めんどくせぇことばかり 倭建『おとぎ話に隠された古代史の謎』 関裕二
FC2ブログ

倭建『おとぎ話に隠された古代史の謎』 関裕二

小碓命こと、ヤマトタケルは、兄の大碓命の手足を引き裂いて殺してしまうほど、手に負えない乱暴者だった。これに恐れを抱いた父の景行天皇は、毒を以て毒を制すという形で熊襲退治に向かわせた。ヤマトタケルは熊襲建と出雲建をだまし討ちで殺し、凱旋した。

しかし、休む間もなくヤマトタケルは東国の平定を命じられ、伊勢にいる叔母の倭比米命のもとに立ち寄って父の仕打ちを嘆き悲しむ。ヤマトタケルは、倭比米命から天叢雲剣を与えて励まされて東国に赴き、その帰りに悲劇的な死を迎える。

倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭しうるわし

病魔に冒されたヤマトタケルが、倭を偲んだ歌である。

この“ヤマト”という言葉を聞くとき、私たち現代人も、なぜがこの言葉に感慨深いものを感じてしまう。《ヤマトダマシイ》、《ヤマトナデシコ》、あるいは《ヤマトコトバ》という表現に見られるように、本来私たちが持っていたものを表すときに使われる言葉、どこかで縄文につながっている匂いがする。

熊襲から出雲を転戦し、東国を目指したヤマトタケルは東北地方南部まで到達し、信濃を経て、尾張、伊勢に至る。その途中、ヤマトタケルは、私の故郷の秩父を通っている。三峯神社はヤマトタケルを創始者として、大きな像が建っている。その像が見つめる先に、武甲山がある。武甲山には、ヤマトタケルが武具・甲冑を納めて戦勝を祈願したという伝承がある。それが三名の由来になったとか。この武甲山の龍神と秩父神社が、秩父の人間の信仰の対象として最たるもの。

武甲山に限らず、秩父にはヤマトタケルの伝承がたくさんある。長瀞の宝登山も、ヤマトタケルを創始者としているそうだ。このあたりでヤマトタケルは山火事に遭い、山犬に助けられているという。


熊襲建を倒したときのヤマトタケルは、倭男具那命と名乗っていた。倭男具那は倭童男とも書く。つまり童子である。鬼のような熊襲建を倒すのは、やはり鬼の力を持つ童子という昔話のパターンが使われている。

乱暴者の前半と、英雄的な後半にきれいに分かれるのは、出雲建国の神、素戔嗚尊に通じる。

素戔嗚尊は手に負えない乱暴者で、姉の天照大神はこれを警戒し、高天原から素戔嗚尊を追放する。地上に降りた素戔嗚尊は、女装して八岐大蛇を退治し、その後は心を入れ替えたかのように出雲国造りに邁進する。




PHP文庫  ¥ 524

おとぎ話は単なる童話ではなく、古代史の真相に行き着く「民族の記憶」である
第一章 おとぎ話と古代史の奇妙きてれつな関係の巻
第二章 浦島太郎と武内宿禰の謎の巻
第三章 『竹取物語』に隠された古代史の闇の巻
第四章 金太郎伝説と酒呑童子説話の裏側の巻
第五章 一寸法師と崇る水の神の巻
第六章 ヤマト建国とおとぎ話の不思議な関係の巻
第七章 因幡の白兎に隠された邪馬台国の巻
第八章 桃太郎と謎の吉備の巻
第九章 ヤマトタケルとヤマトの謎の巻
第十章 鶴の恩返し(鶴女房)の謎の巻
第十一章 天の羽衣伝承に残された謎の巻
第十二章 カゴメ歌の謎の巻
第十三章 伊勢神宮とトヨの秘密の巻





大国主命は素戔嗚尊の六世の子孫だという。その大国主命が素戔嗚尊の娘である須勢理姫と一緒になって、出雲国を発展させていくことになる。

ところが、天照大神から、地上世界の支配権を自分の孫に譲るように強要される。その時、大国主命は自分で天照からの要求に応えていない。二人の息子に相談したいって言ってるんだな。それが事代主神と建御名方神。

“建き御名の方”というだけで、本名を明かせない神とはいったい誰なのか。建御雷神に敗れて諏訪まで逃げ、命乞いをして、諏訪大社に収まったとされている。だけど、命乞いまでした神様なのに、坂上田村麻呂や武田信玄といった名将が、ここで戦勝祈願をしてるんだよね。名前を出してはいけない建き御名のあの方というと、思いつくのは一人しかいないんだけど。・・・それは別の機会に。

事代主神の方なんだけど、強要された国譲りを承諾し、「乗っていた船を踏んで傾け、天の逆手をパンっと打って青柴垣をつくり、その内に隠れた」と言うことになっている。

事代主とはどんな存在なのか。
以前読んだ『火山列島の思想』という本に、「月読・月代・事代」という言葉の説明があった。月読を、「月を読む」と考えれば、太陽暦であれば「日を読む」になる。「日読み(かよみ」から「こよみ」という言葉が生まれたという。月読は暦の技能者ということになる。


沖縄には“月代”がいて、月の神の依り代となる。月の神の代行者と言うことになる。同じ“代”でも、神事の代行者なら事代。コトシロを神格化したのがコトシロヌシということになる。共通するのは、神は自ら立ち現れず、神を祭るものを通してその態(わざ)を見せる。

出雲の大国主が高天原側へ国を譲らなければならなくなった時、出雲側で全責任を負ったのは、大国主でも、その尊称で呼ばれる大己貴命でもなかった。“その子”とされる、八重事代主神である。タケミカヅチの要求に大国主は「僕(あ)はえ申さじ。わが子、八重事代主、これ申すべしと答える」

つまり、大国主命は事代主という自分を祀るものを通してその態を見せる存在なのだろう。大国主命のもともとの名は大己貴命(おおなもちのみこと)、これを大穴持とかく場合もある。非常に振るい神で、火山の火口を覗けば見えるマグマ表す神と思われる。

事代主は、マグマの神の真意をうかがい得た、マグマの依り代だった。その神格化である出雲でヤエコトシロヌシという祭る技術の神を奉じて、一人マグマの神の神意をうかがいえたコトシロの一族こそ、古出雲の平定者であった。その後、大和朝廷のあっせんにより、土地の支配権とオオナモチの祭祀権を引き継いだのが、今日、出雲で「国造さん」と尊称される千家、北島家の祖、出雲臣たちか。

ヤマトタケルから、ちょっと遠くに来すぎて戻れない。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事