めんどくせぇことばかり 連れ合いに山つつじを見せに
FC2ブログ

連れ合いに山つつじを見せに

*電車やバスなど公共交通機関を使った登山は避ける
*家族以外のメンバーとのグループ登山は避ける
*山小屋など3密を伴う登山は極力控える
*高齢者が多く、医療施設や医療機器も不足する地方の現状を踏まえ、都道府県をまたいでの移動や
 登山は控える
*山で大怪我をして医療の負担となってしまわぬよう、危険がある山やコースは避ける

もともと地元の低山歩きに、なんの文句もない。今は、ワクワクドキドキは我慢する。だけど、感染者が増え始めた頃から、地元の低山(奥武蔵)に人が増え始めた。平日なんて、いつもなら人なんてほとんどいないのに、今はけっこういる。週末はずいぶんいる。

連れ合いと一緒のお散歩も、できるだけ人のいない場所を選んで歩いている。さすがにこの先のGWは、地元の低山も、おそらく密になる。だからその前に、お散歩。毛呂山総合公園に車を置かせてもらって、鎌北湖まで歩いてみる。帰りは宿谷滝の方に回ってみようか。

毛呂山総合公園に着いたら、車がけっこうたくさん止まってる。歩き始めると、他にも鎌北湖に向かう人がいる。GWは始まってるんだもんね。

一週間前、鎌北湖の東側の尾根を歩いてみたところ、山つつじはそろそろ見頃というところだった。あの尾根まで上がる道は、うんと細いし、藪こぎもあるんだけど、「山つつじが見られる」という餌で誘って、そちらに向かった。

結果的には楽しめた。先週よりもつつじも花を開いていた。尾根の細いところは時間をかけて、連れ合いは下りが遅いんだけど、私も一緒に時間をかけて歩いた。
 2020430_200430_0004.jpg 2020430_200430_0003.jpg  

水のない鎌北湖には行かずに、宿谷滝に向かった。こちらには人がいた。でも、幸運にも滝は二人だけで楽しめた。気温が上がり、登りでは汗をかいたが、ここに来たらスーッと引いていった。
2020430_200430_0007.jpg

2020430_200430_0009.jpg

宿谷滝からは、舗装道路を毛呂山総合公園に向かった。

*途中にある『さいたまゴルフクラブ』から、どんどん車が出てくるんだけど、そのナンバーは、《多摩、八王子、八王子、多摩、足立、多摩、多摩、八王子》だった。・・・都民の方々だった。

この日歩いたのは、以下のようなコース。
 地図 飯盛山  


関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事