めんどくせぇことばかり 『日本菌類百選』 日本菌学会編
FC2ブログ

『日本菌類百選』 日本菌学会編

えー!! ホコリタケって食べられるんだ。

山を歩いていて、ホコリタケを見かけると、ついつい、つついてみたくなるんだよね。真ん中の穴から吹き出すように胞子を飛散させる様子が面白くてね。・・・そうか、胞子を飛散させるような形態になったのは老菌で、こうなるともう、食用には適さなくなるんだそうだ。

その前の未熟なうちは全体がクリーム色で、表面は褐色で円錐状の突起ばブツブツ突き出しているんだそうだけど、このくらいの時期が食用に適すんだそうだ。

残念だけど、それをフクロダケだと思って、見たことはない。・・・やはり、食べるのはやめておこう。

ずっと以前のことなんだけど、キノコ採りのおじさんに指導してもらって、一緒に山を歩いた。中に、食用として比較的分かりやすいイッポンシメジというのを教わった。実際、うまかった。後に、一人で歩いているときに、その時教わったイッポンシメジにまず間違いないキノコを採って、その日、テントを張ってから、うどんに入れて食べた。そして、当たった。

あとから調べたら、おじさんに教わったのはウラベニホテイシメジというものだったらしく、地方によってはこれをイッポンシメジと呼ぶんだそうだ。それでもって、似ているキノコには、毒キノコもあるんだそうで、どうやらそれを採って食べてしまったらしい。

あの時は苦しかった。ものを知らない頃だったので、死んじゃうこともあるなんて考えもしなかった。

そんなわけで、私はスーパーで売ってるキノコ以外は、まず食べない。キノコ自体は大好きで、冷蔵庫にキノコを切らすことは、まずない。シイタケ、ブナシメジ、エノキダケ、マイタケあたりのキノコ。ちょっと、みそ汁の具が足りないなとか、炒め物にもう少し何か足したいななんて思ったときに、すぐになにがしかのキノコを取り出して、使ってしまう。

“シイタケの・・・”とか、“マイタケの・・・”という料理を作るのではなく、いろいろな料理にも、なにがしかのキノコを、ついつい放り込んでしまうっていう感じかな。

だけど、野性のキノコは、やはり食べない。それでも、山でキノコを見つけると、なんだか楽しい。珍しい形や、きれいな色をしているものもあるので、花と同じで、名前を知っていれば、なお楽しい。

食べられるキノコだと思っても食べないが、「おお、こんなところにタマゴダケが・・・」などと思えれば、山を歩くことが、またさらに一つ二つ楽しくなりそうだ。


『日本菌類百選』    日本菌学会編

八坂書房  ¥ 1,980

この菌、知ってる!?日本人と深い関わりを持ち、学術的にも重要な100種を厳選
タマゴタケ
テングダケ
ホテイシメジ
ナラタケ
オニフスベ
マイタケ
クリタケ
ブナシメジ
ホコリタケ
ナメコ
ヒラタケ
マツタケ など100種




それにしても、毒キノコに与えられている異名がすごい。

タマゴテングタケは毒性が強く、1本で複数名を死に至らしめることが出来るそうだ。「名実ともに毒キノコ中の毒キノコ」と書かれている。しかも、症状が出るのは食後半日前後から、腹痛、嘔吐、下痢、・・・私も“イッポンシメジ”を食べたとき、そうなった。だけど、タマゴテングダケの場合、そこから一旦回復するんだそうだ。ところが体内では肝臓や腎臓を中心に内蔵の破壊が進行していって、次第に黄疸、血尿、下血が始まり、4~7日後には肝不全及び腎不全で死に至る。・・・ひえ~、こわっ!

ご安心を・・・。日本にはあまり見られないものらしい。《世界に名だたる殺し屋キノコ》

その立ち姿が美しい、ドクツルタケ。さっきのタマゴテングダケと違い、国内でふつうに見られるキノコで、中毒例も多い。「野性の白いキノコを食べた」と詳しい者が聞けば、瞬時に緊張が走るというくらいのものだという。

どうやら中毒の症状が、相当壮絶なものらしい。《デス・エンジェル(死の天使)》または、《デストロイング・エンジェル(殺しの天使)》

なんだかかっこいい。毒にしろ、無毒にしろ、菌類は、この自然界で大切な役割を果たしている。それは植物や動物が死んだとき、その遺体を分解するという役割だ。自然界の掃除やと呼ばれているそうだ。

菌類による分解の過程で生まれた栄養は、他の生物にも利用される。それによって、自然界の物質循環に貢献しているというわけだ。

とは言うものの、キノコ、カビ、酵母だからね。特にカビは嫌われる。菌類は、その仕事である分解、吸収の過程で、人間にとって必要なものを黒ずませたり、分解しちゃったりするからね。

だけど、菌類の働きがなけりゃ、自然界は死体だらけになっちゃうからね。

松本零士のマンガに、『男おいどん』というのがあった。

九州男児の主人公は、中学を出て上京し4畳半暮らしをする若者で、かつては定時制高校に通いながら仕事をしていた。しかし、その仕事先がつぶれたことから学校もやめてしまい、それでも何とか生活を建て直して定時制に戻ろうとしている。そんな主人公の、生活に追われるばかりの毎日を描いた漫画だった。

主人公の暮らす4畳半の押し入れには、彼のパンツが山積みになっており、ジメジメした季節には、そこにサルマタケというキノコが生えてくる。たしか主人公は、あまりの貧乏から、そのサルマタケを食っていたはずだ。

あのサルマタケは、何を分解し、自然界の物質循環に貢献しようとしていたんだろうか。やっぱり、パンツを分解してたのかな。


関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事