めんどくせぇことばかり 『世界「新」経済戦争』 川口マーン惠美
FC2ブログ

『世界「新」経済戦争』 川口マーン惠美

EUは、温暖化対策を、日本や新興アジア諸国の経済を抑える手段としようとした。

技術革新は、常に歴史を動かしてきた。蒸気機関車の登場は、それまで使われてきた馬車を不要のものとした。電車が登場して、蒸気機関車は観光用として走るだけになった。

電気自動車が登場すると、ガソリン車やディーゼル車は消えるのか。電気自動車がすぐれているなら、そうなるんだろう。川口さんも言ってるんだけど、今の自動車産業に興っていることを考えると、どうもすっきりしない。そう、電気自動車への切り替え。

これまでの技術転換は、あくまでも自由市場を舞台にして進められてきた。今、進めれている内燃エンジンから電気モーターへの転換は、なんとも胡散臭い。企業がイノベーションを進める動機は、利益の向上にある。市場の意思を的確に把握し、開発し、価格を下げる努力をする。この部分が、電気自動車へのシフトの場合、・・・どうなんだろうか。

市場の意思とは無関係に、補助金による誘導と、税金の圧力で強引に進めれようとしているこのシフトを、人々が受け入れざるを得ないのは、それが地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出を、これで抑えることが出来ると考えるからだ。

だけど、違う。現在、二酸化炭素の排出による地球温暖化が進行中であり、国連に招かれて演説し、絶賛されたグレタ・トゥンベリさんが考えているように、「2100年までに南の島は沈み、沿岸の都市は消えてしまう」と、EUのお偉いさんたちが吹き込んだ嘘が、すべての始まりにある。

つまり、私がこの転換を胡散臭いと思うのは、市場の意思の段階で、すでに操作されていると感じるからだ。いや、ちょっと違う。市場の意思は、決して上からの洗脳を受け入れきっているわけではない。洗脳が完全ではないからこそ、洗脳に躍起になっているように感じるんだ。

たとえば、年端もいかないスウェーデンの娘を、国連に呼んでまで持ち上げ、まるでジャンヌ・ダルクの再来を迎えるかのような大騒ぎ。そうして“惑星はあと10年持たない”とか、“南の島が沈む”とか、“勉強しても地球がなくなっていたらどうしようもない”とか、ぼーっと生きてるとしか思えない少年少女の戯言に相づちを打って、嘘を重ねる。



『世界「新」経済戦争』    川口マーン惠美

KADOKAWA  ¥ 1,650

新型コロナウイルスの先にある経済の形を自動車という「窓」を通して探る一冊
第1部 自動車の産業化に欠かせない国家の力
第1章 それは二人の「夢」から始まった
第2章 大衆化に成功したアメリカの戦略
第3章 世界から日本のGDPが羨まれた時代
第4章 ドイツにとって自動車とは自由の象徴
第5章 冷戦の終結は世界経済をどう変えたのか
第2部 「電気自動車シフト」の裏側を見抜く
第6章 ディーゼルゲートをめぐるドイツの事情
第7章 「地球温暖化を止める」という理想主義
第8章 電気自動車が世界に広がらない理由
第9章 電気自動車は本当に「地球にやさしい」のか
第3部 「新」経済戦争はどの国が制するのか
第10章 ITシフトした大国・アメリカの野望
第11章 激化する米中戦争と変わる世界地図
第12章 ITと自動車が新たな巨大市場を生む
第13章 「新しい生活」は自動車革命から始まる
終章 熾烈な「新」経済戦争を日本は勝ち抜けるか





どうして、そこまで躍起になるのか。

答えは一つじゃないだろう。政治や経済を動かす立場にいるいろいろな人たちの思惑が、「脱石油」の方向で一致しちゃったんだろう。世界はすでに、「脱石油」に舵を切ったと言っていいそうだ。

通常のガソリン車、ディーゼル車の販売に規制をかける国が出てきた。EV車に限るとか、EV車かHV車とか、とにかく何らかの帰省をかけようというのが、ノルウェー、オランダ、インド、“中国”、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ。時期も、禁止の内容もいろいろだけど、どうも流れは出来てしまっているみたい。

国際エネルギー機関の報告によれば、石油需要の56パーセントが、輸送に使われているそうだ。先進国でガソリン車やディー是エル車の販売が出来なくなれば、石油の需要は大きく減る。

アメリカのようなシェールガスというエネルギーを持ち、ガソリン車の製造技術があって、しかもテスラなど電気自動車で先行している国は、鬼に金棒って状態だそうだ。フランスも原子力による電力もあり、日産を通じて電気自動車技術を持っている。“中国”は、ガソリン車ではいつまで経っても先進国の後塵を拝すばかり。その点、電気自動車なら先進国に先行できる可能性もある。だからこそ、政策としては、すでにそちらにシフトしている。日本には電気自動車もあれば、ハイブリッド車も、プラグイン・ハイブリッド車も、水素燃料車もある。電気自動車の要であるバッテリーに関する技術も高い。なにより、物作りに関する、高い信頼がある。

問題は、アラブ諸国やロシアといった産油国だ。これらの国は、石油という巨大資源に恵まれてゆえに、モノカルチャー体制から抜けられなかった。石油収入が半減すれば、そのまま国家予算が半減する。

サウジアラビアの石油鉱物資源相を20年以上務めたアハマド・ザキ・ヤマニの言葉がおもしろい。「原油はまだまだ地下に眠っている。だが、時代は技術で変わる。石器時代は意思がなくなったから終わってのではない」

電気自動車への移行の理由の一つは、資源を握るものの国際政治への影響力を、相対的に低くするところにありそうだ。

やはり背景には政治、あるいは経済がある。

だからといって、嘘をついて良いということにはならない。いや、政治であり、経済であるからこそ、嘘は排除すべきだ。フランクリン・ディラノ・ルーズベルトは、アメリカを戦争に持ち込むために嘘をついた。嘘をついて、日本をおいつめた。そして戦後に残ったものはなにか。共産主義が半分を支配する地球だ。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事