めんどくせぇことばかり 2020年11月 『スプートニク』に登場する北方領土
FC2ブログ

2020年11月 『スプートニク』に登場する北方領土

2020年 《スプートニク》に登場する北方領土

11月1日 時事通信
与党が勝利宣言 旧ソ連ジョージア議会選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110100422&g=int
旧ソ連構成国のジョージア(グルジア)で10月31日、議会選(定数150)の投票が行われ、中央選管は1日、与党「ジョージアの夢」が得票率約48%で優勢とする結果を発表した。地元メディアによると、同党のイワニシビリ党首は10月31日、出口調査の結果を受けて勝利宣言した。

11月2日 産経新聞
サハリン島の1945年の戦場で日本兵の装備品が見つかる
https://jp.sputniknews.com/life/202011027901207/
沿海地方の合同調査団体アビアポイスクは、1945年8月に日本との戦争で激戦が繰り広げられたサハリン島の北緯50度線周辺における野外調査で、日本兵の装備品を発見したと発表した。

11月6日
シベリア抑留死 新たに11人特定
https://www.sankei.com/world/news/201106/wor2011060021-n1.html

11月6日
英紙「プーチン氏に健康不安」 ロシア大統領府は全面否定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110601279&g=int

11月10日 時事通信
菅首相、北方領土「全力で取り組む」 道知事らが要望書
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111000901&g=pol
菅義偉首相は10日、北海道の鈴木直道知事らと首相官邸で会い、北方領土問題の早期解決を求める要望書を受け取った。首相は「領土問題を解決して平和条約を締結するという政府の基本方針にのっとり、全力で取り組んでいきたい」と応じた。

11月17日
まもなくロシアで公開の日露合作映画「ソローキンの見た桜」オンラインJ-Festで先行無料上映
https://jp.sputniknews.com/culture/202011177942312/
昨年春に日本で公開され、今年12月17日にはロシアでの公開が決定している日露合作映画「ソローキンの見た桜」(井上雅貴監督)が、11月21日にオンラインで先行上映される。上映は一度限りで、ロシア人に日本文化を紹介するイベント「J-Fest」の枠内で行われる。この映画は、日露戦争時における愛媛県松山の捕虜収容所を舞台にした、ロシア人少尉と日本人女性との愛の物語だ。

11月23日
田中角栄首相、「4島」明記迫る 73年の首脳会談、ソ連側は一蹴
https://jp.sputniknews.com/politics/202011237959709/
1973年にモスクワで3日間行われた田中角栄首相とブレジネフ・ソ連共産党書記長の首脳会談のソ連側記録が22日までに判明した。

ナゴルノ・カラバフは、とりあえず決着がついたようだ。

9月27日に始まった戦闘は、1994年の停戦合意以来、最大の衝突となり、アルメニアの敗北で終わった。ここは古くから、アルメニア人とアゼルバイジャン人の領土紛争の舞台だった。国際的にはアゼルバイジャンの領土と認められているが、事実上、ナゴルノ・カラバフ共和国として独立しているが、アルメニアの保護国のような状態で、国際的な承認は得られていなかった。

ソ連時代、共産党も扱いに困っていたようだが、アゼルバイジャンの帰属となっていた。ソ連崩壊にともない独立を宣言してナゴルノ・カラバフ共和国を名乗る。すぐに始まったアゼルバイジャンとの戦争では、アルメニアの全面的な支援を受けた。戦いは1万7000もの死者を出し、ロシアの仲介で停戦した。アルメニア側が優勢な状態で停戦したため「ナゴルノ・カラバフ共和国」は、旧ナゴルノ・カラバフ自治州だけでなく、その周辺も実効支配している。元々の「領土」を超えてアルメニアと陸続きになった。その面積はアゼルバイジャン全土の約16%を占めると言われる。

1990年代の紛争においては、ロシアはアルメニアに肩入れした。しかし、今回の紛争では、ロシアの積極的な介入はなかった。中央アジアにおける“中国”の台頭を背景に、ロシアはアゼルバイジャンとの間に良好な関係を築いておきたいという判断があった。アゼルバイジャンも、それが分かっているから、ロシアの介入はないと考えたようだ。

1994年の決着で、ナゴルノ・カラバフからアゼルバイジャン人がいなくなった。民族浄化、エスニッククレンジングである。民族問題は民族浄化では解決しないといわれるが、民族問題はたいていの場合、民族浄化化暴力によって解決される分かりやすい例となった。

今回の決着は、とられた領土は戦争で取り戻す分かりやすい例になるんだろうか。


関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


極北の自然に見せられた写真家の旅を一冊に! 
大切なことは出発することだった
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事