めんどくせぇことばかり 鎌北地区をぐるっと一周
FC2ブログ

鎌北地区をぐるっと一周

相変わらずの地元登山。

今日のザックは20kg。重めの荷物に慣れておくのと、それから暑さにも慣れておくのが今日のテーマ。距離が物足りない気がして、昨日少し考えた。だけど、ずいぶん暑くなるって予報なので、考え直して予定通り歩いた。

鎌北湖第2駐車場に車を置いて、6時半に出発。エビガ坂をめざす。涼しい時間帯のうちにできるだけ歩きたい。そんなことを考えていたんだけど、ザックが重いので、ちょっとの上り坂で汗が噴き出す。歩幅を小さくしてゆっくり歩く。
IMG_6639.jpg (ヘビイチゴ) 

エビガ坂に上がるあたりで、登山道にも日が差してきた。さらに暑くなることを覚悟するが、今歩いてきた谷筋から涼しい風が吹いてきて気持ちいい。

ペットボトルの水を含んで、茶嶽山に向かう。ザックに振られないように、急斜面の巻き道を慎重に歩く。なにより、小さい歩幅でゆっくり歩くのがいいようだ。せっかちな性分なので、それがなかなか難しい。

茶嶽山を通過して、いったん舗装道路を歩き、蟹穴山への山道にかかる。最近、木につけられた山名の標識を確認して、展望スポットへ向かう。残念ながら、天気は晴れていても、展望はなし。富士山はおろか奥多摩も見えない。それどころか奥武蔵の山々もおぼつかない。すぐ近くの越上山さえ、なんだかちょっと霞んだ感じ。
IMG_6642.jpg (いつもの絶景は、今日はなし。秋になれば・・・)

IMG_6641.jpg  (ああ、今は もう夏の空 越上山)

しかも、ここは遮るものが何も無くて、直射日光が降り注ぐ。なんだかここは特別太陽に近いみたい。ここでラーメンって思っていたけど、冗談じゃない。

林の中に避難したら、「ほっ」、ここは涼しい風が吹いている。大塚山の狭い山頂で、涼を取りつつラーメンを食べる。流れるような汗をかいているので、ラーメンの塩っぱいのがとてもおいしい。
IMG_6643.jpg (せまい大塚山山頂だけど、誰もいないし・・・)

もうちょっと歩きたいと思ったけど、やはり、少し先の十二曲峠から下山する。28Lのザックを重くすると、肩紐が食い込んで、足腰よりも、これが辛い。

9時10分、駐車場到着。物足りないけど、今日はこれで下山通知。この時間でももう暑い。これから登るおじさんがいた。

この日歩いたのは、以下のようなコース。
蟹穴山地図








関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事