めんどくせぇことばかり 1)台湾の蔡総統、中国主席に共存促す-「一国二制度」受け入れず  2)パンチェン・ラマ認定の男性、大卒後「普通の生活」送る? 中国が異例発表
FC2ブログ

1)台湾の蔡総統、中国主席に共存促す-「一国二制度」受け入れず  2)パンチェン・ラマ認定の男性、大卒後「普通の生活」送る? 中国が異例発表

Bloomberg

台湾の蔡英文総統は20日、中国の習近平国家主席に台湾の民主的な政府と共存を図るよう促し、中国の「一国二制度」は受け入れられないと明言した。


1月の総統選挙での再選を受け、2期目の就任演説を台北で行った蔡総統(63)は、台湾と中国との関係は「平和と対等、民主、対話」に基づくと述べた。台湾政府は米国および日本との貿易・投資の取り決め締結を目指すとも表明した。

台中関係は「歴史的な転換点に達した」とする蔡総統は「共存の道を見いだし、対立と相違の増大を防ぐ責任が双方にある」と指摘。台湾と中国のリーダーが「同じ責任」を担い長期的関係の安定化に取り組むことを望むと語った。

台湾を自国領土の一部と見なす中国は、香港統治の一国二制度のような枠組みを通じた中台統一を目指すが、独立志向の強い民主進歩党(民進党)の蔡政権はこれを拒否しており、蔡総統は今回、こうした立場をあらためて強調した。

台湾総統、WHO年次総会からの排除に抗議-国際社会の利益に反する

蔡総統は第5世代(5G)移動通信など情報・通信テクノロジーやバイオテクノロジー、医薬品、防衛、再生可能エネルギーを含む中核産業の構築を進めるとも誓った。

ポンペオ米国務長官は19日、「米国は台湾を世界に貢献する信頼できるパートナーとずっと見なしてきた」とする声明を発表。米国と台湾は「法の支配や透明性、全ての人にとっての繁栄と安全を含めた地域のためのビジョンを共有している」とコメントした。菅義偉官房長官は20日の記者会見で、台湾との協力を強化していきたいと述べた。

2016年の蔡政権誕生以降、中国政府は台湾と外交関係のあった7カ国と国交を結んだ。台湾を正式に国家として承認している国は現在わずか15カ国で、大半が中南米と太平洋の小国。


米などの台湾支持「世界的なコロナ対応損ねる」、中国が非難 REUTERS》



AFP BB NEWS


チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世により、同教第2の高位者パンチェン・ラマに認定された後、25年前から行方不明になっている男性について、中国政府は19日、この男性が大学を卒業し、現在は「普通の生活」を送っていると発表した。米国は中国に対し、この男性の所在を明らかにするよう要求していた。

世界的な支持を得ているノーベル平和賞受賞者で、亡命中のダライ・ラマ14世は1995年5月14日、当時6歳だったゲンドゥン・チューキ・ニマ氏をパンチェン・ラマの生まれ変わりと認定した。

パンチェン・ラマはその3日後に拘束され、以来一度も姿が確認されていない。人権団体はパンチェン・ラマを「世界最年少の政治犯」と呼んでいる。

マイク・ポンペオ米国務長官は18日、「チベット仏教徒は、他のあらゆる宗教団体の信徒らと同様、政府に干渉されることなくその伝統に従って宗教的指導者を選出、教育、崇拝できなければならない」「パンチェン・ラマの居場所を直ちに公表するよう中華人民共和国政府に求める」と述べていた。

これを受けて中国外務省は、ゲンドゥン・チューキ・ニマ氏が「国の義務教育」を受けた後、大学に入学したとし、同氏とその家族は「自分たちの普通の生活に、部外者が介入することを望んでいない」とする異例の発表を行った。

同省の趙立堅報道官は定例記者会見で、同氏は「すでに働き始めた」と明かすとともに、米国に対しては「中国の国内問題に干渉するために、チベット問題を利用」しないよう警告した。

中国政府は独自にパンチェン・ラマを任命しており、厳格に行動を指示された上で公の場に何度か姿を現しているが、多くのチベット人はこの人物をパンチェン・ラマとは認めていない。
関連記事

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事