めんどくせぇことばかり その名前『シンデレラの謎』 浜本隆志
FC2ブログ

その名前『シンデレラの謎』 浜本隆志

どうしたって、ディズニーのアニメ映画で見た『シンデレラ』が圧倒的だね。

いろいろな人が民話を調べて、今では世界中の民話がモチーフごとにそれを分類されているんだそうだ。なかでも、シンデレラ系の話、シンデレラ譚はヨーロッパだけでも500を越え、似た類話が多数あって、線引きすること自体が困難であるほどなんだそうだ。

現在、シンデレラ譚のもっとも古いものは、古代エジプトの「ロドピスの靴」であるという。なんと、ヘロドトスがこれに言及して、彼の著した『歴史』にも、その記載があるという。

もっと古いものが現れる可能性もあるが、とりあえず今は、それをスタートとして、単純にシンデレラ譚の地域伝播ルートが紹介されている。たとえば、ヨーロッパルート。

エジプト「ロドピスの靴」→トルコ「毛皮むすめ」→パレルモ「なつめ椰子」→イタリア「灰かぶり猫」→フランス・ペローによる「サンドリヨン」→ドイツ・グリム兄弟による「灰かぶり」→イギリス「イグサ頭巾」→アメリカ・ディズニー映画「シンデレラ」

アジアルート。

エジプト「ロドピスの靴」→アラビア「足飾り」→イエーメン「可愛いヘンナ」→ペルシャ「金の燭台」→インド「ハンチ物語」→チベット「奴隷の娘」→中国「葉限」⇔ベトナム「タムとカム」⇔ミャンマー「雨期の起こり」→朝鮮「福豆と小福豆」→日本「糠福と米福」「落窪物語」「姥皮」

あれ?私が思い出す日本のシンデレラ譚というと、最初に出てくるのは「鉢かつぎ姫」なんだけどな。それから、「落窪物語」と「糠福と米福」。「糠福と米福」というのは知らなかった。

『落窪物語』は、和製シンデレラとして有名だけど、成立は10世紀だそうだ。シンデレラの話のもとになった『サンドリヨン』が1695年、グリム兄弟の『灰かぶり』が1812年。

『落窪物語』の方が圧倒的に早い。

これは、古代においては、アジアルートの方がはるかに発展していたので、文明の伝播も早かったってことかな。さらには『落窪物語』なみにメルヘンとして洗練されている点においては、ヨーロッパでは『サンドリヨン』を待たなければならない。そうなると、『サンドリヨン』が『落窪物語』の影響を受けた可能性を考えたくなってくる。


『シンデレラの謎』    浜本隆志

河出ブックス  ¥ 1,650

古代エジプトから日本まで、時代を超えて、なぜ世界規模で伝播したのか
第一章 シンデレラ譚の基本構造
第二章 エジプトからヨーロッパルートのシンデレラ譚
第三章 中近東からアジアルートのシンデレラ譚
第四章 変貌するシンデレラ類話とその連鎖
第五章 ホモ・サピエンスの大移動と神話・民話の伝播
第六章 シンデレラ譚の伝播とメディア
終章 なぜシンデレラ譚は人気があるのか


“灰かぶり”という名前が出てくる。継母と義姉立ちからいじめられ、台所の片隅で「灰にまみれて下働き」をしなければならないヒロインの、不遇な境遇を表すという。

ただそれだけではなく、シンデレラ譚には、必ず異界からの助けが現れる。そうしてシンデレラは、表舞台で脚光を浴びることになるのだ。異界とは、人の力の及ばない世界、超能力、神、悪魔、妖精、自然現象も異界に属するという。

竈は火を扱うところ。火には特別な力があって、つまりは異界に属する。そのなれの果てである竈の灰をかぶって下働きをするヒロインは、まさに異界との接点に存在している。だからこそ、不思議な力の助力を得られたということになる。

さらに、シンデレラという名前にも奥があるという。英語名のシンデレラ=Cinderella、フランス語名のサンドリヨン=Cendrillon、ドイツ語名のアッシェンプッテル=Aschenputtel。言葉の前半にある英語のcinder、フランス語のcendre`、ドイツ語のascheには、いずれも“灰”という意味があるそうだ。

“台所の片隅で灰をかぶる哀れなヒロイン”と同時に、異界との接点に存在し、異界の助力を得られる立場を表しているんだろう。

後半の語尾は、英語ではella、フランス語でillonとなっており、これは小さなものを指す接尾語で、本来の意味は消失しているという。しかし、ドイツ語の後半、puttelは、性的な蔑称という意味を込めた「女の子」だそうだ。『サンドリヨン』では、義姉がヒロインを“灰尻っ子”と呼んでいる。ポルトガルのシンデレラ譚は、『かまど猫』といい、“尻っ子”や、“猫”は、puttel、つまり「女の子」への性的蔑称と考えて良いようだ。

それは、竈近くで灰まみれになって働く女の子というだけではなく、「灰にまみれた陰部」という侮蔑的な意味が隠されていると、筆者はいう。

たしかに、確認されているもっとも古いシンデレラ譚である『ロドピスの靴』はじめ、初期のシンデレラ譚においては、ヒロインは遊女であり、娼婦であった。それが伝播して行くに従い、遊女や娼婦という表現が消えたものの、名前の一部にその意味が隠されたということらしい。

キリスト教では、灰には汚れを浄化する力があるという考えがあり、ヒロインは灰に過去を浄化されて、王子様と結婚する。靴がピッタリ合うのは、性的和合を表しているそうだ。

どうも、中身を知れば知るほど、なまめかしい話だな。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事