めんどくせぇことばかり 50代から始めるトレッキング サポートBOOK 2020』
FC2ブログ

50代から始めるトレッキング サポートBOOK 2020』

朝、走ってるんだ。

そうすると、いろいろなことを考えさせられる。今は明るくなるのが遅いから、腕と足に反射板つけて、ライトも持ってる。自分で見るよりも、車の人に気づいてもらうために。

5時くらいになると、暗い中で、ウォーキングをしている方を見かける。年配の方が多いようなんだけど、だいたいが、闇の中から唐突に現れる。黒・・・ではないかも知れないが、黒っぽい服を着て、闇の中から現れられると、ビックリする。まるで、あちらの世界からいらしたのではないかと・・・。

何人かの人が、夜中にコンビニでカップラーメンを買って食べたのか。空のカップと、箸と、お手拭きみたいなものが散乱してることもある。心貧しき者たちめ!

ここは箱根駅伝出場を目ざす大学が近くにあるので、学生が走っている場合もある。そういう人たちは、やはり速い。でも、彼らは、真っ暗なうちは、まだ走らない。・・・はずなのに、とても速い足音が、後ろから迫ってくる。邪魔にならないように、ライトをつけて存在を報せる。ところが、なかなか抜いていかないんだ。足音はとても速いのに、いつまでも後ろから聞こえてくる。そして、いつの間にか消えるんだ。

電灯が遠い暗い道を走っていると、視角の一番端を、何かが動いたのを感じることがあるんだ。そちらに目を向けると、ただ闇が広がっているだけ。長い間、捕食される立場にあった人類の遠い記憶が、闇の中でうごめくものに敏感にさせているに違いない。

そんなことを考えているうちに、そろそろ身体が温まってきた。この辺から少しスピードを上げてみようか。そう思って歩幅を広げて、ほんの2~3歩目、右ふくらはぎに激痛が走る。

立ち止まって、右足をおろし、体重をかけてみる。・・・やってしまった。おそらく重くはないと思うけど、肉離れっぽい。突き方によっては、右足も使える。家から2キロほどの場所。その距離を、1時間ほどかけて帰った。

これじゃ、明日の山は、行けないな。

月に6回くらいのペースで、山歩きに出かけている。ほとんどは日帰り。明日の天気が良さそうなら、「行ってみようかな」って感じ。《山高きがゆえに貴からず、樹あるをもって貴しとなす》ってことで、山の中を歩けることに喜びを見出している。高山を目ざそうとすれば、その分準備が必要になる。

時には準備をして出かけることもあるが、面倒くさければ、近くの山を歩く。「なんか、ワクワクしないな」なんて思って出かけても、歩いているうちに嬉しくなってくる。人間が、安上がりにできているらしい。




ネコ・パブリッシング  ¥ 1,320

トレッキングで健康寿命を延ばそう。絶景山30選 やっぱり山って気持ちいい!
Scene リフレッシュトレッキング
Scene 爽快達成トレッキング
Scene チャレンジトレッキング
トレッキングHow-to
フィールドの知識とトレッキングの装備
トレッキングと身体の関係
トレッキングをシミュレーションする


そんな安上がりな私に、この本は、ほんのちょっぴり遠出をすることを進めてくれる。ほんのちょっぴり遠出をすれば、「ほら、こんなに良いところがあるよ」って、そういう本だな。

最初の《リフレッシュトレッキング》で紹介されているコースは、以下の通り。
《尾瀬ヶ原、白駒池~高見岩、毛無山~破風山、西ノ湖、双子山~双子池、宝永山、刈込湖~刈込湖、羅漢寺山~昇仙峡、高尾山、鉄砲木ノ頭、赤城自然園、八千穂高原自然園、那須平成の森、栂池自然園、蓼科御泉水自然園、日光澤温泉》

このコースは高低差も小さく、1日に歩く距離も短い。一番長い尾瀬ヶ原は、10キロ歩くけど、高低差のない木道歩き。帰り、山の鼻から鳩待に上がるときに、ちょっとのぼるだけ。

次の《爽快達成トレッキング》で紹介されているコースは、以下の通り。
《金冠山~達磨山、杓子山、黒斑山、にゅう、湯ノ丸山~烏帽子岳、北横岳、大野山、日の出山、那須岳(茶臼山~朝日岳)》

これは、汗をかき、弱音をこらえて歩くコース。だけど、10キロを超えるコースはなく、登りの累積も3桁を超えることはない。しかも、歩行時間も5時間以内ってことだから、大変お手頃だな。

最後に《チャレンジトレッキング》で紹介されているコースは、以下の通り。
《燕岳、蓼科山、硫黄岳、蝶ヶ岳、富士山(吉田ルート)》

山頂で迎える感動を想像しつつ、期待を込めて長いルートをたどるコース。燕岳、蝶ヶ岳、富士山については、泊登山を前提にしたコース設定。それでも、1日の登りの累積が4桁になることはない。蝶ヶ岳に関してのみ、1日の距離が行き帰りとも10キロを超える。登りの11キロはきついけど、下りの16キロは、後半は惰性で歩ける道だから大丈夫。

出かけてみようかな。2020年からは、実際、お泊まり登山も始めている。テントや、避難小屋泊まり。こんなご時世だから、避難小屋泊まりの時も、念のためテントを持っていった。

遠出するときは、遠出した分だけ、楽しみたい。だから時間を有効に使えるように、車中泊もした。そうすると、早朝から行動できるからね。車中泊が人の迷惑にならない場所を探さなきゃ行けないけどね。

この本にあるようなコースを元にして、自分なりのコースを作り、遠出をするなら、やっぱり車中泊か、泊登山で考えていきたいな。

とりあえず、右ふくらはぎの肉離れが治ってからね。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事