めんどくせぇことばかり 『外国人にささる日本史12のツボ』 山中俊之
FC2ブログ

『外国人にささる日本史12のツボ』 山中俊之

これまでの人生で、外国人と絡んだことがなかったわけじゃない。

だけど、定時制高校に入学してきた外国人の子どもたちだからな。中国人、ペルー人、フィリピン人、ブラジル人あたりが主なところかな。日本の歴史のツボを語るどころじゃないよ。その子たちに、その子たちの国の歴史を教えてあげていた。

面白かったよ。世界史が専門だからね。それなりに、世界の一回りするくらいなら、なんとかね。

そのあと、その定時制高校が廃校になってしまって、やむを得ず、全日制の高校に移ることになった。昼のお仕事から夜のお仕事に移るときはさほどでもなかったんだけど、逆に、夜のお仕事から昼のお仕事に移るのは大変だった。

定時制高校は、ある意味ギリギリのところにいる生徒たちなので、正味のところで仕事が出来た。定時制高校生としてやって良いこととやってはいけないことは、人間としてやって良いこととやってはいけないことと一致していた。だけど、全日制高校って、そうじゃないから。人間としてはやっても良いんだけど、高校生としてはやってはいけない。これがおかしなことだとは、学校の先生方も分かってないからね。

子どもじゃないから、まあ、それなりに何とかしたけどね。全日では、ちゃんと世界史を教えたよ。“ちゃんと”って言っても、ほとんど教科書通りに進めてないけどね。1学期は、大半を宗教の話に費やす。ギルガメッシュ叙事詩、エジプト神話、ギリシャ神話、旧約聖書、ニーベルンゲンの歌、日本神話、いくらでもあるからね。

それから一神教に入っていく。旧約の創世記を話しているから、けっこうスムーズに進むんだ。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教ね。そこからは、まったく今日的な問題をどんどん出していく。

ユダヤ人の迫害だって、アウシュビッツだって、ペストだって、十字軍だって、イスラム国だって、ルネサンスだって、宗教戦争だって、大航海時代だって、宗教に関わるそれなりの下地があれば、だいたい分かる。

逆に、宗教をやらずに教科書使って、“はい、世界史の授業”って、「どうやるんだろう」と思ってしまう。



朝日新聞出版  ¥ 1,760

外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる
第1部 “共生”を生んだ宗教観
第1章 深く自然を崇拝する心
第2章 無駄を省く禅の思想
第3章 世界最古のロイヤルファミリー
第2部 日本経済飛躍の原点 創意工夫の江戸時代
第4章 世界最先端の先物取引・物流
第5章 ハイレベルな江戸庶民の教育水準
第6章 サステナブルな江戸の暮らし
第7章 世界の美意識を変えた葛飾北斎
第8章 ユニークに進化した日本の古典芸能
第3部 ダイバーシティな日本文化
第9章 吸収と融合とオリジナリティが同居する文化大国
第10章 キリスト教と日本人
第11章 地方の多様性・独自性
第12章 室町以前の女性の活躍





その点、日本史は難しい。

一神教みたいな分かりやすい何かがない。神様って言ったって、ヤハウェも、ゴッドも、アッラーもない。「殺す勿れ」も、「盗む勿れ」もない。仏教なんて葬式の時くらいしか関わらないし、神道にしたって初詣くらいのものって人も多いだろう。自分が仏教徒であるとか、神道を信仰しているという意識の人は、そうそういない。

お寺や神社の身近さは、クリスマスほどではないって人が大半だろう。

それでも日本人には、その言動を支配する、ただならぬ信仰心がある。日本人の信仰心に関しては、第1章で触れている。

・・・

「日本人が好む日本の歴史・文化のテーマと、外国人が面白みを感じるテーマはずいぶん違う」

これがこの本のテーマ。

英雄たちの興亡っていうのは、どの地域、どの国の歴史にもそれなりにある。外国人が興味を持つのは、唯一性・独自性のある歴史や文化なんだそうだ。

ふん、それは分かるな。今の日本は、世界の中でもそれなりの影響力のある国だからね。その日本が、世界最古の王朝を持っているのはなぜ。欧米列強が世界を席巻しようとしていたとき、なぜ日本だけが西洋式の近代化に成功できたのか。江戸時代という鎖国の時期に、浮世絵や伊万里焼のような、西洋をうならせる文化を築き上げることが出来たのはなぜか。

だけど、これに応えるのって、案外簡単なことではない。

それはやはり、今の日本の歴史教育に、問題があるんだろうな。日本史っていうのは、じつはそれに応えられるようにするものじゃなきゃいけない。

日本人が持っているただならぬ信仰心っていうものを、そろそろ日本人自身が考えなきゃいけないんじゃないかな。

ちょっと気になるところもあった。“中国”や朝鮮との、歴史的な交わりに関わる部分。それから、宣教使の時代に関する認識。ちょっと捉え方が一面的に感じられた。

(朝鮮通信使のやりとりにあったような)「平和な関係を打ち破ったのが、明治以降の日本の帝国主義的な侵略」



「ローマ帝国を除くともっとも厳しいキリスト教の弾圧のなされた国」

“日本の帝国主義的侵略”なんて、朝日新聞出版だからな。キリスト教の弾圧って言ったって、じゃあ、キリシタン大名や宣教師によって、海外に売り飛ばされた日本人奴隷は、どうしてくれるんだ。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


水害に苦しむ日本。
辛苦から生まれた様々な名言から治水に関する知恵や教訓を学ぶ
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事