めんどくせぇことばかり 『レシピがなくてもごはんはつくれる』
FC2ブログ

『レシピがなくてもごはんはつくれる』

最近は、年寄りの一人暮らしや、二人暮らしの家が増えている。

そうなると、スーパーで買った食材を、料理に使い切れずに、無駄にしてしまうことも多くなる。そんなこともあって、最近は、野菜でも、小さいサイズ、少ない量で売っている。

年寄りだけとは言わないまでも、3世代同居なんて少なくなってるから、スイカを一個まるまる売ってない。すくなくとも、私の行きつけのスーパーでは。

私のところだってそうだ。豆腐は、一丁使い切れない。だから、その半分のを買う。朝のみそ汁には、それでも多い。だから、半分の半分をみそ汁に使う。残りは、電子レンジで水切りしておく。

水切りした半丁の半分は、滑らかにつぶして白和えに使ったりする。マヨネーズとすり胡麻を混ぜて、温野菜にかけてもいい。

私はいい加減な人間で、何でも適当だ。その正確は、料理にも反映されていて、私の作るものはいい加減で適当だ。今朝のみそ汁には、思いつきで“キムチの元”を入れた。思いつきで酒粕を入れることもあれば、牛乳を入れることもある。

ESSEという雑誌で、《レシピなしでつくれるごはん》という企画があったんだそうだ。「毎日が楽になった」と、これが大好評で、それなら、「この企画を一冊の本にしてしまえ」ということで生まれたのがこの本。

私なんか、しっかりレシピがあったって、“いい加減”に、かつ“適当”に理解する。細かいところまでは、しっかり頭に入れるわけじゃない。ましてや、それを見ながら作ろうとは、思いも寄らない。だいたい、すぐには作らない。

料理の本をたくさん買い込んで、「いつか作ってみようかな」ってくらいで読み飛ばす。ある日、ごはんを作るときに、冷蔵庫や何度にある食材を確認しているうちに、いつか読んだ本の、あの料理が、なんとなく頭に浮かぶ。

レシピの細かい部分は、もちろんながら覚えていない。なんとなく作り始める。本に書いてあったとおりじゃないかも知れないけど、おいしく作る方向性は、いくつかのパターンの中から選択し、味つけの量は経験による。



扶桑社  ¥ 1,320

エッセで反響続々!超絶簡単!節約にもなる!!とにかく楽!!!
1章 お料理ビギナーでも失敗なし!味付けいらずおかず
2章 これだけ覚えればOK!調理の掟BEST3
3章 和洋中のおかずに!黄金比ダレで味つけ名人
4章 炊飯器におまかせ 炊き込みごはんなら1品でおかずいらず
5章 お助け素材さえあれば 副菜の掟BEST6


レシピなしで作ろうって言うんだから、この本は、もともと矛盾している。

だって、レシピなしでいいって言うんなら、この本だっていらなくなってしまう。それでは、この本自体が売れないことになってしまう。だから、「レシピがなくてもごはんはつくれる」というのは、本当であって、本当ではない。

ある程度の期間、家族のご飯を作ってきた方なら、この本に出てくるパターンは、だいたい経験している。そういう経験を持っている人なら、この本を読む必要もない。文字通り、『レシピがなくてもごはんはつくれる』。

決して、お客さん向けの料理が作れるようになるってことじゃないけど、家族においしい料理を提供するなら十分。もちろん、料理好きの方々は、ワンパターンにならないように、いろいろと料理のことを調べてるんだろうけど。・・・私も同じ。

料理経験の薄い人、それから、もう一回りしちゃって、何にも思い浮かばなくなっちゃった人には、この本はいい。パウロではないが、まさに「目から鱗が落ちる」だろう。

この本の、“レシピなし”パターンは、1章は「味つけなし」、2章は「味をつけて焼く、炒めて塩か醤油、市販の調味液で煮る」、3章は「醤油:酒:みりん=1:1:1で焼く、炒める、煮る、漬ける」、4章は「炊き込みごはん」、5章「副菜」。

《1章の味つけなし》を担当したのは、料理研究家の“きじまりゅうた”さん。わざわざ名前に印を付けたのは、ひらがなで名乗っているので、判別しづらいと思ったから。村上昭子の孫で、杵島直美の息子。料理研究家3代目。

NHKの《きょうの料理》では、江戸懐石近茶流の柳原尚之さん、中華の陳建太郎さんとともに、“おかず青年隊”を結成して頑張っている。私の連れ合いは、柳原尚之さんのファン。いい男に弱いタイプなんだな。

1章は、味つけしない料理だからね。それをどうおいしく食べるか。簡単。冷蔵庫や納戸の食材を見て、今まで食べてうまかったものを思い出せばいい。どうやら、“きじまりゅうた”さんの料理の基本もそのへんにあるようだ。

塩、醤油、ポン酢、ソース、ケチャップと、そういう味つけで、うまかったもの。・・・あるでしょう? それと食材を組み合わせて考えているみたいね。どれも、手早く出来て、満足感の高いものばかり。

料理を作るのは女の人ばかりじゃないけど、今でも女の人に頼る場合が、やはり多いんだろう。仕事もしている女の人は、大変だな。だから、“きじまりゅうた”さんのような料理との向き合い方も必要になってくる。他の章の料理も、レシピを調べて、食材を揃えてと、そういった時間を省いても作れる料理が紹介されている。時代に合わせた生活を、料理の側面から応援している本でもあるわけだな。

ちなみに、今日のお昼は、《豚丼》。納戸を見たら、娘の家になってる柚をたくさんもらってきてあった。あと、玉ねぎもあった。冷凍庫に、小分けにした豚の細切れがあった。

ボウルにショウガとにんにくをおろして、ゆずの絞り汁、醤油を加えておく。肉は塩こしょうで下味を付けて、片栗粉と甘酒でもんでおく。油を引いたフライパンで薄切りにした玉ねぎと肉を炒めて、いい感じになったら、ボウルに混ぜ合わせた汁をかける。片栗粉のとろみが出たら、できあがり。

酸味を強くきかせた方がうまい。


関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事