めんどくせぇことばかり 封鎖下の日々をつづった「武漢日記」、海外出版で中国人作家に国内から批判
FC2ブログ

封鎖下の日々をつづった「武漢日記」、海外出版で中国人作家に国内から批判

AFP BB NEWS

中国の著名な作家・方方氏(64)は、自らが暮らす武漢市が世界から隔絶されると、故郷で繰り広げられる新型コロナウイルス流行の悲劇についてオンラインで日記を書き始めた。

2010年に中国で最も権威ある文学賞を受賞した方方氏の「武漢日記」は、数千万人の読者を引きつけた。しかし数か国語に翻訳され、海外出版されようという段階になった今、中国国内で国家主義的な反発に直面している。中国政府の新型コロナウイルス対策を非難している国々に格好の材料を与えたと非難されているのだ。

人口1100万人の工業都市・武漢で新型コロナウイルス感染症が初めて確認されたのは昨年12月、前代未聞のロックダウン(都市封鎖)が開始されたのは1月23日だった。方方氏はロックダウンの2日後から、武漢での暮らしを記録し始めた。

当局が中国全土への流行拡大を阻止しようと奔走する中、隔絶された武漢住民の不安や怒りを方方氏は記した。住民たちの助け合いや、部屋に日の光が差し込んだ時に感じる小さな喜びといった希望についても書いた。同時に、超満員の病院で患者が追い返されたといった政治的に微妙とされる話や、マスク不足や親戚の死についても触れた。

ある日の記録にはこう書かれている。「友人の医師から『人から人への感染があることは、実はわれわれ医者の間ではしばらく前から分かっていた。われわれは上司たちにそれを報告したが、誰も人々に警告しなかった』と聞いた」

政府から独立したメディアがない共産党独裁国家の中国で、検閲されていない武漢からの報告を読もうと、方方氏のオンライン日記に多くの人が殺到した。

しかし、SNSで著者に敵意を向ける人もいた。特に、米国が流行初期の中国の対応が透明性を欠いたために、世界は貴重な時間を無駄にさせられたと非難し、米中間で新たな外交論争が持ち上がると、方方氏への非難も増えた。

炎上をあおった海外版の宣伝

中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のあるユーザーは、方方氏にこう非難をぶつけた。「上出来だよ、方方。お前は欧米に、中国を攻撃するための弾を与えているんだ」「裏切り者の本性を現したな」

「日記を一体、いくらで売ったんだ?」と、4000人近くが亡くなった武漢の悲劇で金儲けをしていると批判する投稿もあった。

ネット上で集中攻撃を受けた方方氏は微博で、自分は国家主義者の非主流派による「ネットいじめ」の被害者だと訴えた。また中国経済誌・財新(Caixin)電子版のインタビューでは、殺害の脅迫を受け、自宅の住所をネット上でさらされたことを明かしている。

6月に翻訳版の出版を予定している米出版社ハーパーコリンズの宣伝の仕方が、オンラインでの怒りをあおった。同社はウェブサイトで、「破壊的な状況における過酷な現実が方方氏に、感染症流行への対応を阻んだ社会的不公正、腐敗、職権乱用、政治制度問題に対して声を上げさせた」とうたっていたのだった。

さらに同社はこの書籍は、「不気味さとディストピア」が混じり合っており、「独裁国家における監禁生活に対する独特の視点」を提供していると続けている。

中国の政府系大衆紙、環球時報の胡錫進編集長は、中国政府が米政府との対立で苦しい立場にある中で、海外版を出版するのは「趣味が良いとはいえない」と述べている。

「結局は、最初に方方氏を支持した人々も含めて中国人が、欧米で同氏が得る名声のつけを払うのだ」という胡氏のSNS投稿には、19万以上の「いいね!」が付いた。

また環球時報のある記事は、多くの中国人にとって「武漢日記」は「偏ったものであり、武漢の負の側面しか見せていない」とも批判している。

財新とのインタビューで方方氏は、こうした論争のせいで「武漢日記」に関心を持っていた中国国内の出版社が今は尻込みしていると語っている。方方氏は「私の日記をきちんと読んでもらえれば、感染症の流行に対し中国政府が効果的な措置を講じたことが分かるはずだ」と訴えた。

方方氏は「武漢日記」で受け取る「印税の全て」を、「闘いの最前線で働き亡くなった医療従事者の遺族に寄付する」と宣言している。
関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事