めんどくせぇことばかり 『地政学世界地図』 バティスト・コルナバス
FC2ブログ

『地政学世界地図』 バティスト・コルナバス

社会科の教員をしていた頃、教科書会社の人が、よく学校を廻ってきた。

うちの会社の教科書を使ってくれってね。新しい教科書を持って、アピールポイントを説明して、売り込みして学校を廻るのが、その人たちの仕事だ。私の専門は世界史だったんだけど、戦後日本の歴史教科書は、東京裁判を前提に書かれているからね。「そうじゃない教科書ができたら、採用するよ」って言うと、「また、また~」ってね。

お茶入れてあげて、仕事で色々と大変な話を聞いてあげるんだ。中には、そのために、わざわざ私の空き時間を調べてくる人もいた。お茶菓子を持ってきちゃうんだよ。「賄賂?」ってね。話を聞くと、嫌な思いをすることもあるらしい。上司からだったり、学校の教員からだったりね。

会社が出している面白い資料なんかあると、持ってきてくれたな。特に、地図帳を出している会社の人が持ってきてくれた白地図帳は、実際に授業でずいぶん使わせてもらった。

マッカーサー地図って言うやつ。ごく当たり前のメルカトル図法の地図なんだけど。南極が上で、北極が下になってる地図ね。若い時に、神田の古本屋街を歩いていて、たまたま手に入れたんだ。

私が勤務した4つの高校は、学力の面で、いずれも県内で真ん中よりも下の学校だった。そういう学校だと、専門が世界史だからといって、結局はどんな科目でもやることになる。「どんな科目でも」っていうのは、世界史の他、日本史でも、地理でも、現代社会でも、倫理でも、政経でもね。

どんな科目をやることになっても、1年の授業の最初には、その地図を見せて、「何を見ようとするかによって、使う地図が変わる」ってこと、「地図が変わると、世界の見え方が変わる」ってことを話した。

この本の序文を書いたバンジャマン・ブリヨーさんは、「地図は権力の道具だ」という。自分の国が世界の中心にあるならば、自分の国はきっと世界の注目の的であり、政治と経済の中心であるに違いないと、心地よい幻想に浸ることができる。フランス人にとって、ヨーロッパを世界の中心に置くことは、精神的な安定につながるのだという。

しかし、残念ながら、地球の中心は、地球の地表にはない。心地よい幻想に浸るのはかまわないが、どのような地図をとってみても、地球の一定の地点は歪んで表わされることになる。

また、そこに暮らしている人たちの生活を知れば、地図をのぞくことがもっと面白くなる。ところが、日本のようなわずかな例外を除いて、世界はあまりにも複雑な歴史を繰り返してきた。その地域に、なぜ現在のような生活が存在するのか。実は、これはきわめて難しく、かつ重大な問題なわけだ。




『地政学世界地図』    バティスト・コルナバス

東京書籍  ¥ 2,420

今、世界で起きている33の国際問題を、仏人歴史教師が平易に読み解く
すべての地図は間違っているのか?
国境線はどうやって引かれたのか?
なぜ欧州連合(EU)の加盟国は変わり続けるのか?
トルコはヨーロッパなのか?
アルザスはフランスなのか、ドイツなのか?
グリーンランドはどこに属しているのか?
BRICSとは何者か?
国連の目的とは何か?
宇宙は誰のものか?
なぜジブラルタルは英国領なのか?
「ロシアの飛び地」カリーニングラードとは何か?
キプロスはどこに属しているのか?
リヒテンシュタインとはどんな国?
マケドニアが「北マケドニア」になった理由とは?
香港は中国なのか>
ナウルは滅びた楽園か?
キューバ、時間が止まった国?
なぜ二つの国家が朝鮮半島に存在するのか?
ミャンマー(ビルマ)は統一できるのか?
インドとパキスタンの間で何が起きているのか?
なぜシリアでは混迷が続くのか?
イスラエル・パレスチナ紛争はなぜ解決できないのか?
ユーゴスラビアはどこに行ったのか?
なぜクリミア半島は緊張状態にあるのか?
アラル海はなぜ消えたのか?
なぜアルジェリア国民は蜂起したのか?
エリトリアには自由があるか?
なぜスーダンは危機に陥ったのか?
なぜイエメンは瀕死の状態にあるのか?
リビアはまだ存在しているのか?
ベネズエラで何が起こっているのか?
中国はどこに向かうのか?





著者のバティスト・コルナバスさんは、30代前半のフランス人だそうだ。中学校で歴史と地理を教えるかたわら、YouTubeで現在の世界で起きているさまざまな問題の歴史的、地政学的背景を発信するようになったもののようだ。んん、たとえば中東、紛争が絶えないパレスティナ、ロシアによるクリミア併合、緊張をはらむ朝鮮半島って、そんな感じ。

まあ、目次に呈示されているようなテーマも、もともとはYouTubeで取り上げたテーマで、それをふくらませたのが本書だという。

《アルザスはフランスなのか、ドイツなのか》は、ずいぶん深く掘り下げられている。第二次世界大戦、第一次世界大戦、普仏戦争、30年戦争。このあたりまでは、なんとなく分かるんだけど、メルセン条約まで行くのか。そうか、メルセン条約で、アルザスは東フランクの領有になるのか。ドイツのもとだな。

ところが、もっとさかのぼる。クローヴィス?・・・メロヴィング朝の創始者じゃないか。そこまで行くのか。クローヴィスがアルザスを奪取してフランク王国に編入した。そうだ。じゃあ、もとはローマ帝国に支配されたはずだ。ということは、ユリウス・カエサルがスエヴィ族からアルザスを奪ったんだ。スエヴィ族は、ゲルマンとも、ケルトとも言われているらしいけど、まあ、これがアルザスの初出だという。

アルザスはあっちに行ったり、こっちに行ったりするだけの、価値のある場所だったと言うことか。屈しなければならないときは身をかがめるが、決して完全に屈服することはない。そういう気性なんだそうだ。つまり、ドイツ人でも、フランス人でもない、アルザス人だと言うことだな。

著者のバティスト・コルナバスさんは、10年を超えてアルザスに住み、アルザス人になりきってしまった、非アルザス人なんだという。

一つ一つの地域を深く掘り下げて、なぜ、この地域で、こんな問題が発生しているのかを追求していくっていうのは、とても困難で、とても大切なこと。

おもしろい本なんだけど、アジアに関する理解が薄い。

「日本の支配下の朝鮮では日本語のみが使用を許され」、「日本にとって朝鮮は資源と農産物の供給源」、「朝鮮の農業生産の40パーセントは日本向けのものだったが、朝鮮では栄養失調が蔓延していた」、「日本に動員・徴用された者も多く、日本の工場や炭鉱で厳しい条件で働かされる場合もあった」

フランスにとっての植民地とは違うんだけどな。

まあ、それは、ヨーロッパを世界地図の中心に置くことは、精神的な安定につながるというフランス人。日本は、その世界地図の右の端に、おまけのように描かれている国。その世界地図を広げた壁の都合によっては、後ろ側に織り込まれてしまって、世界から消えることもあるかも知れない。

フランス人にとっての日本は、あくまでも、その地図に書かれている通りの日本なんだろう。

著者のバティスト・コルナバスさんの、とても困難で、とても大切な取り組みにとって、世界の近代史を見つめ直すことが、とても重要なのではないかと、極東の私は思うわけだ。



関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事