めんどくせぇことばかり 1)首相「申し訳ない思い」…時折言葉詰まらせる 2) デモの現場から中国語
FC2ブログ

1)首相「申し訳ない思い」…時折言葉詰まらせる 2) デモの現場から中国語

読売新聞
横田滋さん死去、首相「申し訳ない思い」…時折言葉詰まらせる

北朝鮮による日本人拉致問題の全面解決を最重要課題と位置付けてきた政府は、拉致被害者家族の中心だった横田滋さんの死去により解決に向けた「象徴」を失った。拉致問題が膠着状態に陥る中、ほかの被害者家族の高齢化も進んでおり、時間との闘いの色合いがますます強まっている。

安倍首相は5日夜、東京都渋谷区の私邸前で記者団に「断腸の思いで、本当に申し訳ない思いでいっぱいだ」と述べ、滋さんの存命中にめぐみさんの帰国を実現できなかったことを悔やんだ。首相が私邸前で取材に応じるのは異例で、時折言葉を詰まらせながら思い出を振り返った。

安倍首相は、拉致被害者5人らが帰国を果たした2002年の小泉政権で官房副長官を務め、第1次政権と第2次政権以降でも拉致問題の解決を重視してきた。家族会の中心的存在だった滋さんとは定期的に会談し、18年4月には滋さんが入院していた川崎市の病院を見舞ったこともある。

14年5月にはスウェーデン・ストックホルムで行われた日朝の政府間協議で、拉致被害者に加え特定失踪者も含めた「全面的な調査」で合意したものの、北朝鮮はその後、再調査の中止を一方的に宣言した。

18年6月にはシンガポールで史上初の米朝首脳会談が行われ、トランプ米大統領が拉致問題の解決を提起。同年10月の内閣改造で首相は、内閣の要である菅官房長官に拉致問題相を兼務させ、態勢を強化。首相は「私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と向き合う決意だ」と繰り返したが、米朝交渉の行き詰まりとともに停滞を余儀なくされている。

首相は5日、今後の日朝交渉について「政府として様々な動きを見逃すことなく、チャンスを捉えて果断に行動して実現していきたい」と述べた。



大紀元
「走走走!」ホワイトハウス前デモの現場から中国語 催涙弾を投げ返す姿も

集団暴力抗議行動は全米各地で続き、一時はワシントンD.C.を取り囲み、ホワイトハウス前で抗議行動を行った。 警察は5月31日夜に催涙ガスを使ってデモ隊を鎮圧した。混乱の中、一部のデモ参加者が中国語で「快走(早く走れ)!」と叫ぶ姿がカメラに収められた。 中国問題専門家は、共産党が超限戦の形で、米国を内部から破壊する可能性を警告している。

報道によると、5月31日にはホワイトハウス前に多数のデモ参加者が集まり、警官隊は参加者に向かって催涙ガスを発射した。
フェイスブックに投稿した動画には、北京語で「走(行け)!」と叫ぶ男性の声が収められていた。「走走走(行け行け行け)!」と何度も連呼していることから、現場に複数の中国人がいた可能性がある。

動画を投稿したネットユーザーは、中国共産党が背後にいる可能性を疑っている。

あるユーザーは、「早く行け」と声掛けられた人物は「銃弾を恐れず、慣れた手付きで催涙ガスを投げ返した」と指摘した。機敏で訓練され、体格的にも屈強に見える。指揮官に従って動いた複数の人間がいるのかもしれないと書き込んだ。

退役した米空軍准将で中国問題専門家のロバート・スポルディング氏は、米国での暴動について、「彼らは中国共産党、ロシア、その他の(反米)組織の支援を得ている。米国とは何の関係もなく、米国が破壊されるのを見たい国と関係しているだろう」とツイートした。

またスポルディング氏は、米で起きた暴動の情報は、中国共産党やロシアなどのソーシャルメディアの自動送信ロボットによって拡散されていると述べた。

スポルディング氏によれば、中国共産党やロシアはデジタル世界を、彼らの思惑に沿うよう「積極的な措置」を講じているという。

また、極左暴力集団「アンティファ(ANTIFA)」や他の暴徒組織が、中国共産党や外国勢力の資金提供を受け、またはソーシャルメディアを通じて協力を得ているが、どの形にしても現在、中国共産党は米国に「超限戦」を仕掛けていると警告を発した。

超限戦とは、平時か有事かにかかわらず、敵対勢力に対して常にあらゆる分野で、ゲリラ戦や非対称戦を仕掛けるという中国軍の戦略。スポルディング氏は今回、米国の騒乱に乗じて内部崩壊を狙った扇動や、ソーシャルサイトの情報戦がそれにあたると指摘している。

マルコ・ルビオ上院議員は5月31日、「抗議行動について、少なくとも3つの外国の反米組織が膨大なメディア活動を行っている」とツイートした。議員によると、3組織は多方面で暴力と対立を煽っていると述べた。

6月1日のABCのインタビューで、国家安全保障顧問のロバート・オブライエン氏は、司会者からの質問「外国の敵が不安を利用して世論を煽り、暴力を唱えようとしているという証拠」についてこう答えた。

「外国の敵はこの危機を利用するだろう。 これらの敵には中国、ロシア、シリア、イランなどの国が含まれる。 騒乱を利用して、米国の信用を失墜させようとしている」と述べた。

旅する米時事評論家・張林氏もこれが超限戦だと認識している。「中国共産党の内部から米国を陥れようとする試みだろう。このように迅速で組織化された破壊活動は、中国共産党から資金を受けている可能性が高い」と語った。
関連記事

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事