めんどくせぇことばかり レジ袋『偽善エコロジー』 武田邦彦
FC2ブログ

レジ袋『偽善エコロジー』 武田邦彦

とってもいい人そうに見えて、実は迷惑な人ってのがいる。

その人は、環境問題に熱心な社会科の先生だった。仮にM先生としておこう。私がその人と関わった頃、はやり環境問題は森林の伐採で、木材パルプの代替資源としてケナフという植物が注目されるようになっていた。M先生はとにかく行動力のある方で、早速環境部なるものを立ち上げて、ケナフの栽培を始める。

環境教育っていうのは、・・・なんて言うのかなぁ。《神の国は近づいた》とか、《終わりの日に人は神の前に立つ》とか言って人を脅すのと同じなんじゃないかな。宗教なら、まだマシか。信徒みたいに、無理して神の実在をこじつけなくて済むわけだからね。それが環境となると、学校の先生を論破するのは、やっぱり難しいからね。

環境教育は、神より怖いということだ。

環境教育に熱心な学校の先生は、まさに神に酢かわされた使徒。M先生もそうだった。ケナフを栽培して繊維を取りだす活動を軌道に乗せたM先生は、続いて、近隣の休耕田を借り受けて、古代米の栽培を始めた。なかなか難しかったようだが、各方面からの協力もあって、徐々にうまくいくようになったようだ。・・・というのは、私ももらって食べた。なんだか赤い米で、赤飯みたいだった。

これに管理職が目をつけた。学校の売りに使用というわけだ。M先生の環境教育に理解を示し、生徒の環境に対する意識を高めた校長先生というわけだ。

ほんの数人の環境部員でやってきた田んぼが、いきなり増えた。その年、突然、校長が替わり、M先生も転勤した。広くなった田んぼが、残された。あとに残る人のことを考えず、勝手に物珍しいことを始めてしまう、はた迷惑な人だった。

やむを得ず、M先生の環境教育を引き継いだ社会科の先生は、M先生を呪った。午前3時頃、頭に乗せた五徳ののろうそくに火をつけた社会科の先生が、神社の裏手に消えていくのを見た人がいた。


『偽善エコロジー』    武田邦彦


幻冬舎新書  ¥ 814

いわゆる「地球に優しい生活」は、じつは消費者にとって無駄でしかない
第1章 エコな暮らしは本当にエコか?
第2章 こんな環境は危険?安全?
第3章 このリサイクルは地球に優しい?
第4章 本当に「環境にいい生活」とは何か


珍妙な出来事が起こっている。

スーパーとかのレジ袋の有料化が7月から始まるんだそうだ。なぜ、今、またもやレジ袋なのか、さっぱり分からない。この、武田邦彦さんの『偽善エコロジー』の中でも、最初に“レジ袋”の話が取り上げられている。・・・でもねぇ。この本、2008年に出された本なんだ。

経済産業省の言い分を見てみると、プラスチックは便利ではあるけれど、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題があるから、
レジ袋を有料化することでライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としていると、わけの分からないことを言っている。日本人を馬鹿にすることが目的と言われれば、最も納得がいくような言い分だ。

レジ袋が有料になるということを、「どうして?」って、連れ合いに聞いてみた。そしたら、マイクロプラスチックによる海洋汚染を防ぐためということになってるんだそうだ。

経済産業省が公開している説明会用資料っていうのを見ると、たしかに、《海洋プラスチックなどの環境問題を解決する一環》としてこれをやるんだと書いてある。

おかしいなぁ。『偽善エコロジー』で武田邦彦さんのがこのレジ袋問題を取り上げたとき、レジ袋が悪人扱いされている理由は、これが石油製品というところにあった。石油製品を使うことが環境に負担をかけているということで、悪者扱いされていた。温暖化対策ってことだったんだ。

それで、中には、その段階でレジ袋を有料化した自治体もある。富山県なんか2008年にそれをやってる。まだ、“海洋プラスチック”云々は、問題化していないんだ。何しろこれを、国際社会で取り組むべき問題と提起されたのは2015年だからね。

変わらないのは、レジ袋を悪者扱いするということ。その理由は、コロコロ変わるわけだ。

環境団体から悪者扱いされた被害者は、たくさんいる。ほぼ全部が濡れ衣だった。今回はどうかな。環境団体っていうのは、正直、信用していない。シー・シェパードやグリンピースも環境団体だからね。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事