めんどくせぇことばかり ユーゴ紛争『反日プロパガンダの近現代史』 倉山満
FC2ブログ

ユーゴ紛争『反日プロパガンダの近現代史』 倉山満

《弾丸よりもキャッチコピー、優れたキャッチコピーはミサイルよりも威力がある》

これはすごい。あれはプロパガンダだったんだ。なんだか胡散臭いとは思ったけど、やっぱりプロパガンダだったんだ。

だけど、それによってミロシェビッチは最悪の独裁者にされた。一連のユーゴスラビア紛争における戦争犯罪人として身柄を拘束され、獄中で命を落とすことになった。

セルビアが国際的に孤立し、経済制裁によって国民の生活を困窮させ、すべての戦争に負けたことでセルビアの利益を損なった。コソボ紛争ではNATOの空爆まで招き、領土まで失った。その最大の責任が、ミロシェビッチにあるとされた。それがプロパガンダのものすごいところなのか。

ミロシェビッチはアメリカで銀行家をやっていて、経済合理性の分かる親米派だったという。アメリカにしてみれば、このミロシェビッチをうまく使えば、あんな最悪な状況になることは防げたんじゃないかと思うんだけど、その時のアメリカ大統領はクリントンだったんだよね。不幸な巡り合わせというか。

ユーゴスラビア紛争に顔を出してくる一連の政治家たちの中では、一番の真人間がミロシェビッチだって倉山さんは言っている。・・・“あれでも”一番だって。つまりは、その他のやつが、・・・クリントンはじめ、ひどすぎるんだって。

たとえば、クロアチアのトゥジマンはナチス崇拝のファシストで、トゥジマン時代のクロアチア人の家庭にはヒトラーの正造が掲げられていたという。ウスタシャの話が出てくるんだけど、これは知ってた。ナチスの傀儡国家と呼ばれたクロアチアのファシズム団体。だけど、そのあまりの残虐さにSSが逃げ出したとか、ヒムラーがヒトラーに帰国を嘆願したとか。

ユーゴスラビア紛争の始まりは、真っ先に独立戦争を仕掛けたスロベニアだった。そのスロベニアのクーチャン大統領、仕掛けるに当たって、クロアチアをたきつけて、トゥジマンを腰抜け扱いしたそうだ。

トゥジマンや、ボスニアのイゼドベゴビッチは、チトー時代から民族運動をやってる札付きで、ミロシェビッチは逆に、過激な民族主義を警戒する側だったようだ。





アスペクト  ¥ 時価

国内外の反日勢力が仕掛ける情報戦&謀略戦に負けないために知っておきたいこと
はじめに  ――もう反日プロパガンダには騙されない!
第一章 現代日本を取り巻くプロパガンダ
第一節 歴史問題
第二節 アメリカのプロパガンダ
第三節 中国のプロパガンダ
第四節 朝鮮のプロパガンダ
第二章 プロパガンダが得意だった戦国日本人
第一節 戦国時代の基本はプロパガンダ戦
第二節 織田信長
第三節 豊臣秀吉
第四節 上杉謙信
第五節 毛利元就と徳川家康
第六節 石原莞爾と武藤章
第七節 世紀のザル法! 特定秘密保護法
第三章 近代日本のプロパガンダ
第一節 強力だった明治の外交
第二節 明石元二郎
第三節 石井菊次郎
第四節 満洲事変 プロパガンダ戦敗北まで
第五節 正論が通らなくなる謎
第四章 世界史におけるプロパガンダ
第一節 四面楚歌が世界最初のプロパガンダ?
第二節 異教徒を改宗させる宣教委員会
第三節 イギリスを世界大戦に勝たせた近代プロパガンダ
第五章 反日プロパガンダに勝つ方法
第一節 ユーゴ紛争にヒントがある
第二節 外国人参政権
第三節 「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」の戦い
第四節 アベノミクス vs. 日銀の死闘






六つの共和国が七つに割れた、ユーゴスラビア紛争。

六つが七つ?

スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェコビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、コソボ、・・・本当だ。いつの間にか七つになってる。

いつの間にかってのはよくないね。だけど、当初、心底心配してたユーゴ紛争なんだけど、徐々に戦場と戦っている者たちが変化していって、その変容にこっちの頭がついていかなくなっていった。ついには、「ああ、なにかとドンパチやってるところね」という状況になってしまった。・・・恥ずかしながら。

もとはといえば、ソ連という共通の的に掲げていた武器が、そのソ連が勝手に潰れて以降、昨日までの同じユーゴスラビア国民に向けられるようになって、ボスニア・ヘルツェコビナみたいなセルビア人、クロアチア人、ムスリム人混住の地域では同じアパートに入っている者同士でひどいことになって・・・。

イスラム教徒がやられた強制妊娠施設では、女を拉致し、強姦して妊娠させ、中絶できない時期になったら解放するようなマネをしてたんだそうだ。もちろん、やられた側はやり返す。そうしてやった側、やられた側、生まれた子ども、その家族たち、そういう人たちが、紛争が収まった今、同じ街に住んでいる。貧乏だから、街を出ることもできない。

そんな状況なわけだから、誰が悪い、彼が悪いという話じゃない。そういう話じゃないんだけど、最も忍耐を迫られるのは、最大勢力のセルビアだったってことになる。実際、セルビア共和国の中でも、コソボのアルバニア人が暴れてもセルビア人は忍耐を強いられた。

それでもセルビアは軍事的にも力があったから、やり合ってもクロアチアやボスニアには負けない。ところが、彼らがアメリカやNATOを巻き込んで空爆しろと声高に叫ぶ。

その時、ボスニア・ヘルツェコビナは、アメリカの広告代理店を巻き込んでいたそうだ。私が覚えているのは、「エスニック・クレンジング」という言葉だ。これは、戦争広告代理店によって生まれた歴史に残るキャッチコピーなんだそうだ。「セルビアは民族浄化をやっている」、セルビアを空爆しろ!

ユーゴスラビア紛争は、キャッチコピーはミサイルよりも強いことを知らしめる出来事だったわけですが、そんな話が明るみに出たのは、イゼトベゴビッチが広告代理店の料金を踏み倒したからなんだそうです。





関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事