めんどくせぇことばかり 学校『学問』 西部邁
FC2ブログ

学校『学問』 西部邁

学校は今、おそらく自信を失っている。

知育は、適切な書物があれば、独学でも可能である。学校の教育は、特に知的能力のある子どもにとって、知育を遅らせる原因にすらなりかねない。ただし、それは独学をなす気力がその子に備わっている場合のことで、その気力を養う徳育は、独学だけでは不可能である。

なぜなら、“徳”、つまり「精神の力強さ」は社会関係の中で養われるものであるから、級友の存在が必要となる。また、“徳”は歴史的なものであるのみならず、人格に具体化されるものなので、教師の存在がなければならない。

“徳”とは、葛藤の中で平衡を持す精神の力強さのことだが、その平衡感覚を具体的にどう示すかは、「時と所と場合」による。偉大な先人が、どういう「時と所と場合」において、いかに平衡の気力を発揮したかについて、知育として紹介し解説することは出来る。それは知育であって、徳育ではない。

だったら教師には何が出来るのか。

すぐれた教師は、知育の“教え方”のなかで、自分は道徳を目指しているが、それをまだしっかりと手にしていないということを、児童、生徒、学生たちに伝えることが出来る。彼らがのちに振り返って、学校で何を学んだかを思い出すとき、記憶にもっとも強く残っているのは、教師の“完成をめざす不完全さ”ということであるに違いない。

西部邁さんの言葉である。



『学問』    西部邁


講談社  ¥ 時価

人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。その一冊。
第1章 政治を問う
第2章 国際関係を観る
第3章 道徳を学ぶ
第4章 社交を察する
第5章 「生きる」を考える
第6章 歴史を想う
第7章 哲学を思う
第8章 実利を計る


私は36年間、高校教師を続けて、定年まで1年残して早期退職をした。最後の1年を我慢しきることは、どうも出来そうもないと考えたからだ。

学生と正面から向き合って、自分をさらけ出し、いまだに道徳にたどり着けない自分が、もがくようにして徳を求めている姿を見せる以外に、学生に前に進むことを促すことは出来ない。

教員生活の半分くらいは、それを、ある程度は出来ていた。しかし、ふと冷静に周囲を見ると、いつの間にか、それが職を賭さなければならないほどの、危険な行為になっていた。

気がついたら、社会が、親が、だけではない。学生がそれを求めていなかった。

西部さんの言うとおり、児童、生徒の徳育にとって決定的なのは、教師の道徳的な資質、さらにはそれを目ざす姿勢もさりながら、教育行政、家族や地域共同体の環境である。学生の徳育にあっては、国家の理念や国策体系に、自分が得た知育がどう貢献できるかという展望が重要である。

今そこにある展望は、それが自分の利益につながるかどうかが関の山。これで若者の、心が共鳴するか。

家族から国家に至る共同体を、特にその道徳的な基盤を荒れるがままに任せているような国民に、教育を論じる資格はないのではないか。

そこまで手厳しい。

最後の数年間に強く感じたのは、家庭環境が大きく変わってしまったこと、文科省が教育をねじったりひねったりで、なにかと仕事がやりづらくなってしまったのはその通りなんだけど、それだけならまだ良かった。

それ以上に唖然とさせられたのは、学生が変わったことだ。周りの環境がここまで変わったのだから、学生が変わってくるのも当然ではある。どう変わったのかと言えば、短絡的になった。10年後、20年後を考えるのではなく、目先のことしか考えなくなった。地道な努力よりも、目に見える成果を求めるようになった。身体を張ろうとすると、揚げ足を取られそうになった。

やっぱり、あと1年は無理だったな。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

道徳の退潮は 国を危うくする

長年に亘る 教育現場でのご活躍、心より労いの意を表したく思います。

その上で、学生、父兄、社会のいずれもが徳育を望まない今の状況は拙者も感
じている所ですが、放置していてはいずれ国の命運を危うくすると心得ます。

ここで言及すべきでないかも知れませんが、そうなった元凶はやはり特定野党
やそれを支持する日教組、左傾マスコミなどによる徳育を蔑ろにした不良姿勢
も大きく、そうした勢力が親達や社会の風潮を牛耳った事が、道徳退潮の大きな
一因だと思う所です。

元東大教授・西部 邁さんは、かねてそうした問題にも著書複数で警鐘を鳴らさ
れていたと心得ます。あの様な最期を遂げられたのは、今も残念です。合掌

HAKASE(jnkt32) さま

学校の教員が、いつまでも魅力のある仕事であってほしいです。人材の集まる仕事であってほしい。私自身が、仕事に魅力を感じられなくなっておいて、勝手なんですが・・・。
コメントありがとうございます。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


極北の自然に見せられた写真家の旅を一冊に! 
大切なことは出発することだった
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事