 栗田勇

今年は花が早い。

関東でも各地から、桜の開花の声を聞く。一週間で五分咲きだという。十日で七分というところだろうか。あとは、その時期の陽気によりけり。

埼玉県のへそを自称する東松山市では、まだ開花の声を聞かない。この週末でちょうどかな。一週間で五分、十日で七分となると、それが3月30日。あとはこの時期の陽気によりけりとなると、孫の入学式に向けて、やきもきした日々を過ごすことになりそうだ。

春の心はのどけからまし

新型コロナウイルスに振り回される世界。致死率も、決して低くはない。しかし、歴史の中で人々を絶望に追い込んだいくつかの伝染病には、比べるべくもない。繰り返し繰り返し人類を苛んだそれらとは違い、比較的短い時間で対応し、終息に向かわせることができるだろう。

直に平穏を取り戻しても、私たちはこの伝染病の世界的蔓延と、それに伴う社会機能喪失の危機から、必ず学び取っておかなければならないことがある。

第一に、それらの新たな病気が発生する場所は限られているということ。サーズの発生は2002年、たったの18年前のことだ。新しい伝染病が発生する場所として、“中国”はその可能性の大きな場所だということだ。

第二に、一旦事があれば、白人は容易にアジア人に差別の目を向ける。

第三に、韓国に理屈が通じると思ってはいけない。





春秋社  ¥ 時価

私たち日本人の“こころ”と“いのち”。その本当の煌きとは。新たな“生”の息吹に向けて
Ⅰ 色はにおえどーこころの旅路
Ⅱ 美と無常を生きる
Ⅲ 書ー宇宙の声を聴く
Ⅳ 聖と旅する



おそらく、短期間で収束すると私は信じるが、それでも、それまでの間、絶えなければならないことはいろいろあるし、あきらめなければならないこともある。

そのうちの一つが、花見の宴だ。

都で桜の宴が始まるのは『伊勢物語』のころからだそうだ。

古代から万物生成の大神大山津見神の娘で春と豊穣の神木花佐久夜毘売が桜の木に依り降ったとされ、桜の木の下は聖域となり、祝宴が行われてきた。今日の「お花見」の源流であるという。

降臨したニニギノミコトは、木花咲耶姫を見初めて求婚し、大山津見神がともに差し出した石長姫を断って、寿命を持つことになる。

やがて散りゆく桜に木花咲耶姫が依り降ったことは、それ故に意味深い。限りある命故に、生きることは尊い。生ききった命ならば、散るのもまた美しい。

花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜の咎にはありける 西行
昔たれかかる桜の花を植えて 吉野を春のやまとなしけむ 藤原良経
吉野山こずえに花を見し日より 心は身にもそわずなりけり 西行
春風の花を散らすと見る夢は さめても胸のさわぐなりけり 西行
ねがわくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃 西行
散る花を惜しむ心やとどまりて また来ん春の誰になるべき 西行
散る桜 残る桜も 散る桜 良寛
世の中に絶えて桜のなかりせば 春のこころはのどけからまし 在原業平
散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき 在原業平




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事