めんどくせぇことばかり エボラ『新・戦争論』 佐藤優 池上彰
FC2ブログ

エボラ『新・戦争論』 佐藤優 池上彰

武漢発の感染症のように致死率が低いと、症状が軽い場合が多く、ちょっと用事があればなんとなく外出してしまう。場合によっては、これといった症状が現れない場合もあるので、感染者が感染にも気づかずに外出してしまう。それで、世界の機能がストップしちゃうようなパンデミックになってしまった。

WHOのテドロスが、最初の情報が入ったときに、中国人の受け入れ拒否をストップさせてなければ、こんなことにはならなかっただろうけどね。

それはともかく、ここでの話題は、まずはエボラ出血熱から。“出血熱”というのは、それだけで恐ろしいね。エボラ出血熱は、あまりにも致死率が高く、しかも症状が急速に進むので、感染者が他人に移す前に死んでしまうケースが多い。そのため流行が局地的なもので押さえられていた。

この本によれば、それが今、人口密集地帯で流行するようになり、国境なき医師団も「もはや制御できない段階に入りつつある」と表明している。

何しろ致死率は90%を越える場合もあるそうだ。こりゃすごい。感染したら、まず死ぬってことだ。

自然宿主はオオコウモリで、そこから野生動物に感染する。感染した野生動物を食べたり、死体に触れたりして人に感染する。そこから人から人への感染が起こる。

そう言えば、武漢の市場でも、いろいろな生き物を売ってたそうだ。猪や蛇なんて当たり前。ワニ、ネズミ、アナグマ、ロバ、犬、猫、狐にクジャク。エボラウイルスの自然宿主と同じコウモリも売られていたそうだ。“中国”武漢周辺では、わりとあたりまえの食材らしい。

武漢といえば、春秋戦国時代の楚の国の都。と言うことは、屈原や項羽もコウモリ料理を食べたのかな。武漢周辺にはエボラウイルスを宿したコウモリはいないということかな。

潜伏期間は2日から3週間。症状は、突然の発熱、強い脱力感、筋肉痛、頭痛、喉の痛みなどに始まり、その後、嘔吐、下痢、発疹が出現する。肝機能および腎機能の異常も伴う。さらに症状が進むと出血傾向や意識障害が出現する。出血熱と呼ばれているが、出血が伴うのは1割ほど。最近はエボラウイルス病と呼ばれるそうだ。


『新・戦争論』  佐藤優 池上彰


文春新書  ¥ 913

確実にやってくる「サバイバルの時代」を生き抜くためのインテリジェンス
序章 日本は世界とズレている
第1章 地球は危険に満ちている
第2章 まず民族と宗教を勉強しよう
第3章 歴史で読み解く欧州の闇
第4章 「イスラム国」で中東大混乱
第5章 日本人が気づかない朝鮮問題
第6章 中国から尖閣を守る方法
第7章 弱いオバマと分裂するアメリカ
第8章 池上・佐藤流情報術5カ条
終章 なぜ戦争論が必要か



この本で、国境なき医師団が、「もはや制御できない段階に入りつつある」と表明したのは、2014年~2016年に西アフリカで流行したときのことだろう。ギニアで発生したエボラ出血熱が、感染者の移動でリベリアやシエラレオネに広まったんだそうだ。

感染者は、疑い例を含んで合計28616例、致死率40%だったそうだ。ということは、死者は11500人くらいと言うことか。

今回の“中国”武漢発の感染症もそうだけど、地域によって、ずいぶん致死率に違うが出る。エボラ出血熱は、この時の流行が一番大きかったらしいけど、ギニア3814例、致死率67%。リベリア10666例、致死率45%。シエラレオネ14122例、致死率28%。

アフリカの一部地域の流行に収まっていたために、欧米先進国が医薬品の開発に熱心でなかった。ただ、理由はそれだけではない可能性もある。

戦争と感染症は、歴史の中で、人口を調整する役割を果たしてきた。感染症がアフリカでとどまるものであるなら、あるいは“中国”でとどまるものであるなら、と言う意識が欧米先進国にある可能性である。

この本でも話題に載せられてるんだけど、ダン・ブラウンの『インフェルノ』は、人類の人口爆発を泊めるためのウイルス、それこそインフェルノっていうのはウイルスの名前なんだけど、これを拡散させるのをなんとかやめさせようという話だった。

欧米白人社会は、手を替え品を替えて、次々に新たな環境問題を持ち出してくる。それらの多くは空振りに終わり、ごくまれに大当たりする。鯨とか、地球温暖化とか。

私はそれらの背景に、優生思想があると思っている。そして、多すぎるのは、アフリカ人と中国人。ウイルスも、そこから外に広まらなければ、それでいい。底まで意識しているとは思わないけど、環境問題っていうのは、新たな人種問題のように思える。

富士フイルムがインフルエンザ対策として開発したアビガンという薬は、エボラ出血熱にも効果があるとして注目を浴びた。それが今、武漢発の感染症にも効果があると注目を浴びている。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

> 私はそれらの背景に、優生思想があると思っている。そして、多すぎるのは、
> アフリカ人と中国人。ウイルスも、そこから外に広まらなければ、それでいい。

↑ なるほど!
「ヒトの天敵はヒトだった」ということですかね。

いつも、すばらしいテキストを拝見させていただき、
ありがとうございます。

つかりこ さま

コメントありがとうございます。

白人社会に拡散したら、すごい勢いでワクチン開発してますね。武漢肺炎が収束することはうれしいですが。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事