めんどくせぇことばかり EU、中国による検閲容認 論説から「中国でコロナ発生」削除
FC2ブログ

EU、中国による検閲容認 論説から「中国でコロナ発生」削除

CNN

欧州連合(EU)は9日までに、加盟国大使らが中国紙に寄稿した論説について、中国政府による検閲を受け入れていたことを認めた。検閲後の文章では、新型コロナウイルスが中国で発生し、その後世界に広まったとする部分が削除されていた。

この論説はEUのニコラ・シャピュイ駐中国大使が27加盟国の中国大使と連名で執筆したもので、EUと中国の外交関係樹立45周年を記念して発表された。

EU代表団のウェブサイトで公表された元の文章は、「中国における新型コロナウイルス集団感染の発生と、その後3カ月での世界的な拡大」によって、既存の外交計画が難航していると指摘する内容。

しかし、中国の国営英字紙チャイナデイリーに掲載された文章では、新型コロナウイルスが中国で発生したこと、感染が世界に拡大したことへの言及が削除されている。

これについてEUの駐中国代表団は、「強い遺憾」を表明する一方、検閲された文章の掲載に同意したことを認め、理由を「多くの優先分野に関する重要なメッセージ」が含まれていたためだと説明した。

同代表団は声明で「当該メディアから、中国外務省は新型コロナの起源と拡散に関する部分を削除する条件でのみ掲載を許可するとの通知があった」と説明。EU代表団として中国外務省に異議を申し入れたことを明らかにした。

そのうえで「EUと中国には人権問題をはじめとする分野で相違があるが、我々の協力関係はこうした問題について率直な議論ができるほど成熟してきた。それだけに今回の件は一層遺憾だ」としている。
関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事