めんどくせぇことばかり 『世界一効く 体幹トレーニング』 中野ジェームズ修一
FC2ブログ

『世界一効く 体幹トレーニング』 中野ジェームズ修一

若い頃と違って、山を登り下りしていて、「ここ、怖いな」って感じることがある。

体力そのものは、さほど落ちているとは思わない。毎朝、1時間程度走っているから、そちらはあまり心配していない。でもなんだか、バランス感覚が鈍くなってきているのかと感じることがある。急斜面で手を使ったりすると、そのあと、垂直を取るのに少し時間がかかるような気がする。

それから、頭で考えたとおり身体が動いていないことがある。出そうと思った足が、ほんの1~2cmだけど、ずれたりね。場合によってはとても危ないよね。

右手ストック1本使ってるんだけど、気がつくと、それでバランスを維持したり、立て直していることがある。

昔、時々夢に見た。断崖絶壁で、伸ばした手が、つかもうとした岩に届かずに空を切る。今なら、頼りにして体重を掛けた右手ストックが折れて、虚空に放り出されるってところだな。

自分の思ったとおりに身体を動かすためには、体幹トレーニングがいいらしいとなにかで読んだ。体幹?手足を枝とすれば、胴体が幹?自由な動きの軸になると言えば、腹回りか。そうなると、腹筋、背筋を鍛えるってことか。

なんだか、高校の時の山岳部の練習みたいなのを思い出しちゃったぞ。・・・吐きそう!

学校から、秩父の校庭から武甲山がよく見える学校を出発して、まずは金仙寺っていうお寺に行って、お寺の参道を肩車で行ったり来たり。次に、巴橋で荒川を渡り、札所24番法泉寺に行く。ここのお寺は結構長い石段があって、まずはダッシュを繰り返す。次に片足跳びを繰り返す。続いて佐久良橋で荒川を渡り、学校に戻る。

距離は5kmくらいのものなんだけど、その間になんだかんだとやってるので、けっこうきつい。学校に戻って、腹筋、背筋、腕立て、うさぎ跳び。スケート部の人たちと、スケートをかっこよく滑る格好をして校庭を一周。ハンドボール部の人たちと、腹ばいに寝て、手は後ろに組み、足だけで前に進む。ズリズリ進む。

あー、嫌だ、嫌だ。


『世界一効く 体幹トレーニング』    中野ジェームズ修一


サンマーク出版  ¥ 1,430

あなたの体の中に眠っている、体幹に秘められた力を引き出してみませんか
体幹トレーニングで、この悩みを解消しますか?
1 体幹に秘められた力を引き出すインナーユニットを使いこなす
体幹に秘められたパワーを呼び覚ますインナーユニットとは
インナーユニットが使えるかどうかで体はこんなに変わる!ほか
2 世界一効く体幹トレーニング超基礎編
体幹に秘められた力を使いこなすために
体幹トレーニング“超基礎編” ほか
3 世界一効く体幹トレーニング
腹を凹ませたい人のトレーニングプログラム
腰が痛む人のトレーニングプログラム ほか


違う?

どうやらそうじゃない。調べてみたら、腹腔という言葉が出てきた。お腹はまずは、上を横隔膜、下を骨盤底筋群で押さえられ、その周囲を腹横筋と多裂筋に囲まれている。これがどうやら、インナーユニットと呼ばれるものらしい。膜のような形状の筋肉で、臓器の詰まった腹腔を引き締め、安定させる働きがあるんだそうだ。

「コア」、「体幹」と呼ばれることもある。・・・出たー!

その周辺を覆っている腹直筋、腹斜筋群、広背筋がアウターユニットで、人の腹回りは、その二重構造になってるわけだ。

体幹トレーニングっていうのは、このインナーユニットとアウターユニットをバランス良く鍛えることで、思うように動ける身体を作るってことだな。他にも、肩こりや腰痛にも、体幹が関係しているらしい。さらにはケガをしにくい身体をつくり、運動能力も上がるとか。

おまけに、バランス。そう、私にとってこれは大事。山でバランス良く歩けるようにしなきゃな。

・・・それが、どうも、簡単なことじゃないらしい。私がこれまでやってきたのは、アウターユニットのトレーニングばかりで、どうやればインナーユニットを鍛えられるのかっていうのが、まったく分からない。

それはこの本を書いた中野ジェームズ修一さんも、“はじめに”に書いている。「インナーユニットの使い方は非常に感覚的なので説明が難しく、大半の人は習得に時間がかかるうえ、動きもかなり地味。そのため雑誌や書籍など文字数に制限のある媒体では、専門家もあえてふれなかったり、見栄えのする種目を紹介したりしてきました。私もその一人・・・」と。

「時間がかかるうえ、動きもかなり地味」か。

私は時間はいくらでもある。地味なことも、さほど苦になる方でもない。なんとかなるかな。問題は、「インナーユニットの使い方は非常に感覚的なので説明が難しく」ってところだな。実際、スゴい説明がされている。

「肛門を締める」
「ウエストを絞っていくイメージ」
「膣をすぼめる」・・・どうすりゃいいんだ
「おならを我慢する感覚」
「生殖器を動かすイメージ」

いったい何をしようとしているの。

でも、かえってこういうトレーニングで良かった。高校の時の部活みたいに、ハードに筋トレって、嫌だもん。時間を掛けて、膣をすぼめてみましょうか。そりゃ、無理やろう。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事