めんどくせぇことばかり 『危機にこそ ぼくらは甦る』 青山繁晴
FC2ブログ

『危機にこそ ぼくらは甦る』 青山繁晴

「予が諸君よりも先に、戦陣に散ることがあっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。いま日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対し涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし。」

硫黄島守備隊の総指揮官であった栗林忠道中将は、1945年3月25日、部下たちに上記のような訓示を与え、翌26日朝には攻撃の先頭に立って戦死する。

アメリカ軍の艦船が硫黄島に姿を見せたのは2月16日。上陸軍をしきするホーランド・スミスは、「占領は五日で終わる」と豪語した。

まずは、徹底した艦船からの砲撃を三日間続け、日本軍の火砲を沈黙させてから上陸を開始。守備隊は上陸部隊に集中砲火を浴びせて、4人に1人を死傷させるという打撃を与える。しかし、物量に勝る米軍は、上陸作戦開始から四日ですり鉢山に星条旗を立てる。

米軍にしてみれば、占領作戦はほぼ完了と思ったろうが、栗林中将と守備隊の兵士たちの共通する思いは、最後までゲリラ作戦を続け、少しでも本土への攻撃を遅らせ、少しでも米軍を消耗させるというものだった。

2月16日に始まった戦いは6日どころか30日を超えた。2万人いた守備隊の兵士も数を減らし、いよいよ1000人を切った。残された部下に上記の訓示を与えた翌朝、400人の兵士の先頭に立って米軍野営地に攻撃をかけ、米兵170人とともに、栗林中将は硫黄島に散った。

栗林中将は部下たちに、「日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対し涙して黙祷を捧げる日が、いつか来る」と言ったが、大変残念であるが、まだその日は来ていない。

栗林中将はいみじくも、“いつか来る”と言っている。「日本国民が諸君の霊に対し涙して黙祷を捧げる」とは言い切っていないのだ。栗林中将は、日本は壊滅的な打撃を受け、もとのように復活するには相当の時間がかかると考えていたのだろう。

その通り、日本は壊滅的な打撃を受け、それ以上に米軍の占領によって国を作りかえられてしまった。徹底した洗脳で、祖先につながる物語を塗り替えられてしまった。

硫黄島の守備隊は、米軍による本土攻撃までの時間稼ぎをしてくれただけではない。特攻や、沖縄での戦いも合わせて、日本と戦う上での米軍の覚悟を変えた。曲がりなりにも日本が、日本として戦後世界にその地位を確保できたのは、それらの戦いで散っていった人たちの犠牲によるものに他ならない。

しかし、まだ、・・・




扶桑社新書  ¥ 968

半島危機、トランプ現象・・・世界は喘ぎ、ぼくらは潜在力を爆発させる
次の扉を開こう
独立
正憲法
ジパング・デモクラシー/日本型民主主義
光の道
あとがきに代えて
その後のぼくら―新書としての再生に寄せて
危機を生きる
危機を笑う


その作りかえられた国と、塗り替えられてしまった物語を、戦後ずっと支えてきたのは占領軍じゃない。占領軍は、ずっと前に引揚げた。それを支えているのは、マスコミと教育界。

マスコミは知らないけど、教育界なら学校に勤めていたので、少しは分かる。青山さんも話題にしてたけど、ちょっと学校のことに触れておくことにする。

私は今年60歳になったが、その私が高校に入った頃、だから昭和50年、1975年頃だな、変わり目は。戦前にすでに人格形成を終えていた教師たちが、徐々に引退していった頃だ。それに代わって、人格形成途上で敗戦による価値観の逆転と、強烈な洗脳で、日本を侵略国家と信じて疑わない人たちが学校の主導権を握るようになっていく。

私も一時流されたが、それなりの時間はかかったが、戻ってこれた。戻る場所を知ってたしね。で、自分自身学校に勤めることになる。組合には、迷ったあげくに入った。イデオロギーじゃなくて、職場闘争がどうしても必要だったから。ところが、当時は、日教組と県教委ってのは、上の方で妙に折り合ってるところがあって、汚らわしいからやめた。まさに、♬ 右を向いても左を見ても、馬鹿と阿呆のからみあい ♬ だった。

私は歴史の教員だったけど、歴史教科書なんてひどいもんで、実は、教科書って言うのはほとんど使ったことがない。嘘ばっかりだから使えない。

私よりも若い教員は、年齢が下るとともに、作りかえられた国と、塗り替えられてしまった物語に、なんの疑問も持たない人たちになってくる。そういう人たちが学校の先生だし、それに学校の先生だけじゃなくて、八百屋も魚屋も、定食屋も居酒屋も、みんなそうなんだよね。

だけど、私は“一時流された”ことがあるから分かるけど、“塗り替えられてしまった物語”では、どうしても歴史が成立しないんだな。納得できる、この国の歴史が成立しないんだ。

つまり、多くの人たちが、いまだに“納得できない歴史”を抱えて行き詰まってるはずなんだ。彼らが求めれば、化けの皮はたやすくはげる。

私たちに必要なのは、心を揺さぶるような、本物の物語だと、私は思っている。

日本国民が硫黄島に散った守備隊兵士たちの勲功を称え、彼らのの霊に対し涙して黙祷を捧げる日が、早く来ることを切に願う。それは、今を生きる日本人にとっても、大変喜ばしいことだと思う。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事