めんどくせぇことばかり 虎秀川周辺『秩父の地名の謎 99を解く』 髙田哲郎
FC2ブログ

虎秀川周辺『秩父の地名の謎 99を解く』 髙田哲郎

先日、埼玉県飯能市の東吾野駅近くのパーキングに車を置いて、周囲の山々を歩いてきた。

まずは、東吾野駅から虎秀川を遡るように歩いて行く。虎秀川はここで高麗川に合流することから、落合という地名がある。虎秀川の両岸はすぐに山が迫っており、川沿いに、ずいぶん上流まで点々と集落がついている。集落の名前を落合から追っていくと、中居、虎秀、新田、間野と続き、しばらく途切れてその上に、阿寺という地名が見える。

この日は、中居から川の右岸を登り、虎秀山山頂に上がり、尾根伝いに阿寺に向かった。これがまた良い道で、なにより人がいない。人はいないけど、熊はいるようで、未消化の柿の種(煎餅ではない柿の種)が混ざった黒いウンコが登山道に転がっていた。

樹林に囲まれた低山ではあるけれど、植林や伐採の都合で、ときどき景色が広がるところがある。もとから山の中のことだから、景色が広がるとこれがすごい。良い場所なんだ。

ここは関東平野の終わるところだから、山を見るなら西側がいい。このルートでは西から南にかけての景色が広がるところがあり、秩父の山から埼玉と東京の境をなす長沢背稜はじめ奥武蔵の山々。南に目を向けていくと奥多摩の山と、その向こうに富士山が頭をのぞかせている。

関東平野から立ち上がる最初の壁は、南は日高市の日和田山に始まり、北は寄居町の釜伏山まで続いていく。ずっと、奥武蔵グリーンラインという舗装された道が走る。山襞はいくつもの谷や入に隔てられ、主立った谷や入には川沿いに集落が作られた。山はまさに生活の場だった。

そういった谷あいを谷津という。先日読んだ、『龍神の子どもたち』という小説は、とても面白い物語だった。都会からさほど遠くない龍神伝説を持つ山里が、ニュータウンとして開発されていく中での話だった。

ニュータウンに立つ都会的な住居に住む子どもたちと、谷津流という山里の旧住民の子どもたちが、同じ中学校に通う中で起こるさまざまな出来事を通し、地域の抱える問題に直面していく話。

ニュータウンに住む人たちと、谷津流に住む人たちが、まさに典型的な形で描かれる。谷津流地区はくみ取り式のボットン便所で、ニュータウンは水洗トイレ、もちろん腰掛け式。谷津流の子どもたちが、そのトイレの使い方が分からずに恥をかいたりする。ニュータウンの子どもたちは優越感を隠そうともせず、谷津流の子どもたちは劣等感に苛まれ、粗暴な行動に出る者もいる。それをニュータウンの親たちは、野蛮と非難がましく言い立てる。

学校でも対立することばかりの子どもたちだが、ある時、ニュータウンの子どもたちと谷津流の子どもたちが、一緒になって、地域が抱える本質的な問題に立ち向かうことになる。




埼玉新聞社  ¥ 1,210

秩父の地名は、一つ一つに秩父ならではの生活や文化、歴史が深く刻まれている
赤柴―河口・川沿いの水が運んだ石場から生まれた柴・芝地名
赤谷・赤屋・赤田・赤城―赤羽=赤埴と同様に赤い土の色から
阿熊―アグの付く地名の原点は“上ぐ”で高い所をいう
新志―新居・新井・荒井などと同様に、新しく開拓した土地
麻生―麻の自生地ばかりでなく、大方は湿地か大地の縁が崩れたところ
集人―狩人たちの祭祀の場
天沼―高知にある沼。または雨によって拡大縮小を繰り返す雨沼
新木―荒れ地を開墾する意味の古語「新墾」を残す地名
飯塚―飯を山盛りした形の飯盛塚を略したもの
伊古田―伊古田は類語をたどると池田にたどり着く
ほか


この谷津流という地域も、古くから水害、土砂災害と戦い続けてきた地域だった。そして先日、虎秀川にそった地域を歩いているとき、地域の掲示板に、《虎秀谷津》という文字を見た。おそらく、落合、中居、虎秀、新田、間野と続き、阿寺に至る谷筋を、《虎秀谷津》と呼ぶのだろうと思われた。

虎秀谷津の話ではないが、以前読んだ『埼玉の川を歩く』という本に、虎秀川より8キロほど北を、同じ尾根筋から流れ落ちる北川という川の話が載っていた。北川は、檥峠付近から流れ出し、西吾野駅近くで高麗川に合流する。その途中に全昌寺という寺がある。この境内のお地蔵さまは、昭和43年の大洪水で行方不明になった。この時、一人の子どもも流されたが、木の枝に引っかかり無事だった。、その後、夜になると、子どもが救出された川の付近から泣き声が聞こえるようになる。川底を掘ってみると、行方不明だったお地蔵さまが出てきた。

お地蔵さまは、子どもの身代わりになって、川に沈んでくれたと考えられるようになり、それ以後、「夜泣き地蔵」と呼ばれるようになったという。

虎秀川沿いの水害・土砂災害を現わす話というわけではないのだが、北川沿いの風景と、虎秀川沿いの風景は、本当にうり二つなのだ。

下流から地名を確認していくと、落合は川の合流部であることを意味し、合流により水量が増えることを意識させる。

中居は、ナカイと読むが、ヌクイからの転化の可能性がある。ヌクは“貫く”の意で、土砂崩れや山崩れがあった場所を現わす。

虎秀を飛んで、新田は新田開発を思わせるが、この山の中には田んぼはない。アラキダと読んで新しく開墾された畑を現わす場合もあるが、ニタはヌタと同じで、湿地や沢を現わす。

間野はマノと読むが、ママ、マメからの転化の可能性がある。ママは崩れたところや崖を現わす古語。

一番上部に位置する阿寺はアジと読む。アズからの転化の可能性があり、アズは谷川に沿った険しい崖か、土砂崩れのあった場所を現わす。実際、《阿寺の岩場》という、クライマーが訪れる岩場がある。

どこもかしこも、地形との戦いの場だった。

さて、飛ばしておいた虎秀だが、これが分からない。著者の、髙田さんの意見を聞いてみたい。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事