めんどくせぇことばかり 『熱源』 川越宗一
FC2ブログ

『熱源』 川越宗一

新型コロナウイルスには、参りますね。

うちの方の小学校の卒業式も中止にすると、今さっき(23日)、区長会の連絡網で回ってきた。卒業式を翌日に控えて、ギリギリの判断であったようだ。卒業生たちも可哀想ではあるけれど、その分きっと、何か良いことで、あなたたちの人生が埋め合わされることを、おじさんは信じているよ。

この『熱源』という本を読むことになったのは、全くの偶然。何しろ私が買った本じゃない。連れ合いの本。しかも、たまたま身近に真新しい本がなかったので、ここ数日間、連れ合いが熱心に読んでいたこの本をペラペラめくってしまっただけのこと。

だいたい、『熱源』という題名からでは、内容は類推もできない。表紙に書かれた犬ぞりが走る様子から、“冒険”という言葉は浮かんだ。「植村直己みたいな探検家を取り上げているのかも知れない」なんていう思いもあって、ペラペラめくってしまったわけだ。

めくってみると、まずは題名と作者の名前があり、続いて目次が現れる。“サハリン”、“日出づる国”・・・、明治期の樺太が舞台かもしれない。さらにめくると、北海道と樺太を注進とした地図が現れる。ロシア領には、ウラジヴォストークも記載されている。ロシアも絡んでくるようだ。

さらにめくると、登場人物の紹介がある。ここまで来ればはっきりする。この物語は、欧米列強と新興国家日本の台頭の中で、徐々に故郷を奪われ、その存在自体を問われるようになっていく樺太アイヌの様子を描いた物語だ。

即座に、頭に浮かんだ本がある。

それは、船戸与一の『蝦夷地別件』。1996年の本で、とてつもなく面白かった。

商人による苛烈な搾取、謂れのない蔑みや暴力、女たちへの陵辱…。和人の横暴にあえぐアイヌたちが、ついに和人に対して蜂起したクナシリ・メナシの戦いの前後を描いたものだった。



『熱源』    川越宗一


文藝春秋社  ¥ 2,035

樺太アイヌの戦いと冒険を描く、前代未聞の傑作巨編!
序章 終わりの翌日
第一章 帰還
第二章 サハリン島
第三章 録されたもの
第四章 日出づる国
第五章 故郷
終章 熱源


全権プチャーチンとの間にかわされた、日ロの最初の約束事、日米和親条約においては、千島列島では択捉島とウルップ島の間に境界が設けられた。樺太においては境界を定めず、混住の地とすることが定められた。それが安政2年、1855年のことだ。

そのあと、明治8年、1875年に千島樺太交換条約が結ばれる。この間、樺太においては、“混住”、つまりなんの定めもない中でロシアによる樺太開発が本格化していた。日ロは、再度、境界線画定のための交渉を行なうが、またも不調に終わる。両国は自国の優位を確定するため、競って移民を樺太に入れている。先住民であるアイヌにしてみれば、いい迷惑だ。事実、、日本人、ロシア人、アイヌの間での摩擦が増え、不穏な情勢になっていたという。

そこで、日本がロシアに持ちかけたのが、千島樺太交換条約であった。遠隔地である樺太でロシアと争うよりも、千島列島を確保して北海道開拓に全力を注ぐことを重視したものである。面積から、外交における弱腰を攻める意見もあるが、まずは極東の小国からの申し出を、ロシアに受け入れさせたことに大きな意味があると思う。

ロシアにしてみれば、ウルップ島から北の千島列島を確保したまま、混住地の樺太の全部を自分のものとする可能性もあったわけだ。日本は、その可能性を、ロシアにあきらめさせた。

当時、バルカン半島への影響力と黒海の制海権をめぐって、ロシアとオスマン帝国の間で長い戦いが続いていた。東ヨーロッパに食い込んだオスマン帝国の領土は、帝国の弱体化とともに、列強の間でも懸案の地となっていた。なかでもロシアの南下政策は、イギリスの覇権への挑戦という側面もあり、列強の注目を集めた。クリミア戦争はその一環であった。それが終結した平穏な時期に、ロシアは樺太開発を本格化させたわけだ。

千島樺太交換条約が調印された時期、1,875年だな。実は、ロシアとオスマン帝国の対立の地であるバルカン半島に、新たな事態が持ち上がっていた。ボスニア・ヘルツェコヴィナに住むスラブ系キリスト教徒が、ムスリムの地主による搾取に反発して農民反乱が起きていた。それはブルガリアにも飛び火し、半島全体に反オスマン帝国の機運が高まっていく。そんな時期だった。

クリミア戦争の敗北をおして、ロシアはバルカン半島への進出を狙っていた。露土戦争が始まるのは1877年だが、すでにロシアの意識はバルカン半島にあっただろう。樺太の小競り合いに決着をつけることは、バルカン半島に集中したいロシアには降ってわいた幸運だったはずだ。

そのようにして、千島樺太交換条約が結ばれる。この『熱源』は、そこから始まる話である。

「弱肉強食の摂理の中で、我らは戦った。あなたたちはどうする」 「私たちは、いや私は、その摂理と戦います。あの島の人々が持っている熱が失われないように」


『蝦夷地別件』を読んだときも思ったんだよなぁ。田沼意次の改革が続いていれば、ロシアとの関係はもっと良好な状態で始められたであろうし、松平定信時代のように、むやみにアイヌを追い詰めることもなかったろう。状況によっては、北方の諸民族の状況も大きく変わっていた可能性もあったと感じている。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事