めんどくせぇことばかり 1)文在寅の与党大勝で「親日賞賛禁止法」 自由な歴史解釈を禁じる“言論統制”  2)コロナ後は「中国」が独り勝ち? 武漢から190万人移動に第2波の懸念も…
FC2ブログ

1)文在寅の与党大勝で「親日賞賛禁止法」 自由な歴史解釈を禁じる“言論統制”  2)コロナ後は「中国」が独り勝ち? 武漢から190万人移動に第2波の懸念も…

デイリー新潮

「共に民主党」など文在寅政権の与党系が300議席中180議席を獲得するという歴史的大勝を収めた、4月15日投開票の韓国国会総選挙。新型コロナウイルス騒動の渦中に行われた選挙ながら、主要な争点に掲げられたのは、コロナではなく、この国ならではのあのテーマだった。

韓国在住ジャーナリストの金昌成氏によれば、
「共に民主党系が掲げたのは“親日勢力の清算”。これにより選挙期間中、候補者たちはこぞって“反日”をアピールしました。日本車のレクサスを所有していることが命取りになった候補者もいたくらいです」

そんな“反日”選挙で革新系の与党が大勝し、今後の韓国政界は、反日政策が目白押しになるのだという。
「なかでも現在、韓国保守系の知識人らが非常に恐れている法案があるんです」

その名も「親日賞賛禁止法」。読んで字のごとく、日本を賞賛する行為を禁止する法律なんだとか。
「慰安婦問題や、日本の植民地支配時代の歴史を“歪曲”することを禁止しているのですが、要は、政権が了とする認識以外での歴史解釈を禁ずるというもの。これに違反すればマスコミや評論家はおろか、ネットに書き込みをした一般人でも、懲役2年以下または2千万ウォン以下の罰金を科されてしまう」

民主主義国家とは思えぬ言論統制だが、こんな法案が本当にまかり通るのか。

「2018年の12月に国会に提出されていて、現在も法案として生きている状態。対日独立運動家の遺族会である『光復会』という圧力団体が今でも強烈に推進しており、今回の選挙期間中に光復会が行った候補者アンケート調査では、実に97%の候補者が法案の成立に賛成と答えています。『共に民主党』が大勝した以上、再び国会で議論されることになるのは間違いありません」

コロナよりよほど恐ろしい反日病である。


デイリー新潮

世界中の感染者は300万人を、死者は20万人を超えた。この有史以来稀に見る疫禍について、アメリカは、武漢のウイルス研究所に起因する“バイオハザード”との見方を強めている。他方、元凶である中国は虎視眈々と世界覇権の奪取を目論んでいた。

家醜不可外揚――。

中国に伝わる諺の意味するところは、〈身内の恥を外に晒すな〉である。

都合の悪い事実は闇に葬るという彼の国の姿勢は、今回のコロナ禍においても一貫している。

評論家の石平氏が言う。

「武漢では昨年12月から新型コロナウイルスの感染が広がっていました。後に新型肺炎で命を落とす李文亮医師らが、SNSを通じて“原因不明の肺炎”の脅威を告発したものの、中国当局は“デマを流布した”として彼らを訓戒処分。国民に対しても情報を隠蔽し、感染の実態を公表しませんでした。とりわけ中国が罪深いのは、1月20日まで“ヒトからヒトへの感染”を認めなかったことです」

結果、武漢がロックダウンされる1月23日までに500万人もの市民が武漢から逃げ出している。

「こうした人の流れが感染を拡大させたことは間違いありません。昨年末の時点で中国が感染の実態を公表していれば、世界各国で対策が講じられたはず。人為的な隠蔽工作で多くの人々の命を奪った責任は重大で、世紀の犯罪と呼んでも過言ではありません」(同)

そんな中国に対し、ここに来て、改めて厳しい視線が注がれつつある。それは、コロナの発生源が当初言われた海鮮市場ではなく「武漢ウイルス研究所」だったのではないか、という疑惑が浮上しているからだ。

外信部記者によると、

「3月に中国外務省の趙立堅・副報道局長が“米軍が疫病を武漢に持ち込んだ”とツイッターに投稿し、アメリカに責任を転嫁しようとした。以降、発生源を巡って米中の激しい応酬が続いてきました。そうしたなか、アメリカはコロナの発生源として“武漢ウイルス研究所”を名指しするようになったのです」

トランプ大統領の最側近であるポンペオ国務長官も、〈中国政府も当初、この研究所を疑っていた。中国政府はいまだにこの研究所に対する外国の科学調査を拒んでいる〉と非難。アメリカ政府として現地調査を要求しているのだ。

この件が取り沙汰されるようになった背景には、4月14日付の「ワシントン・ポスト」が報じた“外交電報”の存在がある。

同紙は、2018年に在北京の米国大使館が、本国に向け2度に亘って“警告”を発信していたことをスッパ抜いたのだ。

その内容を概説すると、まず同年1月、米国大使館が科学担当の外交官を武漢ウイルス研究所に派遣。この研究所は、病原体レベル4(P4)を扱える世界最高水準の安全性を誇る実験室を備えている。

同紙が入手した外交電報には、〈汚染レベルが極めて高い研究施設を安全に運営するために必要な、適切な訓練を受けた技師と調査官の不足が深刻である〉と、防疫態勢を危惧する内容が記されていた。問題は、この研究所の石正麗という女性研究員が、コウモリのコロナウイルスに関する研究に携わっていたことだ。

「中国のネット上では1月頃から“石氏の研究チームがコロナウイルスを生成して、流出させた”という噂が飛び交っていた。彼女は否定していますが、疑惑を払拭できていません」(同)

先の外交電報でも、石氏が研究していたコウモリ由来のコロナウイルスが、〈人間に感染して、SARSに類似した疾病を引き起こす可能性がある〉と指摘されているのだ。

「彼女のチームの研究はあくまでもSARSに類似したパンデミックのメカニズムを解き明かして、それを防ぐことが目的です。ホワイトハウスも彼らが生物兵器を開発していたとまでは考えていない。ただ、アメリカがこの研究所をコロナの発生源として疑うのは理解できます」(同)

実は、武漢の国際空港では昨年9月に突然、大規模な防災訓練が行われ、しかも、“飛行機の乗客に新型コロナウイルスの感染が確認された”設定だったという。中国は何かを察知し、数カ月後に発生する事態を予見していたのだろうか。また、武漢にはこの研究所以外にも、ウイルス研究に携わる“疾病管理予防センター”が存在する。

「中国側がこうした施設とコロナとの関係を否定するなら、海外からの検証チームを招き入れて、徹底的に調査させるべきです」(同)

しかし、武漢は中国支配の及ぶWHOによる、通り一遍の調査を受けたのみ。WHOが“問題ナシ”としたと、中国は他国の検証チームの受け入れを頑なに拒絶している。

いまだ疑惑の“渦中”にある武漢は、しかし、今月8日に2カ月半に及ぶロックダウンが解除されると、息を吹き返したかのような盛況ぶりを見せている。

同市の胡亜波副市長は、中国中央テレビのインタビューでこう豪語する。

〈ゴールデンウィークに武漢へ遊びに来ることに問題はないはずだ。皆さんが武漢へ来ることを歓迎する〉

同時に、封鎖が解除されてからというもの、空路や鉄道、自動車などで武漢を離れた人々は約190万人にのぼるという。前出の石平氏が危惧するには、

「事実上の終息宣言を出したものの、中国はウイルスに完勝したとは言い難い状況です。何より、無症状感染者が多く存在しているはずで、武漢からこれほどの人数が移動すれば第2波は避けられないと思います」

李克強首相が主宰するコロナ対策会議も〈ゼロを追求するために隠蔽や漏れがあってはならない〉と、無症状感染者の管理徹底を各地方政府に厳命した。

明らかに“第2波”を警戒してのことだろう。

産経新聞台北支局長の矢板明夫氏によると、

「当の中国人も感染の封じ込めに成功したという政府発表を鵜呑みにしているわけではありません。確かに工場や飲食店は再開されましたが、共産党幹部が一堂に会する全人代はいまだに開かれない。さらに、北朝鮮やロシア、台湾という中国を知り抜いた隣国は中国からの入国規制を解いていません。こうした状況が変化しない限り、中国人は“安全”とは信じないでしょう」

他方、このところ、「コロナ後は中国の独り勝ち」との予測もよく耳にする。

「弱者を切り捨て、人権を無視できるので経済活動の立ち直りも早い。これが中国の怖いところです」(同)

すでに3月後半から中国本土での店舗営業を再開した“ルイ・ヴィトン”は売り上げが大幅に回復。前年同期比で1・5倍近い伸びを見せているという。百貨店やブランドショップがシャッターを下ろしたままの日本と比べれば、その差は歴然としている。

また、世界各国がコロナ対応に追われるなか、“コロナ後”の覇権争いを見据えた中国の動きには目を見張るものがある。シグマ・キャピタルのチーフエコノミスト、田代秀敏氏によると、

「コロナ禍はアメリカの安全保障能力を揺るがしています。実際、米軍が太平洋に展開する空母4隻では感染者が続出し、出動不能状態に陥っているのです」

事実、その間隙を縫って、尖閣沖ではこれみよがしに中国の公船がコロナ禍のいまも領海侵入を繰り返している。さらに、

「今月14日にはデジタル人民元のテスト運用が始まりました。原油先物の決済通貨はドルですが、イランはアメリカからドルの利用を止められ、原油輸出が困難になっています。ベネズエラ、ロシア、サウジアラビアも、いつそうなるか分からない。そうした各国が世界最大の原油輸入国である中国に奨められれば、デジタル人民元に乗り換える可能性は否定できません。一方、コロナワクチン開発でも中国は安全性をチェックする第1段階を終えて、効き目を確かめる第2段階に進んだと発表しています。生命にかかわる病はイデオロギーよりも切実なので、いくら中国が嫌いでも、ワクチン開発に成功したら頼らざるを得ません。そうなれば中国は米国の覇権をさらに弱体化させるでしょう」

自らが世界中に蔓延させたウイルス禍で焼け太りする中国に我々の“生死のカギ”を握らせてはなるまい。

関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事