めんどくせぇことばかり 調略『反日プロパガンダの近現代史』 倉山満
FC2ブログ

調略『反日プロパガンダの近現代史』 倉山満

第二次世界大戦における日本には、高度なプロパガンダはまったく感じられない。

生きることそのものがプロパガンダ、口から出る言葉のすべてがプロパガンダであるかのような“中国人”。自ら放ったプロパガンダに自分がだまされ、正義の鎧を身につけるアメリカ人。同じ枢軸国だったはずなのに、いつの間にか日本に宣戦布告しているイタリア人。あっという間にドイツにたたきのめされて、大戦中9割方、被占領状態だったにもかかわらず、なぜか五大国に食い込むフランス人。

恐るべし。おかげで日本は、彼らの付けを全部肩代わりさせられてしまった。

だけど、日本にも、このプロパガンダが飛び交った時代があったそうだ。・・・戦国時代。戦国時代と言えば合戦の時代と考えてしまうが、これは間違いだそうだ。戦いは戦いでも、真っ向から力でやり合う合戦はまれなことで、戦いは基本的に間接侵略とプロパガンダ。合戦に至ったとしても、それは最後のセレモニーで、そこに至るまでの間接侵略とプロパガンダで勝負は決する。

この間接侵略とプロパガンダを合わせて、戦国時代はこれを調略と読んだそうだ。調略と言えば、豊臣秀吉か。この本の著者、倉山満さんに言わせると、信長、秀吉、家康の中で、秀吉こそが本物の天才だそうだ。倉山さんは例をあげて論証するのがうまい。この間は、“ウルトラマンエースに出てきた悪魔怪獣ヤプール人を改心させる”という話を取り上げていた。

それに続いて今度は、三人の性格の違いを表したホトトギスの俳句を取り上げた。鳴かないホトトギスを、“殺す”信長、“鳴かす”秀吉、“待つ”家康。・・・たしかに、天才は秀吉だ。




アスペクト  ¥ 時価

国内外の反日勢力が仕掛ける情報戦&謀略戦に負けないために知っておきたいこと
はじめに  ――もう反日プロパガンダには騙されない!
第一章 現代日本を取り巻くプロパガンダ
第一節 歴史問題
第二節 アメリカのプロパガンダ
第三節 中国のプロパガンダ
第四節 朝鮮のプロパガンダ
第二章 プロパガンダが得意だった戦国日本人
第一節 戦国時代の基本はプロパガンダ戦
第二節 織田信長
第三節 豊臣秀吉
第四節 上杉謙信
第五節 毛利元就と徳川家康
第六節 石原莞爾と武藤章
第七節 世紀のザル法! 特定秘密保護法
第三章 近代日本のプロパガンダ
第一節 強力だった明治の外交
第二節 明石元二郎
第三節 石井菊次郎
第四節 満洲事変 プロパガンダ戦敗北まで
第五節 正論が通らなくなる謎
第四章 世界史におけるプロパガンダ
第一節 四面楚歌が世界最初のプロパガンダ?
第二節 異教徒を改宗させる宣教委員会
第三節 イギリスを世界大戦に勝たせた近代プロパガンダ
第五章 反日プロパガンダに勝つ方法
第一節 ユーゴ紛争にヒントがある
第二節 外国人参政権
第三節 「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」の戦い
第四節 アベノミクス vs. 日銀の死闘






調略渦巻く戦国時代。

東奔西走の末、信長は、どうやら戦国時代を終わらせる目星をつけつつあった。そのさなかに起こった本能寺の変。その時、極めて重大なプロパガンダが仕掛けられていたんだな、これが。

大河ドラマ『麒麟がくる』。久し振りに大河ドラマを面白がって見ている連れ合いの隣で、ついでに見ている私だが、明智光秀を中心に、信長、秀吉、家康が錯綜するが、その切り口がずいぶん新しそうで、期待している。

秀吉は中国方面司令官、柴田勝家は北陸方面司令官、滝川一益は関東、丹羽長秀は四国。なのに明智光秀は京都周辺に留め置かれたことから、信長から能力を認められていなかったなんて説があるらしいけど、倉山さんの言うとおり、一番便りにしているやつをそばに置いておくに決まってるよね。

あの段階で、信長は光秀が裏切るなんてことは、100%想定していなかったと言っていい。なにしろ、謀反を知ったとき、信長はまず、息子の信忠の裏切りを考えたらしい。

光秀の裏切りを知った信長が、「是非に及ばず」と言ったそうだ。信長は何を思ったものか。ものによれば、「仕方がない」という人がいる。さらに進んで、「ああ、やっぱり」という人もいる。いずれも、光秀の裏切りを心のどこかで“あり得る”と思っていた場合に出る言葉だ。

これはあり得ない。信長にとって光秀は、まさに親衛隊。だからこそ、そこにいたんだから。それが裏切ったと聞いて「是非に及ばず」であれば、「こりゃ、終わったな」だろう。

しかしそこで、信長は最後の謀略に出る。遺体を隠すと言うこと。僧侶が持ち去ったという説があるが、一番簡単なのは、本能寺に火をつけて他の遺体と判別できないようにすること。遺体を持ち去るとか、燃焼し尽くす必要はない。信長の遺体が特定できなければそれで十分。

秀吉はそれを生かした。「信長さまは生きている」とプロパガンダを流しまくって、光秀に味方する者を牽制した。案の定、光秀は仲間を集められず、秀吉に討たれる。

その後、織田家の天下を乗っ取るまでのプロパガンダも見事なもの。まさに、鳴かないホトトギスを、秀吉は天才的調略で鳴かしたことになる。

さて、『麒麟がくる』。いったいそのあたりを、どう描いてくれるのか。ここで易きに走ったら、私はもう、二度と大河ドラマを見ないかも。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事