めんどくせぇことばかり 『やさいの常備菜』 庄司いずみ
FC2ブログ

『やさいの常備菜』 庄司いずみ

秋が深まった。

・・・たしかにそんな感じがする。だけど、ちょっと待って。まだ身の回りに紅葉は下りてきていない。そう、奥武蔵の紅葉は、例年11月に入ってから。中旬以降でも十分楽しめる。

深まった秋っていうのは、冬の直前に感じる秋。どこかに冬を感じさせる秋。色が変わりきった葉が、落ちればそこを、木枯らしが駆け抜ける。それを予感させる秋。

今は、まだ違う。ただ、たしかに気温は、少し先に進んだような気がするが・・・。

“おひたし”という野菜の調理法がある。

古い文献では、“浸物”と書かれているそうだ。「ひたしもの」と読むのだろう.“おひたし”は、その美称か。江戸時代には煎り酒や酢で味をつけた物が多かったそうだが、明治以降は煮た野菜にしょうゆをかけて食べるのを“おひたし”と呼ぶようになったそうだ。ほうれん草が思い浮かぶな。鰹節をかけても美味しいよね。

家での食事は、もっぱら、連れ合いと二人っきり。朝は、だいたい毎日、“おひたし”を出す。うちの“おひたし”は、明治期のものでも、江戸期のものでもない。煮汁にそのまま浸しておくので、戦国時代以前の、“浸物”に近いだろう。

ただし、煮汁は、おそらく当時と違って、出汁に醤油と砂糖、酒、みりんで、甘辛く味をつけたもの。これで、その時ある野菜をちょちょいっと煮て、汁ごと器に移して出す。ちなみに今日は、白菜、ニラ、エノキダケ、シメジのおひたし。

それからゴボウと蓮根のみそ汁。これにもエノキダケとシメジを入れた。たくさん買いすぎたんだ。蓮根は半分甘酢漬けにした。めざし1尾に、卵焼きはネギ入り。これはタマゴ一つで作って二人で分けるの。それに納豆。漬物はいつも見切り品。今日は白菜漬けに沢庵。ごはんは今、新米だからうまいね。

朝ごはんの紹介になってしまった。“おひたし”に戻る。食べたあと、器に残った汁は、取っておく。野菜ごと余っちゃって取っておくこともある。今日はこのパターン。この汁で、鶏肉を煮て、卵でとじて、今日のお昼はちょっと変わった親子丼になるかも知れない。

そんなことを、日頃やっていたわけなんだけど、もっともっと野菜を有効に使いたいと思って、この本を読んでみた。そしたら、この本の基本的な姿勢は、私が“おひたし”において、日頃やっていたことと同じだった。



『やさいの常備菜』    庄司いずみ

世界文化社  ¥ 1,650

毎日の食卓に少しでも欲しいのが野菜料理。でも意外に手間がかかるもの。
1 レパートリーがどんどん増えるマリネ&ピクルス
2 浅漬け&あえるだけでOK サラダ漬物
3 味がなじむほどに美味しくなる常備菜サラダ
4 かんたん仕込みで超時短!野菜だしでおかずスープ
5 がんばらない「常備菜」が役に立つ野菜のストック術
6 ストックしたい万能ドレッシング&万能だれ


たとえば、マリネ、ピクルス、なますに浅漬け、ナムル、塩漬け。

おひたし同様、そのまま食べて美味しくて、ちょっと手を加えても、もっとおいしい。面白いのは、野菜はわりと、パンに合う。今日の朝食べた蓮根の甘酢漬け。ほんの少しだけど残った。そこで、実験のつもりで、パンを一枚焼いて、のせて食べた。これはうまい。・・・しまった。この本では、さらに蓮根も焼いていた。

キャベツの浅漬けで、焼きそばを作っているな。浅漬けにした野菜は、火を通してもいいのかな。焼きそば以外でも、パスタに使ったり、焼いてパンに合わせてもいいそうだ。ナムルだったら、なんだってパンにはさみたくなる。

野菜っていうのは、シャキシャキした食感が魅力だけど、そう思ったまんまだと、なかなかたくさんは食べられない。そこに塩をしてしまう、焼いたり煮たりして、火を通してしまう。そうすることで、野菜は一気にたくさん食べられるようになる。

もちろん、シャキシャキ感はなくなるけど、しっとりした野菜は甘みも増して、また美味しい。

スープにするのは、遠慮しちゃいけない。昨日、お昼のスパゲッティに合わせたほうれん草のスープは、お気に入りの梅干しだけで味をつけたものだった。これはうまかった。

仕事を辞めて、よく分かった。比較の話だけど、仕事を辞めたから、それなりに時間がある。さらに、仕事をしているときは、効率を重視していた。効率を重視するというのは、特に人と一緒に、協力して仕事をしているものにとっては、絶対に必要なことだと思っていた。

効率を重視していると、野菜は食べられない。ごはんや肉類と違って、野菜は適当に噛んで飲み込んでしまうわけにもいかない。食卓に、何種類ものやさいの数を並べれば、それだけで食事の時間は長くなる。おそらく、それも、野菜を食べることの効用の一つだろう。

さて、冷蔵庫の野菜室が、寂しくなってきた。


関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事